即日融資

即日融資で10万円借りたい 今日中に10万円借りる方法

「今日中にどうしても10万円が必要!」どんな職業の人でも、急な出費って人生のなかで突然起こることですよね。

そんな時に即日お金をキャッシングできるカードローン会社は、ピンチの時の強い見方になってくれます。

しかしカードローン会社と一言で言っても、どのカードローンを選べばすぐ借入できてお得なのかが、イマイチ良く分からないですよね。

そこで今回はお得でスピーディーに10万円をお得に借りる方法をご紹介します。

今すぐ10万円借りることは可能です

突然ですが皆さんはカードローン会社でお金を借りたことがありますか?

「カードローン会社って審査に通過したらお金を融資してもらえるけど、その審査が厳しそうだし、時間もかかりそう。」と思っている方も多いかもしれませんね。

しかし、10万円くらいの小額であれば、誰でもその日のうちに申し込みから融資までが可能なんですよ。

最低借入額1000円からの少額融資に対応してくれるカードローン会社も多数あり、特に審査に通るか不安という利用が初めての方や、アルバイト・専業主婦の方などでも融資可能なカードローン会社はたくさんあるのです。

申し込みから審査完了まで最短30分のカードローン会社も多数存在していますので、困った時にはカードローン会社の融資に申し込んでみることをおすすめします。

すでに他社で借入れがあっても10万円借りられる

「すでにカードローン会社でお金を借りているんだけど」という方でも、破産者や個人信用情報にキズがついて、ブラックリスト入りなど返済トラブルをおこしていない限り、ほとんどの方が今から10万円をすぐに借りることができます。

たとえば1つのカードローン会社と契約をしていて、現在の借入残高が融資限度額以下であれば、融資限度額まではカードローン会社に連絡なしで借入が可能です。

また、1つのカードローン会社を限度額ギリギリまで利用している場合には、他社のカードローンに申し込みをしてみるのも1つの方法です。

消費者金融系でお金を借りる場合には、総量規制にさえ引っ掛からなければ、10万円程度の融資は可能な場合が多いです。

総量規制とは?

総量規制とは、消費者金融系のカードローン会社に適用されているもので、借り過ぎ、貸し過ぎを防止するための貸金業法による規制です。
個人の借入総額が年収等の3分の1を超えて貸し付けてはならないというものです。
例えば、年収300万円の人が消費者金融でお金を借りられる金額は、100万円以下ということです。

そのため、総量規制で100万円まで借入できる人が、現在利用しているカードローン会社の限度額が20万円だった場合、100万円と20万円との差である80万円という金額分が他社で借入できる可能性が多いにあるのです。

低収入の人、収入のない専業主婦でも借り入れ可能

カードローン会社を利用すれば、学生アルバイトやパートなどの非正規雇用者で、なおかつ収入が少ない人でも、安定した収入さえあればお金を借りられる可能性は十分にあります。

それは、多くのカードローン会社が定めている申し込み条件が「満20歳以上で安定した収入のある方」となっているからです。

高齢者の借入(69歳や70歳まで)を制限している会社も多いのですが、基本的に20歳以上でアルバイトやパートでも、継続的に安定した収入がある方なら、審査に通過できる可能性は十分にあります。

また、社会的に無職となってしまう専業主婦の方の申し込みでも、配偶者貸付けを行なってくれるカードローン会社もいくつか存在します。

特に銀行系のカードローン会社であれば、専業主婦申し込みokと明記しているカードローン会社もたくさんあります。

たとえば、みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックなどが専業主婦okとしており、しかも旦那さんなど配偶者の同意書も不要で申込者の身分証のみで借入が可能です。

ただし、専業主婦の場合は、多くのカードローン会社で限度額を定めており大体10万円までしか借入ができないところが多いようです。

10万円即日融資可能! おすすめの業者

消費者金融でお金が借りられるメリットには以下のようなものがあります。

  • 消費者金融のカードローンは即日融資のためのシステムが整っている
  • 電話連絡なしで貸してくれるカードローンもいくつかあるので、会社バレなしも可能!
  • 無利息期間のあるカードローン会社があるので、金利が高くても期間限定ならお得!

即日融資が可能な大手消費者金融

アイフル

アイフルはインターネットで申し込み後、フリーダイアルにて電話をすると最短30分で審査が完了し、
即日振込にも対応可能です。
しかし、申し込みの時間帯によっては翌日以降になったり、急ぎの融資が希望に添えないこともあるそうなので、受付時間の9:00〜21:00までに余裕をもって申し込むことがおすすめです。
また、初回利用日の翌日から最大30日間分は利息が無料です。

プロミス

プロミスはインターネットのカンタン入力で申し込み後、9:00〜21:00の間に内容確認の電話がかかってきます。そして、審査は最短30分で完了します。
契約内容確認ののち、原則24時間最短10秒でお振込可能です。
プロミスをはじめてご利用頂く場合、Eメールアドレスを登録し、書面の受取方法を「ホームページにて書面確認」を選択すれば、利用日の翌日から30日間利息が無料です。

アコム

アコムはインターネットで申し込み後、メールや電話で申し込み内容の確認をし、本人確認の書類が提出できれば最短30分で審査が可能です。
また、アコムでの契約がはじめてで、返済期間を35日ごとで契約すると、契約日の翌日から30日分が金利0円で利用することができます。

SMBCモビット

モビットは申し込み後、最短30分で本審査が完了します(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり)。
その後、9:00〜14:50の間に契約手続きが完了すれば、振込融資まで最短3分で終わらせることが可能です。さらにインターネットで申し込んだ際に、ユーザーIDを確認し、モビッとコールセンターへ電話をするとより早く審査を開始してくれます。

消費者金融でお金を借りるのに対し、銀行系のカードローンでお金を借りるメリットは以下のようなものがあります。

  • 総量規制の対象外なので年収の3分の1以上の借入が可能(ただし限度額は銀行側が決める)
  • 消費者金融系カードローンに比べて最高限度額が大きい

即日融資可能な大手銀行カードローン

三菱東京UFJカードローン バンクイック

銀行系カードローンは審査に時間がかかるイメージですが、三菱東京UFJカードローンのバンクイックは、審査が早く最短30分で完了し、即日融資が可能です。三菱東京UFJ銀行の普通預金口座をお持ちの方は振込で融資を受けることが可能です。金利は年1.8%〜14.6%です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンでは、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)を利用している方であれば、店舗に来店することなくインターネットからの申し込みで契約を完了することが可能です。審査は早く最短15分で完了するようです。
金利は年4.0%〜14.5%です。

10万円を今日中に借りる方法

それでは、即日融資が可能なカードローン会社が分かったところで、今日中に10万円を借りる具体的な方法を紹介します。
まず、持ち物ですが

写真付きの身分証明書

これは運転免許証やパスポートがベストです。
名前・住所・生年月日・顔写真付きのものを用意しましょう。
運転免許証をお持ちでない場合には個人番号カードや健康保険証を用意しましょう。
顔写真がない書類や、本人確認書類の住所と現住所が違う場合には、住所と氏名が記載されている公共料金の領収書などで確認することになります。またその際、携帯電話の領収書では確認ができません。公共料金の領収書以外には、住民票や納税証明書を用意しましょう。

収入証明書

これは、消費者金融系のカードローンに申し込みをする時に必要になります。
50万円以上の借入契約を行う方、他社を含めた借入の総額が100万円を超える方は必要です。また、過去に契約した際に提出したものが3年以上経過しているようであれば新たに提出を求められることがあります。

収入証明書は下記のいずれか1点を提出します。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近1ケ月〜2ケ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

銀行系ではあまり提出を求められませんが、場合によっては提出を求められますので事前に準備しておきましょう。
自営業者の方の場合は、確定申告書、給与所得者の場合は、源泉徴収票や給与明細書などが必要になります。

給与明細書を提出する場合、直近2ヶ月分の給与明細の提出を求められることが多いため、事前にしっかりと準備をしておきましょう。

申込方法

以上が準備できたら早速申し込み開始です。

申し込みはインターネットからがベストです。

電話からの申し込みをすると、申告する項目が30個以上あるため、それにひとつずつ答えることが大変だからです。

①ネットで公式ホームページ上にあるインターネット申し込みからそれぞれ申し込みを行ないましょう。   ↓

②申し込みが完了したら審査の結果を待ちましょう。審査はそれぞれの会社ごとの独自審査で行なわれ、審査結果はメールや携帯電話など指定した連絡先に連絡が入ります。

③審査に通過したら契約です。融資の方法には銀行振込かローンカードを発行してのATMでのキャッシングになりますが、ローンカードを利用した方が銀行の営業日に振込が左右されることがないのでキャッシングに便利です。

④ローンカードはそれぞれのカードローン会社の店頭や無人契約機などで受取が可能です。
即日のうちにカードを受取ればあとは専用ATMや提携先のATMにていつでもキャッシングが可能です。

ちなみに、ほとんどのカードローン会社が電話での在籍確認を必要としていますが、申込日が土日などで勤務先がお休みの場合、審査がそこでストップして、翌日以降に審査結果が持ち越しになる恐れがあります。

勤務先の在籍確認がとれない日にカードローンの申し込みをする場合にはモビットの「WEB完結」などの会社への電話連絡なしで審査可能な申し込み方法を選ぶとよいでしょう。

10万円借りたときの利子はいくら?

たとえば、年率18%で10万円借りたとき、一体いくらくらい返済をしていくことになるのでしょう?
今回は消費者金融系カードローンの一般的な最大金利18%で10万円借りた時の返済シミュレーションや返済総額を表にしてみました。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 9167円 7667円 1500円 92333円
2 9167円 7783円 1384円 84550円
3 9167円 7899円 1268円 76651円
〜省略〜
11 9167円 8898円 269円 9039円
12 9174円 9039円 135円 0円
累計 110011円 100000円 10011円 0円

ちなみに、消費者金融系のカードローンで無利息期間を利用すれば、それぞれの会社が定める期間中は利息がかからずに返済ができます。

その場合は、早めに返せば返すほどお得になりますね。

まとめ 即日で10万円借りる

ここまでの内容で、雇用形態などに関わらず誰でも10万円程度なら気軽にキャッシングできることが分かりましたね。

しかし、スムーズに借入を行なうためにはある程度の事前準備も大切です。
借入を希望するカードローン会社の特徴をしっかりと把握して、あなたにピッタリのカードローン会社を探してみてくださいね。

ABOUT ME
監修:山内 貴文
株式会社山内FP事務所代表。北海道大学経済学部卒。日本FP協会上級資格・FPSB国際認定資格、1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格) 金融、貯蓄、ローンなど人生のお金に関わる相談になんでも乗ります。