アコム

アコムの審査の必要書類について 必要なものは「本人確認書類」と「収入証明書」

アコムで審査をスムーズに終えるためには、必要書類をあらかじめ把握し、用意しておく必要があります。

提出する書類はケースによって変わってきますので、それらを理解することも重要です。

そこで今回はアコムの必要書類について徹底的に解説していきます。

このページを読めば、アコムの必要書類について迷うことはなくなるでしょう。

あなたがスマートに借入れできるようにお手伝いします!

アコムの審査に必要な書類はケースによって違ってくる

アコムの審査に必要な書類は「本人確認書類」「収入証明書」の2点です。

まずは本人確認書類から解説していきましょう。

アコムの本人確認書類について

本人確認書類とはあなたの身分を確認できる書類となります。

アコムでは以下の身分証明書が有効になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証(運転免許がない場合)

なお、本人確認書類の住所が申し込み住所と異なる場合、
以下のいずれかの書類が必要です。

  • 公共料金の「領収書」 (電気、ガス、水道、固定電話※、NHKのいずれか1つ)
  • 社会保険料の「領収書」
  • 国税、地方税の「領収書」「納税証明書」

注意点として、発行年月日から6ヵ月以内のものに限ることです。

発行日から、6ヶ月以上過ぎているものは無効になってしまいます。

外国籍の場合、本人確認書類はどうなるか?

アコムでは外国籍の方でもキャッシングできます。

その際、本人確認書類として有効なのは、
「在留カード」または「特別永住者証明書」です。

それとあわせて、「外国人登録証明書」を用意する必要があります。

マイナンバーの提出は必要か?

マイナンバー制度が導入されたことにより、
様々なサービスで提出を求められることが増えてきましたよね。

結論からいうと、アコムではマイナンバーの提出は必要ありません。

ただし、本人確認書類や収入証明書にマイナンバーが
記載されていることもあるかと思います。

その際、隠す(塗りつぶす)など、写らない状態にして提出するようにしましょう。

収入証明書に関して

アコムでは以下の場合、収入証明書が必要になります。

①50万円を超える借り入れをする場合
②他社を含めた借り入れ合計が100万円を超える場合

他社を含めた借り入れ合計が100万円を超える場合というのは、
例えば、カードローンA社で30万円、カードローンB社で40万円借りしているとしましょう。

この場合、他社合計は70万円です。

このときにアコムで50万円借入れしようとした場合、
合計120万円となりますので、収入証明書が必要になります。

つまり、他のカードローンとアコムでの借入れ合計が100万円を超えるときは、
収入証明書が必要になるということですね。

逆に50万円以下の借入れや、他社を含めた借入れ合計が100万円以下の場合、
アコムでは収入証明書が不要となります。

では、収入証明書として有効な書類はどれかというと、
以下の書類になります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 給与明細書(直近1ヵ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

市民税・県民税額決定通知書と所得証明書は市区町村役場によって、
書類の名称がことなる場合があります。

そのため、分らないときは市区町村役場で確認してください。

個人事業主、学生の収入証明書はどうなるか?

個人事業主の場合、市民税・県民税額決定通知書か所得証明書を提出しましょう。

これらを役場で発行してもらい、提出することになります。

学生の場合、アルバイト先の源泉徴収票か給与明細書でOK。

仮にない場合、アルバイト先に相談すれば発行してもらえます。

その際、「キャッシングするから」とは言いづらいかと思いますので、
「クレジットカードを作るので」とでも言っておくのがおすすめです。

まあ、学生アルバイトがキャッシングする場合、年収が低いから、ほとんどの場合、収入証明書は必要にならへん。なぜかというと、アコムのような消費者金融には総量規制いう法律がある。

アコムに必要書類を提出するにはどうすればよいの?

アコムで必要書類を提出するには契約方法などによって違ってきます。

では、それぞれケースの提出の仕方について解説していきましょう。

インターネット申込の場合

ネットから申込んだ場合、書類はスキャナや携帯電話・スマホのカメラなどで、
PCに画像化してUPすればOK.。

アップロード先は、申込み時に記載されているページになります。

アコムの店頭窓口やむじんくんで申込をする場合

店頭窓口や自動契約機のむじんくんで申込をするときは、まず必要書類を持参しましょう。

店頭契約の場合はそのまま提出すればOK。

むじんくんの場合は、画面の指示にしたがって提出することになります。

音声ガイダンスで作業工程を指示してくれますので、
その通りにむじんくんに必要書類を読み込ませてください

アコムナビならもっと手軽に提出できる

アコムには「アコムナビ」というアプリがあります。

このアプリには書類提出機能があり、必要書類を
スムーズに提出することができるんですね。

提出方法はとっても簡単です。

アコムナビで書類をそのまま撮影すれば、自動的にアップロードしてくれます。

その他にもアコムナビには、以下の便利な機能があります。

  • 申込や借入、返済方法が動画で確認できる
  • 月々の返済計画の確認が出来る「ローン計算」
  • GPS機能で近くのアコム店舗・ATM、セブン銀行ATMが探せる

アコムナビは「Google Play ストア」や「iTunes」で、無料でダウンロードできますので、ぜひ有効活用しましょう。

アコムのクレジットカードを作りたい場合、必要書類はどうなる?

ACマスターカードのスペック
発行費用 無料
年会費 無料
限度額 300万円(ショッピングとカードローンの合計上限は500万円まで)
実質年率 10.0%~14.6%

アコムには「ACマスターカード」というクレジットカードがあります。

ACマスターカードは年会費無料で、ショッピングだけでなく、
もちろんキャッシング機能もつけることが可能です。

最大の注目ポイントは実質年率10.0%~14.6%なこと。

アコムの実質年率は3.0%~18%ですので、
ACマスターカードでキャッシングしたほうが金利が低いんですね。

そんなACマスターカードに申込む場合の必要書類ですが、
これはアコムと変わりありません。

本人確認書類として有効なのは

  • 運転免許証
  • 健康保険証(運転免許がない場合)

収入証明書として有効なのは

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 給与明細書(直近1ヵ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

となっています。

本人確認書類の住所が申し込み住所と異なる場合の必要書類や、
マイナンバーが不要なことも同じです。

収入証明書に関しても、限度額50万円を超える・他社との合計100万円を超える場合、
必要になることは同じです。

アコムの限度額を増額したい場合は、収入証明書の提出だけで大丈夫!

アコムの限度額を増額したい場合、基本的に収入証明書の提出だけでOKです。

消費者金融の場合、年収の1/3を越える貸付をしていけない法律がありますので、
増額の審査の際に年収を確認する必要がありますので、収入証明書の提出しなければならないのです。

増額すると金利は下がるの?

結論からいうと、増額すると金利は下がる傾向にはあります。

これについては「利息制限法」について知っておくとよいでしょう。

利息制限法とは、その名のとおり上限金利を規制する法律で、
決められた上限金利を超える利息分については無効になるというものです。

利息制限法によって定められた上限金利は以下のとおり。

10万円未満  年20%
100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

アコムのような消費者金融の場合、利息制限法いっぱいの金利になることが多いのです。

アコムの金利は3.0%~18%ですので、
増額しても100万円までだと最高金利の18%付近になってしまいます。

100万円を超えてからやっと下がりはじめるという感じなんですね。

ただし、アコムは消費者金融ですので総量規制が存在します。

年収の1/3しか借入れできないため、増額によって金利を大きく下げるのは、
現実的にむずかしいでしょう。

アコムの審査に必要な書類についてのまとめ

それでは今日のまとめにいってみましょう

  • アコムの審査に必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書」
  • 収入証明書は限度額50万円を超えるとき、他社との合計100万円を超えるときに必要
  • 必要書類の提出方法は契約方法によってことなる
  • ACマスターカードはアコムで直接借りるよりも低金利でお得。
    必要な書類と条件はアコムとおなじ。
  • アコムで増額したい場合は収入証明書を提出するだけでOK。

いかがでしたでしょうか?
アコムの必要書類についての迷いが晴れたかと思います。