即日融資

即日融資で30万円借りたい 今日中に30万円借りる方法

旅行代金や冠婚葬祭などの為のカードローン利用なら、10万円~30万円程度の借入れのみを希望しているケースがほとんどです。しかも少額ゆえに、申込みから借入れまの「スピード」も要求されるところです。

今回は、そんな需要の多い「少額でのキャッシング」について詳しく解説していきたいと思います。

30万円までのキャッシングを、よりスピーディーに行う為、どのような条件が必要で、どのようなテクニックがあるかなど、詳しくご紹介していきます。

今日30万円借りられる人と借りられない人

まず最初に、どんな人が30万円を借りることができるのでしょうか?借りれる人と、借りれない人との違いはなんなのでしょうか?いくつかの項目に分けて考えていきます。

他社ですでに借入がある人(件数、金額)

30万円を借りれるか否か、について、一番重要な条件は「他社での借入れ状況」でしょう。いくら年収が多くても、この条件次第では、30万円程度でも新たなカードローンの契約はできません。では、他社での借入れが「どんな状態なら」申し込む事ができないのでしょうか。

まず、重要なのは他社借入れの「件数」です。カードローン各社の申込み条件には、他社で何件以上借入れがあればNG、などという表記はほとんどありません。しかし判別する方法があります。それはカードローンの公式WEBページの「お試し審査」を利用してみることです。

お試し審査での入力項目は「年齢」「性別」「既婚未婚」「他社借入れ状況」などです。ここで一番重要なのが他社借入れ「件数」です。

試しに他社借入れ件数「3件」借入れ金額「200万円」と入力してみると、お試し審査の結果は「ご融資可能と思われます」と出るケースがほとんどです。一方で他社借入れ件数「4件」借入れ金額「200万円」と入力してみましょう。

すると「ご融資可能か判断できませんでした」というメッセージが出ます。この状態で、本申込みをしたとしても、ほぼ審査通過は難しいでしょう。

したがって、30万円を借りれる最も重要な条件は「他社借入れが3件以内」という事になります。更に、他社借入れ金額と、新たに申し込もうとしているカードローンの融資限度額の合計が、年収の1/3を超えないこと、という点も重要です。

消費者金融カードローンを契約する場合には、総量規制の対象となります。つまり年収の1/3を超えての借入れは出来ません。新たなカードローンを申し込むときは、現在の借入れ残高を再度確認して。自分の年収と照らし合わせて計算しておきましょう。

職業、年収

つぎに、職業について考えていきます。ほとんどのカードローンは、職業が限定されたりする事はありません。普通のサラリーマンは勿論、アルバイトやパートの方でもかまいませんし、自営業の方でも申し込みは可能です。

重要なのは「安定した収入があるかどうか?」という点です。

収入が多い少ないではなく、安定して毎月定期的な収入があるかどうかがポイントになります。したがって、今月は10万円の収入があるけど、この次収入があるのは3ヶ月後…などという場合には、借入れは難しいかもしれません。

安定した収入があれば良いので、学生でもアルバイトなどで毎月決まった収入があれば、審査を通過させる事は可能です。(主婦の場合は、専業主婦でも配偶者に収入があれば申し込めるケースと、なんらかの仕事に就く事を求められるケースがあります。詳しくはカードローン各社の申込み条件をよく確認しましょう)

大切なんは、やっぱり他社の借入れがない・又は少ないっちゅう事と、ちゃんと収入がある事なんやな。もし今仕事をしてないっちゅう人は、

どんな仕事でもええから定期的に給料をもらえるとことに勤める事が大事なんやろな~

すぐに30万円借りるなら低金利な銀行カードローン

では、実際に30万円を借りるとしたら、どこのカードローンを選べばよいのでしょうか?

カードローン選びで重要なポイントは、「借入れまでのスピード」と「金利」ではないでしょうか。

ここでは数あるカードローンの中でも「金利」についてスポットをあてて、どのカードローンが最適なのか?ご紹介していきます。

銀行カードローンは低金利でおすすめ

まず「低金利」といえば、消費者金融カードローンより、銀行カードローンをおすすめします。下記に主な銀行カードローンの金利と、審査時間をまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

商品名 金利 審査時間
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 最短申込み当日
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 最短30分
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 2週間程度
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最短30分

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリットといえば、やはり「借入れ限度額の大きさ」です。カードローンによっては、最大1,000万円までの融資も可能です。

しかし実際には最初の契約からいきなり最大限度額の借入れは難しいようです。年収にもよりますが、最初の契約の場合には100万円までの借入れとなるケースがほとんどです。

最初の借入れから、半年以上経過して、銀行に信用を築けば、融資限度額の増額が可能となる場合があります。

銀行カードローンのデメリット

一方、以下のような「デメリット」もあります。

審査が比較的厳しい

→銀行カードローンの審査は、銀行が行うのではなく、保証会社が行います。保証会社の審査基準にもよりますが、一般的には消費者金融よりは審査基準が高いと言われています。

カードが自宅に届く場合がある

→これはカードローンの種類にもよりますが、ローン専用のカードが、自宅へ郵送されるケースがあります。つまり家族にカードローンの利用がバレてしまう可能性があるのです。

審査が不安なら大手の消費者金融もあり

審査に受かるか不安なら消費者金融がおすすめです。

審査に受かりやすいのは消費者金融

前にも触れましたが、30万円までのキャッシングをする際のポイントとして「審査スピード」があります。教育ローンやマイカーローンを利用する際には、ある程度出費の予定がわかっている為、余裕をもって申込みをします。しかしカードローンを利用する時は、冠婚葬祭や飲み会など「すぐに現金が必要」というケースが多いのではないでしょうか。

つまり、審査が比較的通りやすく、審査時間も短いカードローンであれば、そのようなニーズに応えることができます。そこでおすすめしたいのは消費者金融カードローンです。やはり銀行カードローンと比較して審査は通りやすく、しかも殆どの消費者金融カードローンでは即日審査を行っています。

以下に、主な大手消費者金融カードローンのスペックをご紹介します。(※審査時間は目安です。審査結果によっては、これ以上の時間を要する場合があります)

商品名 金利 審査時間
アコム 3.0%~18.0% 最短30分
プロミス 4.5%~17.8% 最短1時間
アイフル 4.5%~18.0% 最短30分
SMBCモビット 3.0%~18.0% 即日審査

消費者金融のメリット

ここで、これまでご紹介をした内容も含めて、もう一度消費者金融のメリットをまとめておきたいと思います。

1,即日審査・即日キャッシングが可能

ほとんどの場合、最短で30分以内に審査をしてくれます。その後、自動契約機や振込みにて即日キャッシングも可能です。「いますぐに現金が必要」とういうニーズに応えられるのは、消費者金融カードローンの一番大きなメリットです。(自動契約機や振込みキャッシングの流れについては、後ほど解説します)

2,ローン用のカードについては「自宅への郵送なし」にする事が可能

契約時、ローン用のカードが発行されますが、以下の方法で受け取ることが可能です。自宅への郵送をしないようにしてもらえる為、家族に知られるリスクもありません。

<カード受け取り方法>
・WEBで申込み後、店舗や自宅で受け取る。
・店舗や自動契約機で申込み後、その場でカードを発行
・自宅への郵送

3,無利息キャンペーンなど様々な特典を提供してくれている。

これは銀行カードローンにはない大きなメリットです。大手の消費者金融カードローンでは、契約後30日間は利息がかからない「無利息キャンペーン」を展開しています。例えばカードローンを契約して30万円をキャッシングしたとします。30日間無利息キャンペーンを実施しているローンなら、1ヵ月後に30万円を返せば利息は0円なのです。出来るだけ少額を借りて、短期間で返すなら断然消費者金融がおすすめです。

消費者金融のデメリット

一方、デメリットも存在します。やはり消費者金融カードローンは「すぐにキャッシングが出来る」という事から、利用している人には「お金にルーズな人ではないか?」というネガティブなイメージがついてしまいます。

したがって、住宅ローンを組む場合には、特に消費者金融の利用などがあると、審査が通らない場合が殆どです。

しかし、最近ではこれも消費者金融カードローンに限った事ではありません。銀行カードローンやクレジットカードでのキャッシングもネガティブ要素になります。一概に消費者金融の利用だけが悪いイメージという訳でもないようです。

今日中に30万円借りる申し込み方法と流れ

では、申込み当日に確実にキャッシングをする方法を二つご紹介していきます。ここで重要なのは「手続きをする時間帯」です。詳しくは以下で解説しますが、申込み当日にキャッシングする為には、申込みをスタートする時間によって、手続き方法が異なってきますので、注意が必要です。

自動契約機

一つ目は自動契約機での契約方法です。申し込む時間が13時以降の場合ならこちらの方法を選択して下さい。

なぜなら二つ目の方法(振込み融資)の場合は13時までに手続きをしないと、当日中のキャッシングが無理な為です。

自動契約機での契約については、自動契約機で申し込みから契約までを完了させる方法と、公式WEBから申込んで契約を済ませ、カードの受け取りを自動契約機で行う方法の二つがあります。

自動契約機での申し込みは便利ですが、やはり狭いスペースで30分~1時間程度申込み手続きをしないといけない為、若干のストレスがかかります。

その点、公式WEBで申し込み手続きをすれば、自宅や外出先からでも気軽に申込み手続きが可能です。その後、カードの受け取り方法を郵送や店舗受け取りではなく「自動契約機での受け取り」を選択します。そうする事で、自動契約機へ出向いたときには、カードが出来上がっており即時カードの発行をしてくれます。その後隣にあるATMで即日キャッシングが可能です。

振込み融資

二つ目の方法は、振込み融資による当日借入れです。

13時までに手続きが完了するなら、こちらをおすすめします。

消費者金融の振込みキャッシングを利用する場合は、消費者金融側としても14時までに銀行への振込み手続きを完了させる必要があります。

そうなると、少し余裕をみて13時にはカードローンの契約を完了させないと、当日中に振込みをしてもらうことはできません。

したがって、13時の契約完了から逆算すると、午前10時~11時までには公式WEB上で申し込み手続きをスタートさせる必要があります。

その後1時間~2時間程度で、審査と本契約が完了します。その途中で、申込み内容の電話確認や、在籍確認などが入りますので、ぜひ余裕をもって申し込むようにしましょう。

どうしても申し込み当日に現金が必要なら、申込み時間に注意するっちゅうことやな。いずれにしても、申込み途中でオペレーターと話す機会があるから、その時に当日中に現金がいるっていうことをちゃ~んと相談しといたほうがええな。

オペレーターの人も親身になってアドバイスしてくれるさかいに。

30万円借りたときの返済額と返済回数

では、実際に30万円を借りた場合、毎月どれくらいの返済をすれば完済する事ができるのでしょうか?以下でシュミレーションしてみたいと思います。

・金利18%で30万円借りた時の返済シミュレーション(24回払いで試算)

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 14,977 10,539 4,438 289,461
2 14,977 10,695 4,282 278,766
23 14,977 14,559 418 13,749
24 13,952 13,749 203 0
累計 358,423 300,000 58,423

利息を抑えたいなら一括返済を利用しよう

以上の通り、30万円を借入れて、毎月15,000円程度の返済をしていくと、完済するまでには2年かかり、利息も6万円弱かかってくる事がわかります。

したがって、キャッシングをする場合には、できるだけ少額を借りて、できるだけ早く一括返済をする方が、利息負担も少なくて済みます。

その為にも、消費者金融カードローンの「無利息キャンペーン」を活用して、賢くキャッシングする事をおすすめします。

まとめ 即日で30万円借りるには

以上、今回は30万円を即日で借りる方法についてご紹介してきました。低金利を重視するなら銀行カードローン。審査の通りやすさや、時間を問わずに即日キャッシングにこだわるなら消費者金融カードローンがおすすめである事もわかりました。ご自身のカードローン利用の目的に応じて、賢くキャッシングをするようにしましょう。

ABOUT ME
監修:山内 貴文
株式会社山内FP事務所代表。北海道大学経済学部卒。日本FP協会上級資格・FPSB国際認定資格、1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格) 金融、貯蓄、ローンなど人生のお金に関わる相談になんでも乗ります。