即日融資

即日融資で50万円借りたい 今日中に50万円借りる方法

カードローンは、借り入れ限度額が高くなるほど審査が厳しくなり時間もかかる傾向にあります。

一般的に即日融資するなら、希望限度額は50万円以下で申し込むのが良いと言われています。

そう考えると50万円という金額は、即日融資できるかできないか非常に微妙なラインの金額と言えるでしょう。

50万円という大金もカードローンならすぐに借りることができるのでしょうか?

50万円借りられる人の条件

どのカードローン会社も、申し込み条件を定めていますが、申し込み金額毎に条件を定めているところは、ほとんどありません。

カードローンに申し込むには、満20歳以上で安定した収入があることが、基本的な申し込み条件です。

しかし、これはあくまでも申し込み条件であり、その後の審査をクリアしなければお金を借りることはできません。

まず、50万円という金額は個人にとっては高額ですが、消費者金融では少し高め、銀行カードローンは低めのラインと言われています。

そのため、自分の収入では審査に自信がないという方は、銀行カードローンを選択する方が良いかもしれません。

50万円を借りるには、収入はどれぐらい必要なのか?と疑問に思われている方も多いかもしれません。

どのカードローン会社も、「年収〇〇円以上」といった基準を設けているわけではありませんので、年収〇〇円以上ないと50万円借りることはできないとは一概に言えませんが、消費者金融から借りる場合は、年収200万円を1つの判断基準にすると良いかもしれません。

その理由は総量規制です。

消費者金融は、貸金業法の総量規制の対象となる貸金業者です。

消費者金融からは年収3分の1を超える借り入れはできませんから、50万円を借りるには最低でも年収150万円以上必要となります。

しかし年収150万円の人なら必ず50万円まで借りられるというわけではありません。

確かに年収150万円あれば、消費者金融から50万円まで借りることは可能ですがこれはあくまでも法的な限度です。

限度額は最終的にカードローン会社の審査によって決められ、そこには他社借入額や、生活状況などを踏まえ総合的に限度額が判斷されます。

無理なく返済するためにもある程度の余裕が必要であり、そのためにも最低でも年収200万円は必要と推測できます。

低金利で借りたいなら銀行カードローンがおすすめ

50万円を借りるとなった時、気になるのが利息ではないでしょうか。

低金利のカードローンで借り入れできれば利息を節約することができますから、銀行カードローンで借り入れを検討するのが良いでしょう。

大手の銀行カードローンをいくつか紹介しますので、借り入れ先の参考にしてみると良いでしょう。

商品名 金利 審査時間
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 最短即日
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最短30分
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 最短30分

(※)みずほ銀行では住宅ローンの利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは最低金利が1.9%とかなり低い部類にあります。

しかし、いきなりこの金利で借りられるわけではありません。

金利は、限度額に応じて決まってきますので、最低金利が適用されるためには最大限度枠を設定してもらわないといけません。

初回借り入れは、おおむね最高金利が適用されることが多いですが、適用される金利は14.5%だと思って良いでしょう。

それでも消費者金融に比べれば低金利ですから、金利重視で借りたい方には魅力的と言えるでしょう。

楽天銀行スーパーローンは、平日14時30分までに契約を完了させ借り入れ申し込みまでできれば即日融資を受けることができます。

他金融機関の口座でも振込融資は可能ですが、楽天銀行口座を持っている方が時間に余裕を持って手続きできます。

三井住友銀行カードローン

3大メガバンクの1つである三井住友銀行が提供するカードローン、三井住友銀行カードローンは低金利&即日融資が魅力です。

銀行カードローンながらも、自動契約機で手続き可能など大手消費者金融並みの利便性を誇ります。

審査時間は最短30分、三井住友銀行に口座を持っていなくても自動契約機で手続きしてカード発行できれば即日で借り入れすることも可能です。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱東京UFJ銀行は日本で最も有名な銀行と言われるほど知名度の高い大手の銀行です。

運営するカードローンは、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックです。

バンクイックの最大の特徴とも言えるのが、圧倒的な早さを誇る融資スピードです。

銀行カードローンは借り入れまでに時間がかかるという固定概念を覆したカードローンでもあり、申し込みから融資まで最短40分で完了可能です。

銀行カードローンはもちろんですが、大手消費者金融でもここまで早く借り入れできるカードローンはないかもしれません。

最高金利は14.6%と銀行カードローンの中では決して低くはありませんが、消費者金融と比べれば十分金利は低いでしょう。

新たに口座開設しなくてもカードローンに申込めますので、手間も時間もかかりません。

ただし、口座を持っていない場合、振込融資、口座振替、インターネットバンキングによる振込はできませんので、その点はやや不便と言えるでしょう。

また即日融資するには必ずテレビ窓口で手続きしなければいけませんので、注意が必要です。

加えて本人確認書類として有効なのは運転免許証のみですので、テレビ窓口に行けない方、運転免許証を提出できない方は即日融資を受けることはできません。

融資の早さ、審査の受かりやすさを重視するなら大手の消費者金融

確実にお金を借りたい、審査に自信がないという方は大手消費者金融に申し込むことをおすすめします。

大手消費者金融は銀行カードローンに比べると金利が高いですが、その分、融資対象が幅広く、審査に自信がない方でも借りられる可能性が十分にあります。

中小の消費者金融ですと審査通過率は良くて30%台ですが、大手消費者金融は40%超えと非常に高いです。

およそ10人申し込んだ内の4,5人は審査に通っている計算ですので、銀行カードローンの審査が不安な方は大手消費者金融を選ぶと良いでしょう。

大手消費者金融は申し込みから融資までの早さも魅力です。即日融資の環境が整っていますので、今日中に借りられる可能性が非常に高いです。

来店不要の振込融資、自動契約機でのカード発行と2通りの方法で即日融資が可能です。
自分の状況に適した方法で即日融資できます。

とくに自動契約機でのカード発行は、夜間も営業していますので、日中は手続きの時間が取れないという方でも安心して即日融資できます。

今日なんとしてでもお金を借りたいという方は、大手消費者金融に申し込むのが良いでしょう。

商品名 金利 審査時間
プロミス 4.5~17.8% 最短30分
アコム 3~18% 最短30分
アイフル 4.5~18% 最短30分
SMBCモビット 3.0~18.0% 最短30分(※)
レイク 4.5~18% 即日

※審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス

プロミスは審査が最短30分、融資は最短1時間を公表している、業界屈指のスピード融資を誇る大手の消費者金融です。

審査時間を公表しているカードローン会社は多いですが、融資時間まで公表しているのはプロミスぐらいなもの。
それぐらい融資スピードに自身がありますので、とにかく急いでいる方、今から1時間以内で借りたいという方におすすめのカードローンです。

自動契約機はプロミスのものだけでなく三井住友銀行のローン契約機も使えますので、例えば消費者金融の自動契約機を利用しているところを誰かに見られたら困るという方でも安心して手続きできます。

プロミスなら自動契約機で22時まで(※)に手続き完了すれば即日融資が可能です。

かなり時間に余裕を持って申込めますので、その日に借りられる確率が高いです。

またプロミスでは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすると、30日間の無利息キャッシングが適用されます。

初回借り入れの翌日から30日間適用ですので、自分のペースで無利息期間を利用することができます。
すぐに返済するつもりなら利息無しでお金を借りることも可能です。

※プロミスの自動契約機の営業時間は9:00~22:00 、一部21時のところもあります。

アコム

アコムは三菱東京UFJフィナンシャルグループの子会社の消費者金融です。

はじめてアコムを利用する方に限り、最大30日間金利ゼロでお金を借りることができます。

アコムは融資スピードが早いことでも有名です。

審査は最短30分、混雑していても1時間程度で審査結果が分かり、即日融資にも対応しています。

銀行振り込みだけでなく、自動契約機のむじんくんで手続きもできますので、カードで即日融資することも可能です。
振込の即日融資は平日14時までに契約完了が条件となりますが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方は18時までに時間が延長されます。

更に楽天銀行の口座なら24時間即時で振込反映されます。

アイフル

アイフルもアコム同様に30日間の無利息期間があります。

ただし契約日の翌日から自動的に無利息期間が開始となりますので、できるだけ早めに借り入れしないと無利息期間をムダにしてしまいますので気をつけましょう。

アイフルなら来店不要で即日融資が可能です。

平日14時10分までに振込依頼が完了すれば、振込融資でその日にお金を手にすることもできます。

もちろん自動契約機もありますので、振込融資が間に合わなくても時間に余裕を持って契約することができます。

SMBCモビット

SMBCモビットは三井住友銀行グループの消費者金融です。

最大の特徴は、来店不要、郵送物なし、電話連絡なし、電話でのやり取りなしで即日融資できるWEB完結申し込みです。

ただし、WEB完結申し込みにはいくつかの利用条件があり、カード発行もされませんので注意も必要です。

モビットは自動契約機での手続きも可能ですので、WEB完結申し込みができなくても問題なく即日融資可能です。
自動契約機なら土日祝日でも即日でお金を借りることができます。

レイク

レイクは、かつて消費者金融でしたが新生銀行に譲渡し銀行カードローンになりました。

前身が消費者金融というだけに、銀行カードローンながらも消費者金融並に利便性が高く使い勝手の良いカードローンです。
最高金利は18%と高めですが、レイクには30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類の無利息プランがあり、好きな方を選ぶことができます。

例えば、金利18%で50万円借り入れして、支払い回数64回で30日間の無利息期間を適用した場合、約1万9000円の利息が浮くことになります。

レイクも他の大手消費者金融同様に自動契約機があります。

自動契約機で申し込み、契約、カード受けりする場合、最短40分で融資も可能です。

事前にインターネットで申し込みを済ませておけば、更にスムーズに融資を受けることもできます。

もちろんネット完結も可能ですから、来店したくないという方でも安心して即日融資が可能です。

レイクは他のカードローンとは違い、仮審査の結果は申し込み後すぐに分かります。

その後の、本審査が行われますが、とくに申告内容や提出書類に不備がなければ審査落ちすることもありません。

50万円を今日中に借りる申し込みの流れ

50万円を今日中に借りる方法は、自動契約機と振込融資の2つあります。

どちらの方法で申し込めばよいのか迷うところかと思いますが、申し込みする時間を目安に申し込み方法を選ぶと良いです。

振込融資の場合、13時までに申し込みすれば即日キャッシングできる可能性が高いですから、13時までに申し込みできる場合は、振込融資がおすすめです。

逆に申し込みする時間帯が13時以降になってしまう場合は、自動契約機で手続きしてカード発行する方法がおすすめです。
自動契約機なら、大体20時~21時までに申し込みすれば即日キャッシングが可能です。
来店する手間はありますが、その日に借り入れできる可能性が高い方法です。

では、それぞれの申し込みの流れについて紹介します。

自動契約機

自動契約機で即日融資を受ける場合、申し込みはあらかじめインターネットで済ませておくのがおすすめです。

事前に申し込みしておけば、自動契約機でする手続きが少なくて済み、より短時間で手続き完了できます。

また万が一審査落ちしたとしても、すぐに別のカードローンの申し込みに移れますので、効率も良いですから、申し込みはインターネットで済ませておくようにしましょう。

申し込みが完了すると、カードローン会社から確認の電話がかかってきます。

内容確認後に審査へと入り、審査結果は電話もしくはメールにて通知されます。

審査を通過しましたら必要書類(本人確認書類と収入証明書)を持参して自動契約機へ向かいましょう。

自動契約機の場所は、各カードローン会社のホームページにて検索できますので、あらかじめ設置場所を調べておくと、よりスムーズに手続きできます。

自動契約機に入りましたら、必要書類をスキャナにセットして送信します。

カードローン会社側で確認したら契約書類が発行されますので、署名して返信すれば契約完了となります。

その後、ローンカードが発行されますので受け取ってすべての手続が完了となります。

ここまでの手続きを、自動契約機の営業時間内に終わらせることができれば、即日融資が可能となります。

プロミス、アコム、アイフルは22時までに、モビットとレイクは21時までに契約完了すれば即日融資に間に合いますので、覚えておくと良いでしょう。

注意点として、自動契約機の設置台数はカードローン会社でかなり差があります。

プロミスの自動契約機は近くにあるけど、アイフルの自動契約機はないといったこともありますので、自宅周辺に、どのカードローン会社の自動契約機があるのかを調べてから申し込みするようにしましょう。

振込み融資

振込融資する場合も、申し込みはインターネットで行います。

電話での申し込みも可能ですが、ネットなら必要事項に入力するだけですので簡単かつ早いのでおすすめです。

申し込み完了後にカードローン会社から本人確認と内容確認のために電話がかかってきます。

その後に審査へと移り、審査通過の連絡が来た後に、必要書類を提出します。

書類の提出はアップロード、メール、FAXいずれかの方法で行います。

カードローン会社によって提出方法が違いますので、よく確認してから提出してください。

また提出する書類に不備があると再提出となりますので、問題なく確認できる状態で書類を提出するようにしてください。

提出書類の確認が取れると、そのままネット上で契約手続きします。

無事に契約完了しましたら、カードローン会社に振込依頼します。

この振込依頼をしないと時分の銀行口座にお金が入金されませんので、契約完了しましたら必ず振込依頼するのを忘れないようしましょう。

審査に必要なもの

審査に必要な書類は本人確認書類と収入証明書の2点が基本です。

本人確認書類

カードローンの審査で必ず必要なのが、「本人確認書類」です。

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードのいずれかを準備しましょう。

運転免許証はもっとも信用度の高い書類ですので、運転免許証を持っている場合は、迷わず本人確認書類として提出すると良いです。

運転免許証の次に信用度が高いのがパスポートですので、運転免許証を持っていない方はパスポートを提出するとよいでしょう。

住民基本台帳カードとマイナンバーカードは、カードローン会社によっては本人確認書類として認めていないところもありますので、注意してください。

健康保険証も本人確認書類として有効ですが、この場合は現住所を確認できる書類を合わせて提出しなければいけません。
住民票、公共料金の領収書、納税証明書などが有効ですので、もし健康保険証を提出する際は、これらの書類も忘れないように準備しておきましょう。

収入証明書

「収入証明書」は必ず必要な書類ではありません。

消費者金融から借りる場合は、1社での申込金額が50万円を超える場合もしくは、他の貸金業者の借り入れと合計して100万円を超える申し込みをする場合に収入証明書を提出しなければいけません。

50万円を借りるとなると、ギリギリ提出条件に抵触しませんので、基本的には収入証明書は不要ですが、カードローン会社によっては提出を求めるケースもありますので、準備しておくのが無難です。

収入証明書は、源泉徴収票、直近2ヶ月分の給与明細書、確定申告書、課税証明書などが有効です。

上記の書類をどれも持っていないという場合、一番早く取得できるのは課税証明書です。

各市町村役場の窓口にて手数料300円程度で即日発行可能です。

詳しい手続きは各市町村役場のホームページにて確認してください。

50万円借りた時の返済額と返済回数

カードローンで50万円借りた時の返済額は、総額でいくらぐらいになるのでしょうか?

ここでは50万円を借りた時の返済シミュレーションをします。

カードローンの返済は「リボルビング返済方式」となります。

これは毎月の返済額によって、利息が大きく変化する返済方式です。

きちんと返済シミュレーションしておかないと、借りた後で「思っていたよりも返済が苦しい・・・」なんて事態に陥ってしまいますので。気をつけましょう。

カードローンのリボルビング返済は、残高に応じて毎月の返済額があらかじめ決まっています。

ですから返済計画を立てやすいというメリットがあります。

ただし、残高が減っていく毎に毎月の返済額が少なくなりますので、完済に時間がかかるというデメリットがあることも忘れてはいけません。

これらの特徴を踏まえた上で、返済計画を立てれば、効率よく返済していくことができます。

利息の求め方は、「利息=借入残高×金利÷365日×借り入れ日数」です。

では、実際に金利18%で50万円借りた時の返済シミュレーションをしてみましょう。

金利18%で50万円借りた時の返済シミュレーション

例えば、金利18%で50万円を30日間借りた場合の利息額は、50万円×18%÷365日×30日=7397円です。
単月で返済する場合は、簡単な計算で利息額を求めることができます。

しかし、50万円を一括で返済するという方は少なく、多くの方は何回かに分けて返済していくことになるでしょう。

月をまたいで返済する場合、利息は借入残高によって変わってきますので、計算は手間がかかります。

そこで活用したいのが、カードローン会社で利用できる返済シミュレーションツールです。

必要事項を入力するだけで、あっという間に計算できますのでぜひ活用してみてください。

以下は、アコムの返済シミュレーションツールを用いた結果です。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 45,839 38,442 7,397 461,558
2 45,839 39,011 6,828 422,547
11 45,839 44,524 1,315 44,426
12 45,083 44,426 657 0
累計 549,312 500,000 49,312

返済していくに連れて借入残高が減っていきますので、それに合わせて毎月の利息額も減っていくのが分かりますね。
返済当初は7000円以上の利息を払っていますが、最終回では657円の利息で済むようになります。

12ヶ月にわたって返済した場合の利息総額は49,312円という結果になりました。

これを24回、36回で返済した場合の毎月の返済額と発生する利息額を比較してみましょう。

回数 毎月の返済額 発生する利息
12 45,839円 49,312円
24 24,962円 97,375円
36 18,076円 147,811円

返済回数が長くなると毎月の返済額は少なくなり一見すると負担は軽くなったように思えますが、その分利息を多く払う結果になります。

逆に返済回数が短いと毎月の返済額は多いですが、その分利息は少なくて済みます。

毎月の返済額が少ないと、元金返済に充てられる分が少なくなりますので、借入残高がなかなか減りません。
そのため、利息が多く払わなければいけなくなるのです。

だからといって、無理に返済回数を短くしてしまうと、毎月の返済負担が大きくなりますので、家計に重い負担となり、急な出費があった時などに対応できない恐れがあります。

まずは自身の家計を明確にして、無理のない範囲で返済できる金額で試算してみると良いでしょう。

カードローンは約定返済の他に、随時返済も可能ですので、資金に余裕がある時に随時返済することで利息を節約することができます。

約定返済と随時返済をうまく組み合わせて返済していくのが、賢い返済方法ですよ。

まとめ 即日で50万円キャッシングできる方法

カードローンで、50万円を即日で借りることは可能ですが、ややハードルは高くなると思ってください。

10万円~20万円程度の少額借り入れなら、まず問題なく即日融資できるかと思いますが、50万円となると人によっては即日融資どころか、希望額で借りられない可能性もでてきます。

50万円を借りるとなると、その分返済負担は重くなりますので、それに見合った収入が必要です。

目安は年収200万円ですが、初回で高額な借り入れをするのはなかなか難しいです。

50万円という借入金額は、消費者金融ではやや高め、銀行カードローンなら低めのラインとなりますので、年収が少なくて審査が不安な方は、銀行カードローンに申しこむのが良いでしょう。

年収200万円以上あれば、消費者金融でも銀行カードローンでも問題なく50万円を借り入れ可能ではありますが、他社借り入れがあったり、信用情報が傷ついている場合は難しいです。

そもそもそのような状態ですと審査落ちになる可能性の方が高いですから、審査基準が厳しくない大手消費者金融のカードローンを選ぶと良いでしょう。

50万円を即日で借りるには、できるかぎり早めに申し込みするようにしましょう。

自動契約機なら夜遅くまで手続きできますので、確実に今日お金を借りたいなら、自動契約機で申し込みすると良いでしょう。

また借りる前に、きちんと返済シミュレーションすることをおすすめします。

借入金額が多くなるほど、利息額は増えますので、返済期間ができるかぎり長くならないように計画を立てましょう。

どうしても返済が長期化してしまいそうな場合でも、随時返済すれば借入残高を早く減らすことができ、結果的に利息を節約できますので、資金に余裕がある時は随時返済すると良いですよ。