即日融資

即日融資で5万円借りたい 今日中に5万円借りる方法

給料日前に、お金が足りなくなって何とかして凌がなければいけないなんて経験されたことがある人も多いのではないでしょうか?
そんな時、1、2、3、4、5万円程度の少額キャッシングをして、ピンチを切り抜けるという方法もあります。

5万円程度の少額キャッシングであれば、利息が発生すると言っても微々たるものですから、とくにデメリットもありません。

少額キャッシングしたいけど具体的にどうすれば良いのか分からない、という方も多いでしょうから、今回は今すぐ1・3・5万円の少額キャッシングする方法を解説します。

5万円までなら誰でも審査に通ります

キャッシングは誰でも無条件にできるわけではありません。

キャッシング会社が定める審査基準をクリアしなければ、お金を借りることはできないのです。

審査と聞くと途端に不安になる方も多いです。

しかし多くの人が考えるよりも審査というのは厳しいものではありません。

キャッシングの審査は狭き門と捉えられがちですが、多くのキャッシング会社は融資対象の間口を広げており、積極的にお金を貸してくれているのです。

例えば、大手の消費者金融であるプロミスやアコムの審査透過率は約40%~43%です。

これは10人申し込んだうち4人以上はお金を借りることができている計算になります。

しかも今回は、1・3・5万円の少額キャッシングを目的としていますので、より審査難易度は下がると言っても良いでしょう。

審査は借りる金額が大きくなるほど厳しくなりますが、逆に借りる金額が少なければハードルは下がり、審査透過率が高くなると言われています。

極端なことを言ってしまえば、5万円以下の小口融資ならほぼ誰でも審査に通ると思って良いでしょう。

もちろん、過去に任意整理や自己破産など債務整理経験者や、返済の遅延や延滞など返済でトラブルを起こしていた人は難しいでしょう。

しかし、そうでない人、普通に働いて安定収入があり、信用情報に傷がついていなければ、大概は審査に通ると思ってください。

審査に必要なものは本人確認書類だけ

キャッシングに申込むにあたり用意する書類があります。

とはいっても、小額融資の場合は簡単な書類のみで申込めますので、準備に手間がかかることはありません。

審査に必要な書類は基本的に「本人確認書類」のみでOKです。

本人確認書類として有効な書類は、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードの4種類です。

外国籍の方は、在留資格を証明できる書類となります。

ではそれぞれの書類について、もう少し詳しく見ていきましょう。

運転免許証

運転免許証は本人確認書類として、信用度が高い書類です。
キャッシングの申し込みにおいて、本人確認書類を提出する際は迷わず運転免許証を出すと良いでしょう。
提出する際は表と裏、両面のコピーを求められることが多いですから、必ず両面をコピーして提出するようにしましょう。

運転経歴証明書も本人確認書類として有効です。
ただし、条件として2012年4月1日の運転経歴証明書制度改正以降に発行されたものでないと認められませんので、注意が必要です。
運転経歴証明書の交付を受けている人の殆どが高齢者かと思いますが、キャッシングの申し込みには年齢制限がありますので、申し込みする前に年齢制限を必ず確認してから申し込みしましょう。

パスポート

顔写真付きの本人確認書類としてパスポートも有効です。
提出する際は、顔写真のあるページと、所持人記入欄のページそれぞれのコピーを提出します。

パスポートに記載されている住所が現住所と異なる場合は、現住所が分かる書類を合わせて提出しなければいけません。
現住所の分かる書類は、住民票のコピー、公共料金(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど)の領収書、納税証明書などです。

住民基本台帳カードは顔写真付きのものであれば本人確認書類として有効です。
ですから、顔写真がついていないものは本人確認書類として認められないということになりますので覚えておきましょう。

マイナンバーカード

どのキャッシング会社もマイナンバーカードを本人確認書類として認めているわけではありません。
マイナンバーカード自体が、そこまで普及していませんので本人確認書類として採用しているキャッシング会社は少ないです。
マイナンバーカードも本人確認書類として提出できるのか、申し込み前に確認しておくと良いでしょう。

健康保険も本人確認書類として有効なの?

キャッシングの本人確認書類と言えば、運転免許証、パスポート、健康保険証と言われていましたが、最近は健康保険証を本人確認書類と認めているキャッシング会社は少なくなってきています。

キャッシング会社の、このような対応は犯罪収益移転防止法の改正に基づくものです。

この法改正によって、顔写真が付いていない本人確認書類を提出する際は、現住所の分かる書類を合わせて提出する必要があります。

保険証には、顔写真が付いていませんので、住民票など現住所が分かる書類を一緒に提出しないと、本人確認書類として有効とされませんので注意してください。

20時までの申し込みで当日中に5万円借りられる

キャッシングは、担保も保証人も不要ですから、手続きが簡単で申し込みから融資までが非常に早いです。

条件をみたせば当日中にお金を借りることも決して難しいものではありません。

当日中にお金を借りる方法は「振込み」と「自動契約機」の2種類あります。

振込み融資は、申し込みから契約手続きまで全てインターネット上で完結させることができます。

契約が完了したら、時分の銀行口座に希望する金額の振込み依頼をかけて入金してもらうだけで、借りられます。
家から一歩も外に出ることなく借りられますので非常に便利な方法です。

ただし、振込み融資は申し込み受付時間の締め切りが早く、多くは平日14時をタイムリミットとしています。

また銀行は平日のみ営業ですから、土日祝日に振込み融資を受けることができません。

このように振込み融は、お金を借りる方法としては便利ですが、即日融資をするのにはやや不向きといえます。

即日融資をするなら自動契約機がおすすめ!

即日融資をするなら、自動契約機がおすすめです。
自動契約機では、申し込みから契約手続きまで行うことができ、契約が完了すればその場で借入に使用するローンカードが発行されます。

通常、ローンカードの受け取りは郵送となりますが、自動契約機で当日中に受け取ることができれば、ATMでの即日融資が可能となるのです。

自動契約機も24時間営業しているわけではありませんので、申し込み受付時間は決まっていますが、振込み融資よりもかなり時間に余裕を持って申込めます。

たいていの場合、20時がタイムリミットとしていますので、20時までに申し込みすれば自動契約機をつかって即日融資が可能です。

ただし、時間ギリギリですと翌日以降の対応になる可能性も高いですから、いくら20時までに申込めば即日融資できるといっても、時間に余裕を持って申込むよう心がけてください。

自動契約機の営業日・時間の表

自動契約機の営業日と営業時間は、キャッシング会社ごとに違います。
下記の表は、各社の自動契約機の営業日と営業時間をまとめたものです。

商品名 営業日・時間
レイク 平日・土曜日 8時45分~24時
日曜日・祝日 8時45分~22時
毎月第3日曜日 8時45分~19時
※新規の方で即日融資希望の場合は、8時45分~21時の間に、必要な手続きを済ませる必要があります。
アコム むじんくん 8時00分~22時00分(年末年始は除く)
三菱東京UFJ銀行内カードローン契約機(自動契約機)平日19時
土祝17時
日曜16時
アイフル 8時00分~22時00分
プロミス プロミス自動契約機 9時00分~22時00分(※一部21時までもあります。)
SMBCローン契約機 9時00分~21時00分(※契約機により営業時間、休日が異なります。)

レイクは平日・土曜と日曜・祝日で営業時間が異なります。
しかし新規契約で即日融資を受ける場合、タイムリミットは21時までとなりますので間違えないように注意してください。

アコムの自動契約機は三菱東京UFJ銀行内にも設置されていますが、営業時間が短くなっていますので、むじんくん以外の自動契約機を使用する際は、早めに来店して手続きを済ませましょう。

プロミスは自社の自動契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機でも手続きすることができます。
消費者金融の自動契約機に入るところを誰かに見られたら困るという場合は、SMBCローン契約機を利用すると良いでしょう。

自動契約機の申し込みから借入までの流れ

自動契約機での申し込みから借入までの流れを紹介します。

自動契約機での申し込みから契約までの流れには、主に2パターンあります。
1つはインターネットから申し込みして自動契約機で契約手続きするというもの、もう1つは初めから自動契約機で申し込み~契約手続きまで行うというものです。

 インターネット申し込み⇒自動契約機で契約⇒カード発行
1 インターネットで申し込み
2 審査
3 必要書類を持参して自動契約機に来店
4 必要書類の提出
5 契約
6 カード発行、ATMにて借入

 自動契約機で申し込み⇒契約⇒カード発行
1 必要書類を持参して自動契約機に来店
2 申し込み
3 必要書類の提出
4 審査
5 契約
6 カードローン、ATMにて借入

キャッシング会社によって、申し込みから契約までの流れは若干違うかもしれませんが、おおむね上記のとおりだと思って良いです。

自動契約機に来店する際は必要書類を持参することを忘れないように気をつけてください。

自動契約機で申込むのも良いですが、効率よく手続きを済ませたいのであれば、インターネットで申し込みを済ませてから自動契約機に向かう方が良いかと思います。

場合によっては、収入証明書も必要になることもありますので、そうなった時に、自動契約機に初めからいるとなると必要書類を取りに戻らないといけません。

また万が一審査落ちとなれば無駄足に終わってしまいますので、これらのことを考慮すると、申し込みはインターネットで済ませておくのが良いでしょう。

5万円までなら180日間利息無しで借りられる

キャッシング会社によっては無利息キャッシングというサービスを提供しているところがあります。

無利息キャッシングは、期間中の返済に関しては利息が一切かからないというサービスです。

5万円までの小額融資なら、利息は大した額になりませんが、せっかくなら無利息キャッシングを有効活用して、利息無しで借りるのも良いでしょう。

無利息キャッシングの有り無しで利息額はどれぐらい違うのか計算してみましょう。
5万円を金利18%で借りて、30日後に返済する場合で比較してみます。

まずは無利息キャッシングなしの場合です。
5万円×18%÷365日×30日=約739円

つぎに無利息キャッシングの場合ですが、ここでは30日間の無利息キャッシングを適用して計算します。
上記と同じように30日後の利息額は5万円×18%÷365日×30日=約739円となります。
しかし30日間無利息が適用されますから、この場合、支払う利息額は0円ということになります。

小額融資ですと利息額はそこまで大きな差になりませんが、無料で借りられるならぜひ活用したいところです。

無利息期間を過ぎると、それ以降は通常通り金利が発生します。
無利息期間中に完済できなくても、期間中の分は金利がかかりません。

無利息期間中に初回の返済日が到来した場合でも、返済はしなければいけません。
もし期日を過ぎてしまった場合は、その時点で無利息期間は終了となりますので気をつけてください。
加えて遅延損害金もかかってきますので、得するどころか逆に損してしまいます。

5万円までの借入ならレイクの無利息キャッシングがおすすめ!

レイク
審査時間 最短60分
融資時間 最短即日
実質年率 4.5~18.0%
限度額 500万円

新生銀行カードローンレイクでは、2つの無利息キャッシングがあります。
無利息期間の適用は、それぞれ限度額に応じてとなります。

適用期間 条件
契約日の翌日から30日間 利用限度額200万円以下のみ
契約日の翌日から180日間 借入額5万円まで

無利息キャッシングを提供している会社の多くは、無利息期間が30日間と短いです。
そんな中、レイクは借入額5万円までなら180日間利息無しで借りることができます。
これはレイク独自のサービスであり、小額融資を希望される方に最適なサービスと言えるでしょう。

無利息期間がある大手の消費者金融一覧

無利息期間がある大手の消費者金融を一覧形式で紹介します。

商品名 無利息期間 無利息の条件
アコム 契約日の翌日から30日間 ・初めての利用
・返済日を「35日毎」に設定
アイフル 契約日の翌日から30日間 ・初めての利用
プロミス 初回借入日の翌日から30日間 ・初めての利用
・メールアドレス登録
・Web明細の利用

一見すると、どれも同じようなサービスに思えますが、無利息期間の開始タイミングが違いますので注意してください。
アコムとアイフルは「契約日の翌日から」30日間ですので、借入してなくても契約日の翌日から自動的に無利息期間が始まってしまうのです。

例えば、4月1日に契約して、4月20日に借入した場合、無利息期間はあと10日間しか残っていないということです。
契約日の翌日から無利息期間が開始になる場合は、早めに借入しないと損してしまうということは覚えておきましょう。
上記で紹介してレイクも同様に、契約日の翌日から自動的に無利息期間が始まります。

これに対し、プロミスは初めて借入した人の翌日から無利息期間が始まります。
借入しない限りは無利息期間が始まりませんので、時分のタイミングで無利息期間を利用することができるのです。

無利息期間内に完済できるならどの業者でもOK

どのキャッシング会社の無利息キャッシングを選べばよいのか迷うかもしれませんが、無利息期間内に完済できるのであれば、基本的にどのキャッシング会社でも大丈夫です。
いずれも期間内の返済は利息がかかりません。

複数回の返済ならレイクがおすすめ!

借入額5万円以下で、複数回にわたり返済していく場合は、新生銀行カードローンレイクの「180日間無利息」がお得です。

例えば、5万円の借入、金利18%、月々の返済額が5000円の場合、30日間無利息キャッシングですと節約できる利息額は、約855円です。
これに対し、レイクの180日間無利息なら約3735円の利息額を節約することができます。

無利息期間が長いと、小額融資でも節約効果は大きいですから、是非活用したいところですね。

無利息期間中に一括で返済する方法

キャッシングを利用するうえで、多くの人が見落としがちとなるのが返済方法です。
返済には約定返済と随時返済があり、これらの違いと特徴を知ることで、よりお得にキャッシングすることができます。

約定返済と随時返済の違い

キャッシングの返済には約定返済と随時返済の2種類あります。

約定返済とは、毎月決まった日に返済することを言い、約定返済日といいます。

約定返済日の決め方はキャッシング会社によって違い、いくつかパターンがあります。

  • キャッシング会社であらかじめ決められた日
  • キャッシング会社で決められた複数の日から選ぶ
  • 利用者が任意で決める
  • 利用者の給料日から数日以内の日とする
  • 35日ごと

このように、約定返済日の決まり方はいくつかあります。
約定返済日はキャッシング会社ごとに違いますので、必ず確認しておくと良いでしょう。

ちなみに、アコムの約定返済は「毎月指定日」と「35日ごと」の2種類から選べますが、無利息キャッシングを利用するには、「35日ごと」を選ばなければいけませんので、間違えないよう注意してください。

約定返済日には、定められた返済額を支払いしなければいけません。
約定返済額は借入残高にごとに応じて決められ、具体的な金額はキャッシング会社ごとに違います。

約定返済は必ず守るようにしてください。
というのも、約定返済を守らないでいると①信用情報に傷が付く、②遅延損害金が発生するという2つのリスクが生じるからです。
とくに①の信用情報に傷がついてしまうと、新たにローンを組めなくなる恐れがありますので気をつけましょう。
住宅ローンやマイカーローンなど、後々、高額なローンを組みたいと思っても信用情報に傷がついていることでローンを組めないなんてことにもなりかねません。

随時返済のやり方

随時返済とは、毎月の返済とは別に任意の金額を返済することです。
約定返済で支払ったお金は、元金と利息それぞれの返済に充てられますが、随時返済で支払ったお金は全て元金返済に充てられます。

例えば、約定返済金額が20,000円なら、内訳は元金分が12000円、利息分が8000円といったようにです。
これに対し、随時返済で20,000円支払った場合、内訳は元金分が20,000円、利息分は0円となります。
20,000円払えば、20,000円分の元金を減らすことができるというわけです。
利息は元金に対してかかりますから、元金を多く減らすことができれば、その分利息を抑えることができるというわけです。

随時返済のやり方は、キャッシング会社によって異なりますが、主な方法としては以下のとおりです。

  • キャッシング会社のATM、提携ATM
  • インターネットバンキング
  • 銀行振り込み
  • 店頭窓口

随時返済は自分の好きな金額分だけ支払いすることができます。

基本的に随時返済することをキャッシング会社に伝える必要はありません。

ATMで返済する場合、キャッシング会社のATMであれば1円単位で支払いすることができますので便利です。
また利用手数料も無料です。

提携ATMですと1000円単位からとなるうえに、利用手数料がかかるものも多いので注意してください。

インターネットバンキングも1円単位で返済でき、手数料も基本的にはかかりません。

パソコンやスマホを使って、場所や時間を気にせず返済できます。

銀行振り込みですと、手数料がかかるうえに、通帳記入すると記録が残りますので、正直メリットのない返済方法です。

無利息期間中に完済することができれば、結果的に利息無しでお金を借りられたということになります。

無利息期間中に約定返済日が到来することもありますが、この際に全額返済できなくても、無利息期間中のどこかで残りの分を全て返済できれば、利息を払わなくて済みます。

約定返済で全額返済はできないけど、無利息期間中に完済できそうであれば、随時返済をぜひ活用すると良いでしょう。

即日融資で5万円借りる方法まとめ

5万円の小額キャッシングは、決して難しいことではありません。

働いて安定収入があり、過去にローンやクレジットで返済の滞納や債務整理の経験がなければ、審査に通る可能性は十分にあります。

少額キャッシングなら、審査に必要な書類は本人確認書類だけでOKです。

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードのうちいずれか1点を提出しましょう。

キャッシング会社によっては、マイナンバーカードを本人確認書類として認めていないところもありますので、必ず確認してから提出するようにしましょう。

健康保険証を提出する際は、現住所を確認できる別途書類も必要になりますので、お忘れなく。

少額キャッシングなら短期間で完済できるという方も多いかと思います。

短期間で完済予定があるなら、無利息キャッシングを使うと良いですよ。

とくにレイクなら最長180日間は無利息で借りられますので、利息の節約効果が大きいです。

お金に余裕がある時は随時返済を活用するようにしましょう。

随時返済は全て元金返済に充てられますので、その分利息を節約できます。