SMBCモビット

派遣社員はSMBCモビットの審査に通る? 気になる在籍確認も詳しく解説

派遣社員はSMBCモビットで借りられないと思っていませんか? SMBCモビットに限ったことではなく、派遣社員はキャッシングできないと思いこんでいる人が意外にもたくさんいらっしゃいます。

しかし雇用形態によって審査に通りにくくなることはありませんので、派遣社員だからキャッシングの審査に通らないというのは大きな勘違いといえます。

派遣社員にしてもSMBCモビットの審査に通るために必要なのは「安定収入」があるかどうか、そして収入に対して無理な借り入れをしようとしていないかという点です。派遣社員は正社員に比べると収入は少ないですが、この条件をクリアしていれば審査通過の可能性は十分にあります。

今回は、派遣社員がSMBCモビットで借りる人法について解説していきたいと思います。

派遣社員でもSMBCモビットで借りられる!

まず派遣社員でも借りられる人の条件、逆に審査に落ちる人の特徴について見ていきましょう。

派遣社員はSMBCモビットを始め他のキャッシング審査でも不利になると思っている人が多いですが、決してそのようなことはありません。

派遣社員でもキャッシングに申し込み可能ですし、実際に多くの派遣社員の人が利用しています。

SMBCモビットで借りられる人の条件

SMBCモビットの申し込み条件は以下のとおりです。

・20歳以上69歳以下
・安定した定期収入がある
・アルバイト、派遣社員、パート、自営業も利用可能

SMBCモビットの申し込み条件からも分かるとおり、派遣社員でもキャッシングできる可能性は十分にあります。

あえて派遣社員も利用可能と明記していることからも、融資に積極的な姿勢であることが分かりますね。

派遣社員は収入に不安があるために審査に通らないと考えてしまう人が多いです。しかし収入面は、金額よりも安定性が重要となります。そして収入に対し無理な借り入れをしないことが大切です。

また派遣社員だから借りられる金額は少ないと考える方もいますが、これも派遣社員だから限度額は少ないとは一概に言えません。

利用限度額は収入だけでなく、居住形態や勤務実績など他の属性も加味されて決められます。初めての借り入れですと、限度額は低めに設定されることが多いですが、利用実績を積み上げることで増額させることも可能です。

派遣社員でも審査に落ちる人の特徴

派遣社員で審査落ちする人の特徴は以下のとおりです。

  • 嘘の申告をする
  • 短期間に複数申し込みする
  • 金融事故がある
  • 他社借り入れがある
嘘の申告をする

審査に通りたいがために、審査に有利になるような内容で申告する嘘は絶対にやってはいけません。

派遣社員ということで収入が少ないことから水増しして申告されることが特に多いです。また他社借り入れがあるのに0件で報告すると言った方もいます。

嘘の申告は審査落ちの大きな原因となります。しかもバレル可能性が非常に高いです。審査に通りたい気持ちはみんな同じです。本当の情報を申告するようにしてください。

短期間に複数申し込みする

特に審査に自信がないという人に多いのが、短期間に複数申し込みすることです。数撃ちゃ当たる的な考えで、SMBCモビット以外のキャッシング会社にもいくつか申込してしまうのです。

個人信用情報機関には審査落ちしたという記録はされませんが、申し込み情報は記録されます。つまり申し込み情報は記録されているのに、借り入れ記録や返済記録がないということは審査に落ちたということが分かってしまうのです。

短期間に複数申し込みして審査落ちしていることが分かれば、SMBCモビットの審査担当者は「この人は何か問題があるのかも」と判断し、否決になる可能性が高くなります。

目安は1ヶ月に3社以上申し込みすると危険と言われています。

金融事故がある

SMBCモビットに限らずキャッシング会社は審査の過程で必ず申し込み者の信用情報を確認します。そこで信用情報に金融事故の記録があれば審査に通ることはまずありません。
金融事故にはいくつか種類があり、長期延滞、強制解約、任意整理や自己破産などの債務整理、代位弁済です。

金融事故は一生消えないわけではありませんが、最長で5年~10年は個人信用情報機関に残ります。金融事故が残っているうちは審査に通らないと思ってください。

他社借り入れがある

他社借り入れがあると審査に通らないというわけではありませんが、審査にはかなり影響があると思ったほうが良いでしょう。特に収入が少ない人は、それだけで返済負担が大きくなってしまいますから、キャッシング会社も貸し渋る可能性は高いです。

また他社借り入れがある場合、総量規制を関係してくることも忘れてはいけません。SMBCモビットも総量規制の対象となりますので、既に年収3分の1まで借り入れしていれば、SMBCモビットで借りることはできません。

受かるか不安なら試し審査を受けてみよう

どうしても審査に受かるか不安という方は、「お試し審査」を試してみると良いでしょう。各キャッシング会社の公式サイト上に設置している「お試し審査」に自分の年齢、年収、他社借り入れ状況など3~5項目程度を入力するだけで、その場で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスです。

「お試し審査」は本審査の結果を保証するものではありませんが、仮に年収が50万円でも「借り入れできる可能性が高いです」とでます。これなら自信を持って申し込めるのではないでしょうか?

SMBCモビットの「10秒簡易審査」はお試し審査ではないので要注意!

モビットの「10秒簡易審査」はお試し審査ではないので要注意!
・モビットの「10秒簡易審査」は個人情報を入力するため個人信用情報機関に申し込み情報が記録される

ゲーム感覚で繰り返し申し込みすると申し込みブラックになる可能性がある

SMBCモビットには「10秒簡易審査」というものがあります。「10秒」「簡易」と、いかにもお試し審査を思わせる名称ですが、これはお試し審査ではありません。

お試し審査は、本審査を受ける前に気軽に何度でも試せる簡易的な審査です。そのため、審査結果は正直言いますと正確ではありません。

SMBCモビットの「10秒簡易審査」が「お試し審査」と違うのは、個人情報も入力することにあります。氏名、住所、年齢、連絡先などお試し審査では絶対に入力しない項目が設けられているのです。つまり、SMBCモビットの「10秒簡易審査」をすると、申し込み情報が加盟する個人信用情報機関に登録されることになるというわけです。

「お試し審査」のように何度も利用してしまうと、その都度申し込み情報は個人信用情報機関に登録され、申し込みブラックの状態になってしまいます。申し込み情報が消えるのは6ヶ月ほどかかりますので、その間、モビットはもちろん他社からも借り入れできなくなる恐れがあります。

「10秒お試し審査」は、決してゲーム感覚で利用しないように注意してください。

SMBCモビットでも借り入れ診断できるサービスを提供していますので、モビットに申し込む前に試してみるのも良いでしょう。SMBCモビットの借り入れ診断は「生年月日」「税込み年収」「他社借入金額」の3つの項目を入力するだけで、借り入れ可能かどうかその場で結果が出ます。

SMBCモビットでは在籍確認がある

SMBCモビットでは在籍確認があります。これをクリアしないことにはお金を借りることはできません。

在籍確認とは

在籍確認とは、申し込み者が本当に申告した企業で働いているのかを確認することです。

申し込み時に勤め先の情報を申告しますが、それが本当かどうかは分かりません。中には嘘の情報を申告する人もいるため、働いていない人にお金を貸してしまうと大損してしまいますので、それを防ぐためにも在籍確認は行われます。

在籍確認の方法は、基本的に職場への電話連絡となります。電話にて申し込み者がその職場で本当に働いているのかを確かめます。

在籍確認があるタイミング

在籍確認は審査の最終段階で行われます。信用情報の調査、スコアリングを経て最終チェックとして在籍確認が行われますので、その前の段階で行われる信用情報の調査やスコアリングで審査落ちすれば在籍確認は行われません。

つまり在籍確認が行われるということは、融資はほぼ確定という段階にまで行き着いていることになります。

先に職場に電話して、その後に信用情報やスコアリングで問題があり審査落ちとなれば、何のために在籍確認をしたのか分かりません。職場の人達に変に怪しまれるだけで終わってしまう可能性もありますから、在籍確認は審査の最終段階で行われます。

申し込み時の勤務先名は派遣元と派遣先、どっちにすればいい?

SMBCモビットに申し込みする際、派遣社員の多くが困ってしまうのが、勤務先の情報ではないでしょうか?派遣社員は、派遣先と派遣元どちらで申告するのが良いのでしょうか。

勤務先の情報はキャッシング会社によって異なりますが、一般的には派遣元で申告します。派遣先の企業で申告してしまうと、派遣先の社員が派遣スタッフを把握しきれておらず「うちにはいません」と答えてしまい、在籍確認が取れず審査落ちする可能性があります。また急に派遣先が変わってしまえば、現在は働いていないと答えられてしまう可能性も考えられます。

以上のことからも、勤務先の情報は派遣元で申告するのが良いでしょう。

派遣元の会社であっても、電話にでた社員が派遣スタッフを把握しきれてなければ在籍確認できず審査落ちする可能性も考えられます。一度の電話で確実に在籍確認をクリアするためにも、あらかじめ派遣元に連絡し、伝えておくのが良いでしょう。

ただキャッシングの在籍確認があるというのは言いにくいでしょうから、クレジットカードを作るためなどとごまかして伝えるのが良いでしょう。

勤務先にSMBCモビットの申し込みがバレる可能性はあるか

在籍確認は勤務先に電話して行われます。このことから、SMBCモビットを利用していることが職場にバレないだろうかと不安に思う方もいるのではないでしょうか?

在籍確認のやりとりの内容

在籍確認で誰もが気になっているのが会話の内容ではないでしょうか?どのように電話で在籍確認が行われるのか紹介したいと思います。

在籍確認の電話では、「担当者の個人名を名乗る」「本人以外に用件を伝えない」これを徹底してくれます。

法律で定められているように、第三者に借金している事実を教えてはならないとしていますので、SMBCモビットもこれに則り在籍確認であることを悟られないように配慮してくれます。

消費者金融の場合、電話で会社名を名乗ることはしません。それは消費者金融=借金というイメージが、誰の頭にも根付いているからです。事実、消費者金融は個人への貸付業務のみをいっているところがほとんどです。

これに対し銀行は、個人への貸付以外にも様々な商品を取扱していますので、銀行からの電話だと分かっても、借金していることがバレる可能性は低いですから、会社名を名乗ることが多いです。

電話にでた職員によっては、用件をしつこく尋ねる人もいるかもしれませんが、SMBCモビットは本人以外に用件を話すようなことはしません。このように対応することは想定内ですから、モビットの審査担当者も上手くごまかしてくれます。

在籍確認の会話内容
SMBCモビット「もしもし、私、田中(審査担当者)と申しますが、佐藤様(申し込み者)はいらっしゃいますか?」
職員「田中は只今、席を外しています」
SMBCモビット「そうですか。では改めてお電話いたします」

上記の会話の内容は一例ですが、基本的に在籍確認は簡単に終わります。上記の会話内容からも申し込み者がその会社に勤務していることが分かりますね。本人が電話に出れなかったとしても、在籍している事実確認がとれればOKです。

勤務先にバレるか

キャッシング会社は、職場バレしないためにできる限り配慮して在籍確認をしてくれます。

ただし、電話ですと100%バレないという保証はありません。

感の良い方が電話にでた場合や、会話の内容で感づかれてしまうこともあります。
例えば、電話にでた職員がキャッシング経験者だった場合や、本人が電話にでた際に生年月日を言っているのを聞いて感づかれてしまうこともあるでしょう。

ちなみにSMBCモビットは非通知で電話しますので、折り返しの電話をされてバレる可能性はありません。また仮に非通知で電話がかからない場合は、携帯電話でかけなおしてくれます。いずれにしても電話番号からバレる可能性はないと言って良いでしょう。

担当者名や日時の指定はできるか

SMBCモビットでは在籍確認の要望にできる限り応えてくれます。

例えば、電話する時間帯を13時頃にしてほしい、男性ではなく女性の担当者に電話してほしいと言った要望であれば恐らく可能でしょう。

逆に、嘘の会社名を名乗って欲しいといった要望には応えられません。これは法律違反だからです。あくまでも可能な範囲で要望に答えてくれます。

派遣元や派遣先が在籍確認に応じない会社の場合はどうすればいいのか

派遣会社によっては在籍確認に応じてくれないところもあります。個人情報を保護するという目的から、個人名を名乗る電話には特に厳しい傾向にあります。さすがにSMBCモビットに社名を名乗ってもらうわけにはいきませんので、在籍確認に応じてくれない派遣会社の場合はどうすれば良いのでしょうか?

このような場合、在籍確認をクリアするために取るべき行動は以下の2つです。

・派遣元に電話して、その時に対応してもらえるか確認する
・WEB完結申込みで電話なしにする

あらかじめ派遣元に電話して、在籍確認の電話があるからそのときだけ対応してもらえないか相談してみると良いでしょう。

もしダメな場合は、WEB完結なら電話連絡なしで在籍確認が可能です。

在籍確認可能な書類は?

WEB完結で電話なしの場合
WEB完結申し込みで電話なしの場合は、以下の内いずれか1点を提出します。

・保険証

・給与明細書

・源泉徴収票

・社員証

申し込み方法は、「カード申し込み」と「WEB完結申し込み」の2つあります。

ただし「WEB完結申し込み」は、利用条件がありますので注意が必要です。派遣社員でも人によっては「WEB完結申し込み」を利用できないこともありますので、必ず条件を確認してから申し込みしてください。

電話連絡、郵送物なしのWEB完結申し込みについて

モビットのWEB完結申し込みは、電話連絡、郵送物なしで完結できます。

電話連絡なしとは、職場への在籍確認だけでなく、申し込み者とSMBCモビットでの電話でのやり取りも含まれます。つまり一切電話なしで手続きできるということです。キャッシング利用を希望される方の中には、キャッシング会社と電話でやり取りするのが嫌だという方も少なくありません。そういった方にもモビットは最適です。

WEB完結申し込みは銀行振り込みによって借り入れを行います。ですから専用のローンカードは発行されず、自宅に郵送物が届きません。郵送物が原因で家族バレすることも多いキャッシングですが、SMBCモビットならその心配もいりませんね。

WEB完結申し込みを利用するには?

WEB完結申し込みを利用するには?
・三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている
・社会保険証もしくは組合保険証を持っている
・源泉徴収票もしくは給与明細書2ヶ月分を提出できる
上記全ての条件をクリアできる方のみWEB完結申し込みを利用できます。

勤務時間が短い、勤務日数が少ない派遣社員ですと、社会保険証は発行されず国民健康保険に加入している可能性が高いです。

SMBCモビットのWEB完結申し込みは、国民健康保険加入者は利用できませんので注意してください。

※「カード申し込み」は国民健康保険加入者でも可能です。

WEB完結申し込みは、申し込んだその日にお金を借りることも可能です。ただし、平日14時までに契約を完了させることが条件となります。

また銀行振り込みとなりますので、土日祝日は即日融資できませんので注意してください。

もし土日祝日に即日融資を希望する場合は、「カード申し込み」を選択し、WEB申し込み後に自動契約機にてカード受け取りする必要があります。

SMBCモビットで派遣社員がお金を借りる方法まとめ

派遣社員でもSMBCモビットでお金を借りることは可能です。収入は金額よりも安定性が重要であり、収入に対し無理な借り入れをしないことが重要となります。

審査が不安な場合は、申し込みする前にお試し審査で結果を確認してから申し込むと良いでしょう。なお、SMBCモビットの「10秒簡易審査」は個人信用情報機関に登録されますので、何度も利用しないように気をつけましょう。

勤務先情報は派遣元で申告するのが基本です。あらかじめ派遣元に在籍確認の電話があることを伝えるのを忘れないようにしましょう。