即日融資

即日融資で40万円借りたい!今日中に40万円借りる方法

今回は、「40万円だけすぐに借りる方法」をご紹介します。

「40万円」と聞くと、なんだか中途半端な金額に聞こえますよね……? 50万以上でもなければ10万円でもない。
実はこの40万円というのが大きなポイントなのです。

後でも触れますが、50万円までなら身分証明書の提出だけで、収入証明書不要でカードローンが作れるところがほとんどです。
したがって「すぐにお金が必要!」という方には、利用限度額の大きなカードローンよりも、「審査・融資のスピード」重視ですぐに借入れができるところから、少ない金額でキャッシングすることがポイントになります。

また、カードローン会社によって審査や融資にかかる時間が異なるということも覚えておきましょう。
それぞれの審査の特徴や融資のスピードを比べて、いち早く40万円を借りられる方法はどんな方法かを紹介します。

今すぐに40万円借りられる人の条件

審査や融資のスピードが鍵となる即日キャッシングですが、
まずおさえておきたいことは、「40万円を借りることができる人」は、どのような人か、ということです。
銀行カードローンや消費者金融カードローンで「40万円を借りられる」条件を挙げてみましょう。

安定した収入が継続的にあるか

まずお金を借りるためには安定した収入があることが条件です。

銀行カードローンや消費者金融カードローンのホームページを確認すると、カードローンの公式ホームページには必ず、「お申込みできる方の条件」というページがあります。

そこを確認すると必ず冒頭に出てくるのが「安定した収入がある方」という条件です。

ここで大切なことは「安定している」収入が、「継続して」あるということです。ある程度決まった収入が決まった時期にあるということが条件です。
正社員ではなくても自営業やアルバイト、パートの人もこの条件を満たしていればお金を借りられます。

また、同じ収入といっても、生活保護の受給はこれに当てはまりません。年金受給者については、申し込めるカードローンもあるため、事前に確認しましょう。

他社借入を合わせても40万円を借りられるか

他社借入件数と合計の金額も40万円を借りられるかどうかというポイントです。
なぜ、他社からの借入件数や金額が重要になるのでしょうか?
銀行カードローン、消費者金融カードローン、どちらで借りる場合にも審査の対象となります。

銀行カードローンでは返済比率が重要となる

銀行カードローンでは、審査の際に、年収に占めるカードローンの返済額の割合である返済比率をチェックされます。
一般的にローンの返済比率は年収の25%と言われており、それを超えていると希望額を借入することができません。

消費者金融カードローンは総量規制の対象となる

消費者金融カードローンでは、銀行と異なり総量規制の対象となっています。そのため年収の1/3までの借入が可能です。
すでに借りている消費者金融カードローンの借入金額が年収の1/3以内に収まっている必要があります。
他社借入分と借入希望額が年収の1/3以上の場合には希望額を借入することができません。

また、総量規制の対象となるのは、消費者金融カードローンのみで、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどは対象外です。

専業主婦は銀行カードローンならOKな場合も

収入がゼロである専業主婦が、急な出費でお金を借りたい場合には、借りられるところはあるのでしょうか?
答えは、「借りるカードローンによる」です。

消費者金融カードローンでは、総量規制の対象となり、ほとんどの業者で専業主婦の借入は不可となっています。
年収がゼロの人は、年収の1/3……といっても、融資可能な額はゼロとなってしまいます。

銀行カードローンであれば、総量規制の対象ではないため、配偶者に安定した収入があれば申込が可能です。

今すぐ40万円借りるなら!ポイントは「審査・融資のスピード」

お金を借りられる人の条件や、銀行カードローンと消費者金融カードローンの特徴に少し触れたところで、
40万円をすぐに借りるなら、どちらのカードローンがおすすめなのでしょうか?

カードローンを選ぶポイントは「金利」「審査の通りやすさ」「融資までのスピード」等が挙げられます。

申し込む人がどのポイントを重要視するかで、選ぶカードローンが決まりますが、今回は「すぐに40万円を借りたい場合」のおすすめを紹介するため、
「審査時間、融資スピード」、そして、返済時に気になってくる「金利」にスポットを当てて見ていきましょう。

確実に今すぐ40万円を借りたいなら消費者金融カーロドーン

カードローンを選ぶポイントについては前項でも触れましたが、やはり一番重要視したいのは「確実に借入れができること」ではないでしょうか。どうしてもお金が必要だという状態でカードローンの申込みをする場合には、審査や借入れまでのスピードが早く、少しでも確実性の高いローンを選ぶことが重要です。

「借入れまでの確実性」という点でみると、やはり銀行カードローンより消費者金融カードローンのほうに軍配があがります。

以下に、消費者金融のメリットをまとめていますが、やはり消費者金融は審査のスピードでは、他のカードローンより勝っています。

消費者金融のメリット

1,審査スピードも早く、申込み当日の振込みキャッシングなど対応可能
2,店舗や自動契約機が多く設置されており、急な申込みや借入れにも対応が出来る
3,初めての契約なら30日間無利息キャッシングなどのキャンペーンを提供しており、初めての方でも安心して申込める

消費者金融のデメリット

1,銀行カードローンに比べて金利が若干高い(上限金利で3~4%程度高め)
2,銀行カードローンに比べてイメージが悪い
3,住宅ローンなどの審査に影響する場合がある。

※自動審査時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時)

商品名 金利 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 最短30分で回答
アコム 3.0%~18.0% 最短30分で回答
アイフル 4.5%~18.0% 最短30分で回答
SMBCモビット 3.0%~18.0% 最短30分で回答(※1)

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

低金利ですぐに40万円を借りたいなら銀行カードローン

銀行カードローンの大きな特徴は、まず、低金利の商品が豊富ということです。
また、総量規制の対象外であるため、ルール上は年収の1/3以内という条件には当てはまりません。

継続的に安定した収入がある人であれば、審査で40万円の融資を受けられる可能性がありますね。
では、銀行カードローンのメリット、デメリットを見ていきましょう。

銀行カードローンのメリット

1,低金利で借入れができる(上限金利で消費者金融カードローンの3~4%低め)
2,住宅ローンなど、銀行が取り扱っている他のローンとのセット特典を受けられる場合がある
3,銀行が取り扱う商品のため安心感がある

銀行カードローンのデメリット

1,消費者金融に比べて、審査が厳しい場合がある
2,店舗や自動契約機の数が消費者金融よりは少ない

新生銀行カードローン レイク4.5%~18.0%自動審査時間内なら、その場で仮審査結果を確認可能。

商品名 金利 審査時間
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 最短当日中審査回答
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0% 回答は控えている
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最短30分で審査回答
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 最短30分で審査回答

今日中に40万円を借りる!申込方法とその流れを解説!

銀行カードローン、消費者金融カードローンのメリットやデメリットがわかったところで、実際に40万円を申込み当日に借りるための方法について紹介します。
審査が通るならどんな申込み方法でも変わらないのでは?と思いがちですが、実は重要なポイントがあります。

それは「申し込む時間」と「カードの受け取り方法」です。この2点を考えながら申し込めば、申込み当日中に現金を手に入れることは可能です!

14時までに契約を終えること

今日中に40万円が必要だと思ったときは、申込を早めにすることです。「14時までにカードローンの契約を終えられるかどうか」が重要なポイントとなってきます。
なぜなら、銀行の振り込み手続きは14時までだからです。
カードローンの契約手続きがそれ以降になってしまうと、銀行振込では当日中には間に合わず、翌日の入金となります。

14時までに契約を終えられる場合には、「口座振込での申込」を、14時以降の契約となる場合には、「自動契約機での申込」をすることがおすすめです。

14時までに契約を完了させておくためには、少なくとも13時までに申込手続きをスタートさせることです。
(※審査の結果次第では、審査が1時間では完了しない為、実際にはもっと早くから申し込み手続きを完了させる必要があります)

スムーズに申込みを終えるために必要書類を用意

スムーズに審査、融資をしてもらうためには、申込時に必要な書類を揃えておくことが大切です。

40万円を借りる場合には、身分証明書の提出だけでOKです。
カードローンの申込みに必要な書類に不備があると、余計な時間がかかってしまいます。さらに、当日中にキャッシングできなかったり、審査が通らなかったりということも考えられます。

以下が審査に必要な書類のリストです。事前に確認してから申し込むようにしましょう。

必要な書類 備考
本人確認書類 運転免許証・パスポートが基本 運転免許証などがない場合は、マイナンバーカードや健康保険証が必要
収入証明書 源泉徴収票・確定申告書・給与明細書・役所で発行される所得証明書・課税証明書など。(全て最新のものである事が条件)

(収入証明書の提出が不要なケース)
契約するカードローンによるが、一般的には消費者金融カードの場合、借入れ限度額が50万円までなら提出不要(銀行カードローンの場合は、借入れ限度額100万円以下・300万円以下など、各々の銀行カードローンの条件による)

(収入証明書の提出が必要なケース)
消費者金融カードローンの場合のほとんどは、他社の借入れ金額と、申し込み予定のカードローンの借入れ限度額の合計が100万円を超える場合は、提出が必要。(銀行カードローンは、銀行の定める条件による)

また、上記の「収入証明書の提出が不要」とされる場合でも、審査の結果で提出を求められるケースがある為、予め準備しておいたほうが良い)

注意事項:本人確認書類は、現住所が記載されていることが重要です。

例えば引っ越してすぐなどの場合、免許証の手続きが間に合わず、実際に居住している住所と、運転免許証に記載している住所が異なるケースがあります。この場合は、どちらの住所が正しいのか証明する必要があるため、さらに審査に時間がかかります。必ず同じ住所になるように手続きをしておきましょう。

「口座振込での申込」、「自動契約機での申込」それぞれの融資までの流れを解説します。

口座振込で融資してもらう場合

次に13時まで(理想は午前中)に申込みをスタートさせることができる場合は、振込み融資での借入れをおすすめします。

こちらも申込みから借入れまでの流れは以下の通りです。

11:00~11:30 消費者金融公式WEBから申込みスタート
11:30~12:30 審査と本人電話確認・在籍確認など
12:30~13:00 本契約

※このタイミングで、初回の借入れを「振り込み融資」を選択して下さい。できれば本人の電話確認の際に、「審査が通った際には振り込みでのキャッシングを希望している」という旨を伝えておくと、後々の手続きがスムーズになります。全ての手続きが13時までに終えることができれば、14時の振込み期限に間に合わせることが可能です。

14時まで  消費者金融から振り込みにて自分の口座へ入金してもらいます。

自動契約機でカードを受け取り融資を受ける場合

申込みスタートが13時以降なら、消費者金融カードローンの「自動契約機」を利用する方法をおすすめします。

申込みから借入れまでの流れは以下の通りです。

13:00~13:30 消費者金融公式WEBから申込みスタート
13:30~14:30 審査と本人電話確認・在籍確認など
14:30~15:00 本契約

※このタイミングで、カードの受け取り方法について選択が出来ますが、必ず「自動契約機」での受け取りを選択して下さい。郵送や店舗での受け取りを選択してしまうと、当日中にカードを受け取ることができなくなり、借入れも翌日以降になってしまいます。

15時以降 自動契約機へ出向いてカードを受け取り。そしてその場にあるATMで借入れを実行します。

40万円借りられた場合の返済額と返済回数

では、実際に40万円を借りた場合には、毎月いくら返せばよいのかも気になるところです。

消費者金融のメリットは「借りやすいこと」ですが、その反面「返済」についても、よく考えておく必要があります。

安易に借りてしまって、返済が厳しくなり、なかなか元金が減らない……ということにならないように気をつけましょう。

毎月の返済額のシミュレーションを以下に記載しました。

金利18%で40万円借りた時の返済シミュレーション

(24回払いで返済する場合のシュミレーション)

回数 返済額 元金 利息 残高
1 19,969 14,052 5,917 385,948
2 19,969 14,260 5,709 371,688
23 19,969 19,411 558 18,339
24 18,610 18,339 271 0
累計 477,897 400,000 77,897

毎月の返済額を増やして早く返済しよう

上記の通り、40万を借りると、毎月2万円弱の返済をした場合に24ヶ月間の返済が必要です。消費者金融でも銀行カードローンでも、毎月の返済日を待たずとも任意での返済が可能になっているため、お金に余裕がある場合には随時返済を利用するようにしましょう。

一括返済ですぐに返済もできる

またボーナス時など、まとまったお金が入るタイミングがあれば、まとめて一括返済も可能です。計画的に借入れと返済を行いましょう。

まとめ 今日中に40万円キャッシングする方法

今回は、40万円をすぐに借り入れる方法についてご紹介しました。

銀行カードローンは金利の低さなどメリットはあるものの、やはり「借入れの確実性」という意味では、借入れまでのスピードが早い消費者金融がおすすめです。

しかし、いくら審査が早いといっても、用意する書類に不備があったりすると、余計な時間がかかってしまいます。

申込み前には今回のご紹介した内容をご参考に、ぜひスムーズなキャッシングにチャレンジしてみてください。