即日融資

土日でも即日融資可能! 休日に即日で借入できるカードローンは

すぐにお金が必要な時に限って、土日…。そんな時はよくあるものです。

・週明けにクレジットカードの決済日だけど、残高が心配
・友達と日曜日に急に旅行へ行くことになって、断りきれない。
・明日は日曜日で友人の披露宴…でも気がついたらご祝儀のお金がピンチ!

こんなときに頼りになるのが、カードローンです。お金がないばかりに、このようなチャンスを逃してしまうくらいなら、カードローンを賢く利用して、短期間でサクッと借りて、余裕のある時に返済してしまいましょう。

今回は、カードローンの利用シーンの中でも、特に「土日での即日融資」について詳しい情報をお届けします。土日でも融資を受けることが可能なのか?またその際の注意点についても、詳しくご紹介します。

土曜日曜でも即日融資ができます

まず、そもそも土日に即日融資を受けることができるのか?という点についてです。

土日は銀行が休みだったりして、現金を用意したくてもできない場合があります。例えば銀行に行けば定期預金があるのに、土日がゆえに定期預金の解約が出来ず、お金の工面ができない…などというケースもあるのです。

もともと、消費者金融をはじめとするカードローンは、企業への融資を主な事業とする銀行に対して、個人向けの融資を専門に事業を展開しています。

したがって、土日を問わずキャッシングのニーズに応えることができる体制が整っています。

電話の受付時間は勿論、店舗は一部店舗を除いて土日でも開いています。また後ほど詳しく触れますが、自動契約機も完備している会社がほとんどですので、あらゆる方法で土日でも即日融資を受けることが可能です。

土日の融資なら自動契約機を利用しよう

まず、土日即日融資の定番、「自動契約機による手続き」について、詳しくご紹介します。

自動契約機は誰にも会わずに手続きが可能です。しかし、審査については通常の店頭手続きと同じ内容で行われます。さらに、自動契約機には勿論店舗スタッフは居ませんが、カメラなどで本人の顔は確認されています。そのうえで提出された本人確認書類と相違がないか?などの確認も行われます。

自動契約機の中をイメージしてもらいやすいように、その特徴もご紹介します。広さは大体1畳~2畳程度といったところでしょうか。ちょっと狭いので、長い時間居るとすれば少々ストレスがかかります。

部屋の中には、イスが一つ。そして契約手続き用の画面と、書類提出用のスキャナが設置されています。また各々のカードローン会社のオペレータと通話が出来るように、インターフォンも設置されています。なにか手続きで困ったことがあっても、すぐに相談が可能なので安心です。

では、自動契約機の営業時間や、各社別の自動契約機の特徴などをご紹介します。

自動契約機の営業時間

会社名 営業時間 営業日
アコム 平日08:00 – 21:00
土日祝08:00 – 21:00
平日・土日祝も営業
アイフル 平日08:00 – 22:00
土日祝08:00 – 22:00
SMBCモビット 平日08:00 – 21:00
土日祝08:00 – 21:00
プロミス 平日9:00~22:00※一部21時もあります。
土日祝9:00~22:00※一部21時もあります。
レイク 平日8:45-24:00
土曜日8:45-24:00
日祝8:45-22:00

毎月 第3日曜日は、8:45-19:00。※初めての契約で当日中の融資については、8:45-21:00のみ対応可能

※上記営業時間は、年末年始など変更になる場合があります。詳しくは各社ホームページのATM検索で調べることが可能です。

おすすめの会社1<プロミス>

プロミスならもちろん自動契約機で土日の借入れも可能ですが、注目したいのは「瞬フリ」というサービスです、これはその名の通り、瞬間で振り込んでくれるサービスです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を持っている場合は、土日を問わず24時間振込みキャッシングが利用出来ます。

また、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージによる借入れも可能ですので、スムーズに利用が出来ます。

おすすめの会社2<レイク>

レイクは、はじめてのカードローン契約に限り、30日間無利息キャッシングか、5万円までの借入れを180日間無利息で借りれるサービスを提供しています。借入れ額に制限はあるものの、180日間もの間、無利息期間を設定しているのは、レイクのみです。

また、通常のレイクに加えて「レディースレイク」という窓口も設置されています。これは、契約条件などは通常のレイクと同じですが、必ず女性が対応してくれる、という女性専用の契約窓口の事です。初めてレイクを利用する女性にとってはうれしいサービスです。

おすすめの会社3<SMBCモビット>

CMでも有名な「モビット」 このカードローンの特徴は、やはり「WEB完結」という申し込み方法でしょう。

通常カードローンの申し込みの際には、本人への電話連絡や、職場への在籍確認などが必要です。

ただ、収入証明書の提出や、指定の銀行口座を持っていることなどが条件です。しかしどちらも事前に用意しておけば準備できるものばかりですので、モビットの申し込みには是非使いたいサービスです。(※詳しい必要書類は、モビットの公式WEBで確認できます)

土日は会社が休みだけど在籍確認はどうなる?

では、申込時に会社が休み…というケースは、どのような対応になるのでしょうか?在籍確認が出来ないからといって、融資は週明けの月曜日…などという事態になれば、せっかく焦って申し込み手続きをした意味がありません。

在籍確認ができなくても融資可能

しかし、安心してください。

このようなケースでも、基本的には審査で問題がなければ、在籍確認ができなくても、一旦融資は行われます。

ただ審査担当者は、申込者の勤務している会社が休みとわかっていても、一度は電話をかけます。なぜなら、架空の会社かどうかという程度の簡易的な確認が出来るからです。

その確認がとれたら、融資が可能になるのですが、融資金額は制限される事が多いようです。

例えば30万円の融資限度額で申請している場合、在籍確認が取れない間は5万円だけ融資をされて、その後在籍確認がとれたら30万円まで借入れができる、といった具合です。

職場への電話確認を避けて、一旦融資を受けたいがあまりに、架空の会社名を入力したり、うその情報を入力する事は絶対に避けてください。

カードローンの審査を担当している部署の方々は審査のプロです。一般人が考えそうな事は全てお見通しですし、アリバイ工作を請け負ってくれる会社のリストなどは全て揃っています。それがバレた時点で、審査にも通りませんし、最悪の場合は法律にも抵触する事になりますので、注意しましょう。

カードローンの申し込みの際に留意すべきこと、それは「少しでも不安なことがあれば、遠慮せずに相談する」という事です。

土日に即日融資をする手順とその流れ

カードローンで即日融資を受ける為には、「振込み融資」または「カードでのキャッシング」のどちらかの方法でないと融資を受けることができません。また土日の場合は、基本的に振込みはしてくれませんので、残るはカードでのキャッシングのみ、という事になります。しかし、プロミスの「瞬フリ」だけは、指定の銀行口座を持っていれば、土日祝でも振込み対応が可能です。

以上の事を踏まえて、土日に即日融資を受ける方法について、詳しく解説していきます。

①三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合

これらの口座を持っている場合は、プロミスの「瞬フリ」を利用しましょう。簡単な申し込みの流れは、以下の通りです。

1,申し込み プロミスの公式WEBから申し込む。
2,審査 店頭手続きと同じ審査が行われる。
3,契約 この時に、カードレス契約、つまりカード発行無しを選択する。そうする事で、WEB完結で契約を完了させる事が可能。本人確認書類のアップロードなども必要
4,WEBから即日振込みを依頼 申込者本人が指定口座を持っている事が確認でき次第、即日振込みでの借入れが可能となる。但しジャパンネット銀行だけは、WEB完結対応不可となっている為、要注意

②一般的な即日融資の方法

1,申し込み カードローン各社の公式WEBから申し込む。
2,審査 店頭手続きと同じ審査が行われる。
3,契約 審査で問題がなければ、本契約を行う。本人確認書類の提出も必要
4,カードの受け取り カードの受け取り方法は選択できる為、店舗または自動契約機での受け取りを選ぶ。(営業時間に注意)
5,ATMで即日借入れ 店頭又は自動契約機の隣にあるATMで即日キャッシング

最初から店頭や自動契約機に出向いて申し込む方法もありますが、時間が無駄になりますし、長い時間店舗や自動契約機の中に居るのは避けたいものです。自宅や外出先でも、必要書類とスマホ1台があれば、WEBからの申し込みをしたほうがストレスなく利用が可能です。

審査に必要なもの

今回おすすめしたカードローンのうち、「プロミス」「モビット」「アコム」などの消費者金融カードローンの申し込みは、本人確認書類のみの提出でOKです。(審査の結果次第で収入証明書の提出を求められることもある)

収入証明書が必要なケースとしては、新規申し込みの借入れ限度額が50万円を超える場合、又は他社借り入れ額と、新規申し込みするカードローンの借入れ額の合計が、100万円を超える場合のみです。以下に用意すべき書類の詳細をまとめていますので、参考にして下さい。
※レイクは銀行カードローンですので、少し条件が異なります。原則レイクの借入れ限度額が100万円を超える場合のみ、収入証明書の提出が必要です。

カードローンの種類 本人確認書類と収入証明書(必要な場合)の内容
レイク 【本人確認書類】
運転免許証・健康保険証(氏名・生年月日・現住所の3項目が記載されているものに限る)・パスポート・個人番号カード(マイナンバーカード)・在留カード・特別永住者証明書
【収入証明書】
源泉徴収票・住民税決定通知書/納税通知書・所得(課税)証明書・給与明細書(直近の3ヵ月以内の連続2ヵ月分)
※給与明細書には、申込者本人の氏名(フルネーム)発行年月・発行元名・月収が明記されている事が条件。また、記載内容が手書きの場合は、発行元の社印もしくは社判が必要
アコム 【本人確認書類】
運転免許証が基本。もし運転免許証を持っていない場合は、個人番号カードか健康保険証
【収入証明書】
源泉徴収票・給与明細書(直近1ヵ月分)・市民税/県民税額決定通知書・所得証明書
SMBCモビット 【本人確認書類】
運転免許証が基本。もし運転免許証を持っていない場合は、「パスポート」または「健康保険証の提出が必要
【収入証明書】
源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書(直近2ヶ月分が必要)
プロミス 【本人確認書類】
運転免許証が基本。もし運転免許証を持っていない場合や店頭で契約を行う場合、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」の提出が必要
【収入証明書】
源泉徴収票・確定申告書・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)※賞与がない場合は、直近2ヶ月の給与明細書が必要

※上記書類は全て最新のものを提出する必要があります。

尚、モビットのWEB完結に限っては、必要書類が異なります。以下がWEB完結の際に用意すべき書類です。

<SMBCモビットのWEB申込みの際に必要な書類>

必要な書類 詳細
本人確認書類 運転免許証かパスポート
収入証明書 源泉徴収票 税額通知書 所得証明書 確定申告の写し 給与明細書のいずれか。
勤務先証明書 健康保険証(全国健康保険協会の保険証)(社会保険証)または組合保険証 給与明細書(収入証明書で給与明細以外を提出した場合は必須)
必要な口座 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っていること。

まとめ 土日に即日融資するには

今回は、土日に申し込んで即日借入れをする方法について、詳しくご紹介しました。もう一度おさらいしておきましょう。

・土日でも自動契約機を利用すれば即日キャッシングが可能。この場合、申し込みは公式WEBから行って、自動契約機でカードの受け取りをするとスムーズ
・土日にカードローンの申し込みをした場合でも、必ず在籍確認は行われる。会社が休みで在籍確認が取れない場合、初回借入れ可能額が減らされることもある。
・消費者金融カードローンの場合、基本的には運転免許証の提出だけでOK

以上の通りポイントをおさえておけば、土日の申し込みでも即日融資は可能となっています。ただ出来るだけスムーズに申込みを済ませるためには、事前に公式WEBページを確認して、入力が必要な項目(勤務先の電話番号や住所など)を予め調べておくことをおすすめします。