ローンに関するコラム

借金の時の担保って何? 担保ローンと無担保ローンの違いを解説

「借金をする時の担保っていったい何?」
銀行や消費者金融のローンには「担保ローン」と「無担保ローン」の2種類のローンがあります。
そして、担保ローンに必要な担保には複数の種類があるのをご存知ですか?
今回は借金の担保の種類や特徴について、そして返済できなくなった場合の対策についてご紹介します。

借金の時の「担保」とは何?

担保とは、債務者が借金を返済できなくなった場合に備えて債権者が予め履行を確保しておくことを言います。
この担保があると融資をした債権者は、債務者から借金を回収できない場合、債権者はその担保を借金の代替えとして回収することが可能となります。

銀行や消費者金融などで高額な借り入れをする場合、担保を求められる場合が多いです。
それは、銀行や消費者金融も高額な融資をして、債務者が借金の返済ができなくなってしまった場合、担保がなければ債権者はリスクを抱えてしまうことになります。
その状態を避けるためにも担保は必要となってきます。そして、担保には2つの種類あります。それは「物的担保」と「人的担保」です。

物的担保とは

簡単に表現すると「物」のことを言います。
例えば不動産であったり 株券や証券であったりと債務者が所有している財産を担保として、もし債務者が借金を返済できなくなった場合は、この担保を借金と引き換えに回収することになります。

人的担保とは

人的担保とは一般的に「保証人」のことを意味します。
もし債務者が借金を返済できなかった場合、この保証人が借金を債務者に代わり弁済することと
なります。
債務者が借金を返済できなかった場合は、どちらの担保であっても借金の代替えとして回収できるものとして「人」を担保にするのか「物」を担保にするのかといった違いになります。
次に、この物的担保と人的担保について詳しく紹介します。

物的担保と人的無担保について

物的担保と人的無担保にはどういった種類があるのか、そしてその特徴をそれぞれ詳しく
紹介していきます。

物的担保の主な種類

抵当権 銀行などから借金をする場合、不動産などといった財産に対して設定する担保権のことです。不動産を抵当権と設定した場合でも、引き続き債務者が使用することができます。
質権 銀行などから借金をする場合、不動産に限らず商品や家財といった動産、または債券に対して設定をすることができます。
動産や債権を質権と設定した場合、 担保は借金を完済するまで債権者に預けなければいけません。
譲渡担保 借金をする際に担保にできる動産や債券の所有権を債権者に預け、借金が返済できない場合はそのまま所有権が債権者に移行するというものです 。
仮登記担保 借金の返済がされない場合に、担保としている物件の所有権が債権者に移転するという契約で、この所有権の移行について、仮登記を予め行なっておくというものです。

人的担保の主な種類

保証人 債務者がどうしても借金の返済が出来なくなった場合に限り、その残額に対して保証人が弁済する形となります
連帯保証人 債務者本人と連帯して債務を保証する人です。債務者が借金を返済できなくなった場合に連帯保証人が責務を負うことになります 。
連帯債務者 連帯して責務を負うということです。 借金に対して連帯債務者がともに借金への責務を負うということです。

担保ローンと無担保ローン

ここまで担保ローンについて説明してきましたが、ローンには担保ローンと無担保ローンの2種類のローンがあります。
次のこの2種類のローンについて解説していきます。

まず、担保ローンというのは債務者が借金を返済できない場合「物的担保」あるいは「人的担保」で 借金の弁済を行わなければいけません。

一方、無担保ローンというのは、名前の通り担保をもたないローンになります。
担保を持たないと聞くと債権者にリスクしかないのではないかと感じてしまいがちですが、まさにその通りです。
無担保のため債務者が借金の返済ができなくなった場合は、どこにも弁済を求めることができません。
そのため、債権者にとってリスクがとても大きくなります。
そのようなリスクが生じないためにも無担保ローンの場合は、申込者の審査を慎重に行います。

申込者に返済能力があるのか、勤務先や勤続年数、年収や今までの借入履歴などを「信用情報機関」のデータを参考にして慎重に審査されます。
担保ローンよりも無担保ローンの方が、申込者の信用がかなり重視されるローンとなります。次に、担保ローンと無担保ローンのメリットとデメリットを紹介します。

担保ローンのメリットとデメリット

メリット デメリット
・高額な融資が可能
・金利が低い
・長期借入が可能
・諸費用が掛かる
・融資までに日数が掛かる
・強制競売にかけられる恐れがある

メリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

メリットについて

高額な融資が可能

担保があるため高額な借り入れが可能となります。担保ローンは担保の価値で融資の金額が変
わってきます。そのため高額な融資を受けたい場合は相応の担保が必要となります。

金利が低い

担保ローンは住宅などといった不動産を抵当権として担保とするため、長期の返済が可能となり金利も低く設定されています。

長期借入が可能

基本的に融資金額も高額なため長期による返済が可能となります。そのため月々の返済額も抑えることができます。

デメリットについて

諸費用が掛かる

担保とする不動産の調査費用や登記における手数料などが必要となります。

融資までに日数が掛かる

住宅など担保の鑑定などが必要となる場合があるため、融資可能となるまでに数日かかってしまう場合があります。

強制競売にかけられる恐れがある

借金の返済ができなくなった場合、抵当権を実行され担保を強制競売にかけられることになります。

無担保ローンのメリットとデメリット

メリット デメリット
・最短即日で融資が可能
・申し込みが簡単
・誰にもバレずに融資が可能
・審査が慎重に行われる
・金利が高い
・返済期間が短い

メリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

メリットについて

最短即日で融資が可能

無担保のため職業や年収など、審査は慎重に行われますが、担保の鑑定などといったことが必要ないためスムーズに審査を行うことが可能です。

申し込みが簡単

インターネットから24時間申し込みが可能です。他にも電話やFAXなどでも申し込みが可能です。

誰にもバレずに融資が可能

担保が不要なため誰かに相談する必要もなく個人の判断のみで申し込むことが可能です。

デメリットについて

審査が慎重に行われる

無担保なため、銀行や消費者金融はリスクを避けるためにも審査は慎重に行われることとなります。

金利が高い

借金の返済ができなくなった場合の担保がないため、基本的に金利は高めに設定されています。

返済期間が短い

担保ローンと比べて融資額設定はそれほど高額ではなく、返済期間は基本的に短く設定されている場合が多いです。
借金が返済できなかった場合、担保ローンに関しては抵当権などで借金を弁済することが可能となりますが、無担保ローンの場合は返済ができなくなった場合どうなるのでしょうか?
また、担保ローンの場合でも住宅をどうしても失いたくない場合はどうしたらよいのでしょうか?

次に、どうしても借金が返済できなくなった場合の対策を紹介します。

借金が返済できない場合の方法

どうしても借金の返済が厳しい場合、債務整理を行うことで借金を全額免責にしたり、減額することが可能となります。
債務整理には主に下記のような3つの手続きがあります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

この3つの債務整理についてご紹介します。

任意整理とは

裁判所を通さずに 、債務者と債権者の間で返済方法を和解する方法です。弁護士に依頼することですぐに債権者への返済をストップすることができます。そして裁判所を介さないため、他の2つの債務整理と比べて手続きが簡単です。

利息制限法と言う法律に基づいた引き出し計算で、借金の元本額を算出してもらいます。
また、場合によっては過払い金が発生して既に支払ったお金が手元に戻ってくる場合もあります。しかも、裁判所を介さないため一部の借金だけを選んで整理することも可能です。

個人再生とは

裁判所に申し立てをして、借金を減額することが可能です。また個人再生の場合は「住宅ローン特則」を利用することで、住宅ローンを債務整理の対象から外すことが可能となります。
そのため住宅ローンは今までと変わらず返済し続けなければいけませんが、住宅を手放さなくても済みます。
安定した収入がある方なら誰でも申し立てすることが可能なので、借金を減額したいけれども住宅はどうしても残しておきたいという方には頼もしい手続きです。

自己破産とは

全ての借金を財産と引き換えに免責してもらうことが可能です。
しかも全ての財産を失うわけではなく 「99万円以下の現金」「生活に必要な家電や家具」「20万円の価値に満たない財産」などは処分されず手元に残すことが可能です。
但し、これらの債務整理は信用情報に事故情報として登録されることを知っておく必要があります。

このように信用情報に事故情報が登録される状態を、一般的に「ブラック」と言われています。この状態になると一定期間はクレジットカードやカードローンと言った審査に通過できなくなってしまいます 。

しかし、最低5年間が経過すれば、この事故情報は信用情報から消去されることになるため
ブラックになったからといって一生ローンが組めないといった状況になるわけではありません。

まとめ 借金の担保について

借金の担保には「担保ローン」と「無担保ローン」の2種類のローンがあります。
そして担保ローンに必要な担保には物的担保と人的担保(保証人)の2種類の担保があります。借金が返済できない場合は、担保を引き換えとして、または保証人に弁済してもらい解決することになります。

一方、無担保ローンは担保が無く、債務者の信用で融資を受けることが可能です。その代わり金利は比較的高めの設定とはなっていますが、申し込みも簡単でスピーディーに融資を受けることができます。どうしても返済が厳しい場合は債務整理といった方法で解決することも可能です。