プロミス

学生でもプロミスで借りられる! 親バレや在籍確認はあるの?

学生は何かと出費がかさむもの。急な出費でお金が必要になった時は困ってしまいますね。

そんな時に役立つのが学生に人気のプロミスです。学生だから金融業者からお金は借りられないと思っている方もいるようですが、そんなことはありません。きちんと審査のもとで融資するかどうか判断してくれますので、学生だからと諦める必要はありません。

今回は、学生がプロミスでキャッシングする際の疑問について丁寧に解説していきたいと思います。プロミスでキャッシングを検討されている学生の方必見の内容ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

学生でもプロミスで借りられます

学生がプロミスでお金を借りるにも当然ながら条件があります。条件と言っても、一般の社会人となんらかわりのない条件ですので安心してください。また学生だからといって特別に審査基準がゆるくなったり、金利が低くなると言ったことはありませんので、その点を理解した上で読み進めてくださいね。

学生でも借りられる人の条件

プロミスの借り入れ条件は以下の通りです。

  • 20歳以上69歳以下であること
  • 一定の収入があること

一定の収入と聞いて不安になる学生がほとんどかもしれませんが、これはアルバイトによる収入でも問題ありません。

学生でアルバイトをされている方は多いですが、一月に働ける時間や日数は限られてきますので、親から仕送りをもらっている方も多いでしょう。カードローンの審査は、収入額が多い方が有利になる可能性が高いですから、親からの仕送りも収入に含めて申告すれば良いのでは?と考えてしまう学生も多いですが、親からの仕送りやお小遣いは収入として加算できません。

学生は、以下の方法でお金を得た場合は収入としては認められませんので、注意してください。

  • 親からの仕送り
  • お小遣い
  • 臨時ボーナス
  • 落ちていた現金の取得

いずれもお金を得ているということに関して言えば、アルバイトで収入と得ていることと何ら違いはありません。しかし一定収入として認められるものはきちんと決まっており、「給与および課税された収入」となります。

これらの収入の証明は、給与明細、賞与明細、源泉徴収票、確定申告書、納税証明書といった収入証明書で行う必要があります。プロミスから収入証明書の提出を求められた際は、これらの書類のうちいずれか1点を提出しなければいけません。

アルバイトをしていなくて親からの仕送りだけで生活しているという学生は、残念ながらプロミスでキャッシングすることはできません。これはプロミスに限らず、やはりアルバイトなどで一定収入を得ていないことには、金融業者も返済不能になるリスクが高いと判断し融資してくれません。

またアルバイトによる一定収入があっても未成年の学生はプロミスでお金を借りることはできません。これはプロミスに限ったことではなく、どのカードローン会社も未成年には貸し付けをしていません。未成年へ貸し付けを行わない理由は、「お金を貸す側のリスクが大きい」ことが挙げられます。

民法4条の未成年者の契約取消権をご存知でしょうか?これは、未成年が単独で行った契約は破棄していいというもので、キャッシングに置き換えるなら未成年がお金を借りた場合、いつでも踏み倒していいということです。カードローン会社からすればたまったものではありませんが、これは未熟である未成年を守るための法律です。中には、無知な未成年を騙そうとする悪徳業者もいますので、彼らのような魔の手から守るためにも無くてはならないルールなのです。

学生はいくらまで借りられるか

プロミスを利用する際に気になるのが、やはり限度額ではないでしょうか?自分がいくらまで借りられるかは気になるところですね。プロミスの借り入れ限度額は500万円までとなります。

「そんなに借りられるの?」と思われた方も多いかもしれませんが、これはあくまでもプロミスが1人に対して融資できる最大の金額という意味で、誰でも500万円まで自由にお金を借りられるというわけではありません。

カードローンは担保も保証人もありませんので、カードローン会社は回収リスクが非常に高いです。そのため、いきなり最大限度額まで融資することはまずありえないことなのです。

またプロミスは銀行グループの傘下に入っていますが、運営元は消費者金融ですので総量規制の対象となります。つまり、プロミスから借りられるのは年収の3分1までと自動的に決まっているのです。消費者金融の借り入れ限度額は、審査と法律によって決められます。

そして学生の場合、社会人のように収入が多いわけではありませんので、借り入れ限度額はかなり少ないと思った方が良いでしょう。金額にして10万円~20万円程度です。

アルバイトで結構な収入があるという学生も中にはいるかもしれませんが、総量規制が関係していきますので、限度額の上限は年収3分の1で頭打ちとなります。月に10万円ほどバイト代がある学生でも、上限は40万円までとなります。ただし、バイト代全部が返済に回せるわけではありませんから、40万円まで借りられると言ったように単純には決められません。毎月の収入から支出を引かなければいけませんので、いくら手元に残り返済に回すことができるかが重要となります。

他社借り入れであってもプロミスで借りられる

既に他社カードローンを利用している場合でも、プロミスで借りることは可能です。ただし、既にお金を借りているということは、新たに借り入れすれば毎月の返済負担は増えますので、その分審査はシビアになります。審査落ちする可能性もありますので、その点を覚悟の上で申し込みしてください。

また既存の借り入れ先が貸金業者であれば、総量規制が関係してくることも忘れてはいけません。年収3分の1は借り入れ総額に対してですから、例えば年収60万円の学生がA社で10万円借り入れしている場合、新たにB社で借りることができるのは10万円までということになります。

プロミスでのキャッシング 親にバレずに借りられる方法を紹介

プロミスでキャッシングしたいけど親にバレないか心配、学生がカードローンでお金を借りる上で最も多い悩みとも言えるのが親バレです。プロミスは親に内緒で利用することができるのでしょうか。

保証人は不要

プロミスは保証人なしで利用することができます。カードローンは、お金を貸す側とお金を借りる側の契約であり、お金を貸す側であるカードローン会社は、第三者に契約内容を漏らしてはいけないと法律で禁止されています。

債務者の借り入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること

貸金業法21条1項(取立行為の規制)

つまり当事者だけの秘密にしておかなければいけないということです。ですから、プロミス然りカードローン会社が、その学生の親御さんに「カードローンを利用していますよ」といったように伝えることはできないのです。

プロミスは保証人不要なのはもちろんのこと同意書も不要です。申し込みに必要な書類は、原則免許証などの身分を証明できる書類だけでOKです。一人暮らしをしているから親に同意書をもらうのが面倒といったこともありません。

プロミスからの郵送物で親にバレる可能性がある

上記の通り、プロミスが第三者にカードローン契約のことを漏らすようなことはありません。しかし、これで完全に親バレしないというわけではありません。

ある物を親に見られてしまえば、カードローンを利用していることがバレてしまうかもしれないのです。それはプロミスから届く郵送物です。

プロミスで契約すると、契約書類やローンカード、更には利用明細書が送らてきます。一人暮らしの学生であれば気にすることもないですが、実家暮らしとなるとそうもいきませんね。しかし、これらの郵送物を自宅に届くのをなしにできます。

郵送物をなしにできる申し込み方法を紹介

まず申し込みは、WEBもしくは自動契約機で行います。郵送で申し込みしてしまうと、審査結果の通知等が書類で送られてきてしまう恐れがありますので、必ずWEBか自動契約機で申し込んでください。そして契約手続きもWEBもしくは自動契約機で行います。

親バレしない申し込み&契約方法
WEBもしくは自動契約機で申し込み⇒自動契約機でカード受け取り
WEB申し込み⇒カードなしで契約

申し込みし、審査通過後に自動契約機にてカードを受け取りすれば、自宅に契約書類やローンカードが送られてくることはありません。プロミスの自動契約機は9時~22時(※一部は21時)で営業していますので、遅い時間帯でもカードの受け取りが可能です。加えてプロミスの自動契約機の設置台数は1000台以上と数が多いので、アクセスしやすいのも特徴です。

近くに自動契約機がないという方は、WEB契約を選択しましょう。ただし、WEB契約する際は「カードなし」で契約を選択することです。通常、WEB契約するとローンカードが送られてきてしまいますので、親バレを避けたいのであれば、カードなしで契約しましょう。カードなしの場合、借り入れは自分の銀行口座に振込となり、返済は銀行振り込み・自動引落・ネット返済で行うことになります。

利用明細書は、WEB明細に切り替えすればいいだけです。プロミスと契約後に、会員ページにログインしてWEB明細を選択すれば良いだけですので簡単です。

バイト先への在籍確認はあるか

プロミスでお金を借りるには在籍確認をクリアしなければいけません。在籍確認とは、申し込みしてきた人が、カードローン会社に申告した勤務先が本当に正しいのか、嘘を付いていないのかを確認する事を言います。

プロミスを始め、どのカードローン会社も申し込み者が勤務する職場に電話をかけて在籍確認を行います。

バイト先に消費者金融から電話がかかってくると聞いて、途端に不安になる方もいるでしょう。特にプロミスのように誰でも知っているような知名度の高いカードローン会社であれば、社名を名乗っただけで即座に借金だとバレてしまうでしょう。そのため、バイト先に電話してほしくないと希望される学生も多いです。

カードローン会社によっては書類で在籍確認してくれるところもあります。この方法なら、電話しなくて済みますので、バイト先にばれる心配もないでしょう。

電話での在籍確認に対して要望がある場合には、申込完了後すぐにプロミスの担当者に相談するようにしましょう。

バイト先へ在籍確認の内容

プロミスのバイト先への在籍確認は、ほぼ間違いなく電話連絡だと思ってください。

ただ、在籍確認のために電話されるからと言って、自分が借金していることがバレる可能性はかなり低いです。

バイト先に借金しているとバレないのはそれなりの理由があります。

プロミスの在籍確認は以下の通り徹底されています。

  • 社名は名乗らない。個人名で電話してくれる
  • 本人が電話にでられなくてもOK
  • 非通知もしくは携帯電話から電話してくれる
  • 本人が電話にでた場合、聞かれるのは名前と生年月日のみ

社名は名乗らない。個人名で電話してくれる

プロミスに限ったことではなく、消費者金融は在籍確認の電話時に社名を名乗りません。既に説明した通り、カードローン会社は第三者に契約内容を漏らしてはいけません。消費者金融は銀行とは違って、個人への貸し付けのみを行っていますので、会社名を聞いただけで、おおよその見当はついてしまいます。それが知名度の高い会社であればなおさらでしょう。

プロミスでは「田中(担当者名)と申しますが、鈴木さん(申し込み者)はいらっしゃいますか?」このような感じで電話してくれますので、自分以外の人が電話にでても消費者金融からの電話だとバレません。

本人が電話にでられなくてもOK

在籍確認の電話は申し込み者本人が出ないといけないと思っている方も多いのですが、実はそんなことはありません。在籍確認の目的は、あくまでも申し込み者が働いて収入を得ていることを確認することです。本人が電話にでなくても、電話にでた人が申し込み者がその職場で働いていることを前提の返答をしてくれれば、それで在籍確認は完了となるのです。

職場の従業員「はい。〇〇株式会社です」
プロミス「田中(担当者名)と申しますが、鈴木さん(申し込み者)はいらっしゃいますか?」
職場の従業員「鈴木はただいま席を外しております」
プロミス「そうですか。では改めて電話をかけます。お手数をおかけしました。」

上記のように「席を外している」というのは、申し込み者がその職場に在籍していることが前提となる返答だというのが分かりますね。在籍確認はこれで完了となり、日を改めて電話がかかってくることはありません。

非通知もしくは携帯電話から電話してくれる

プロミスは在籍確認の電話を非通知もしくは携帯電話にて行います。非通知ならかけ直されることはありませんし、携帯電話なら怪しまれることもないでしょう。

本人が電話にでた場合、聞かれるのは名前と生年月日のみ

本人が電話にでた場合は、その場で名前と生年月日を聞かれます。電話で色々聞かれることはありませんし、カードローンの説明をされることもありません。ただ電話で生年月日等を話しているのを聞かれれば、多少は怪しまれる可能性はありますので、もしバイト先の人に問い詰められたら「クレジットカードの在籍確認です」などと
誤魔化せばよいでしょう。

学生の内に消費者金融を利用すると問題があるか

「プロミスでキャッシングすると就職が不利になるの?」と不安になる学生もいるでしょう。しかし基本的に、企業は応募者の適性と能力だけを基準にして選考することと法律で定められています。

特に影響なし

企業は応募者の信用情報を選考に使用することはできません。これは信用情報機関の規約違反に当たります。

中には、応募者本人に信用情報の開示請求をさせて、その書類等を提出させようとする企業もあります。もし、そのようなことをされたとしても提出は拒否して構いません。これにより自分の信用情報を守ることができます。

プロミスなど消費者金融からの借り入れが原因で就職できないということはありませんが、将来に何の影響もないわけではありません。例えば、人生で最も大きな買い物になるであろうマイホームは、住宅ローンを組んで購入する方がほとんどでしょう。消費者金融から借り入れしていると審査に通らないわけではありませんが、かなり厳しく見られることになりますので、その点は頭に入れておいてください。マイホーム購入を視野に入れるようになったら、できるだけ早くに完済させてカードは解約するほうがよいでしょう。

信用情報機関に登録される

キャッシングを利用すると信用情報に傷が付く、なんて噂を耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか?信用情報に傷が付くとは、いわゆるブラックリスト入りするという意味で、新たにローンを組むことがほぼ不可能な状態となります。これが本当なら、プロミスでキャッシングするのを躊躇ってしまうことでしょう。

キャッシングを利用しただけで信用情報に傷が付くというのは「ウソ」です。

確かにキャッシングを利用すれば、その利用履歴等は信用情報として登録されますが、ブラックリスト入りするわけではありません。

ただしキャッシングを利用して、きちんと返済しなかったり、返済できず債務整理をすることになればブラックリスト入りとなりますので、その点はお忘れなく。

信用情報とは要するに金融機関との取引履歴のことを言い、現金を支払わずにお金を借りたり、商品を購入したりする取引です。カードローンやキャッシング、クレジットカードに申し込んだり利用すると信用情報に記録されます。

個人の信用情報は信用情報機関が管理しており、日本にはCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つの信用情報機関があります。消費者金融や銀行は、いずれかの信用情報機関に必ず加盟しており、プロミスはCICとJICCに加盟しています。

例えば、Aさんがプロミスにキャッシングの申し込みをすると、プロミスはCICとJICCに対し、Aさんがキャッシングの申し込みをしたという情報を通知します。またプロミスは、CICとJICに対しAさんの信用情報の照会を行い信用情報を引き出し、審査を行います。

個人信用情報機関に登録される情報

信用情報に記録される情報は大きく分けて「本人特定の情報」「契約内容」「返済状況」「取引事実」となります。

主な情報
本人特定の情報 氏名
生年月日
性別
住所
電話番号
勤務先名
勤務先電話番号
契約内容 会社名
契約の詳細
契約日
利用金額等
返済状況 入金日
入金予定日
残高
完済日
延滞情報
取引事実 債務整理
代位弁済
強制解約

このように、利用者の個人情報はもちろんのこと、カードローンやキャッシング、クレジットカードの利用状況が細かく記録され、カードローン会社はこれらの情報を基に審査を行ったり、逐一信用情報機関に申告しているのです。

カードローンやクレジットカードの支払いの延滞、債務整理、強制解約、代位弁済をすると信用情報に、これらの情報が登録され、これを信用情報に傷が付くと言います。

信用情報に傷が付いている状態のうちは残念ながら金融機関からお金を借りることはできません。先にも説明した通り、プロミスでキャッシングしただけで信用情報に傷が付くことはなく、延滞や債務整理など要するに約束した通りにお金を返さないでいると信用情報に傷が付くということです。借り入れしてもきちんと返済できていれば問題ありません。

学生がプロミスで借りる際に必要なものは

学生がプロミスでお金を借りるために必要なものについて見ていきましょう。

お金を借りるには、色々と用意しなければいけない書類などが沢山ありそう、と思っている学生も多いかもしれません。しかしプロミスの申し込みで用意する書類は基本的に「本人確認書類」のみととなります。簡単な書類だけで申し込めます。

「学生だから本人確認書類は学生証でいいんでしょ?」こんな風に考えている方も多いでしょう。残念ながら学生証は本人確認書類として有効とされていませんので、学生証ではプロミスに申し込みできません。本人確認書類として有効なのは、住所などの個人情報が記載されているものに限られます。

本人確認書類として認められるもの

有効な本人確認書類
運転免許証
パスポート
住民基本台帳カード ※顔写真付きのみ有効
マイナンバー(個人番号カード)
健康保険証 ※現住所が確認できる書類が必要

上記は本人確認書類として有効な書類です。このうちプロミスで本人確認書類として認められているのは、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証となります。

運転免許証は、これ一枚に必要な情報がすべて記載されていますので、信用度が高い書類としておすすめです。運転免許証をお持ちの学生も多いかと思いますので、持っているのであれば迷わず運転免許証を提出しましょう。

パスポートを提出する場合は、顔写真のページと所持人記入欄のページ2箇所を提出してください。その際に、必ず現住所が記載されていることを確認してください。

マイナンバーカードは、表面だけを提出してください。法令により裏面を提出してはいけないことになっていますので、気をつけましょう。

プロミスでは健康保険証も本人確認書類として有効ですが、保険証には顔写真がありませんので、別途で現住所が確認できる書類も一緒に提出しなければいけません。公共料金(電気・ガス・水道・NTT)の領収書、住民票の写し、社会保険料の領収書、国税や地方税の領収書のうちいずれか1点を用意してください。

場合によって提出が必要な収入証明書

学生の場合、借り入れ限度額が50万円を超える可能性は低いですが、もしプロミスで50万円を超える借り入れを希望する場合は、「収入証明書」も必要になりますので用意しましょう。場合によっては、50万円以下の借り入れでも収入証明書の提出を求めてくることもあります。

有効な収入証明書
源泉徴収票
給与明細書(直近2ヶ月分)
確定申告書
住民税決定通知書
課税証明書

収入証明書の中にはマイナンバーが記載されているものもありますが、提出する際は個人番号が見えないように加工して提出してください。マイナンバー法の規定により、カードローンでは個人番号を収集してはいけないことになっています。

まとめ 学生がプロミスでキャッシングするには

学生でも成人してアルバイトなどの一定収入を得ている方なら、プロミスでキャッシングが可能です。親の同意は必要ありませんし、郵送物なしで契約もできますので内緒でお金を借りることも可能です。

アルバイトをしていても未成年の学生は申し込めませんので注意してください。