プロミス

プロミスの審査で必要書類は? 必要なものは本人確認書類と収入証明書

プロミスの審査に必要な書類について解説します。

審査に必要なものは「本人確認書類」と「収入証明書」になります。具体的に何が書類に当てはまるのか、提出方法についてもご説明します。ぜひご覧ください。

本人確認書類で申し込めるケース

まず、プロミスで借入を行う際、本人確認書類のみで申し込めるケースは、

    • 希望借入金額が50万円を超えていない
    • 希望借入金額と他社借入金額の合計が100万円を超えていない

上記2点を満たす場合には、本人確認書類のみの提出でキャッシング申込が可能です。

現在他社から借入をしている場合には、総借入残高がいくらなのかを確認したうえで、新たにキャッシングする希望金額は、合わせて100万円を超えないように設定すれば、
本人確認書類のみで申込が可能です。

本人確認書類として使用できる身分証明書は以下のようなものです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票
  • 顔写真付きのマイナンバーカード

いずれかの本人確認書類を用意すれば、印鑑や保証人、担保などは不要で申込が可能です。

運転免許証を持っていない人は、
●WEB契約、店頭窓口や自動契約機で契約する場合には、「パスポート」or「健康保険証」+住民票
●郵送で契約する場合には、「パスポート」or「健康保険証」のコピー
を用意しておきましょう。

本人確認書類以外が必要なケース

次に、プロミスで借入を行う際、本人確認書類以外の書類が必要になるケースを紹介します。

本人確認書類と現住所が異なる場合に必要な書類

本人確認書類に記載されている住所と、現在の住所が異なる場合には、本人確認書類とあわせて、現住所がわかる別の書類のコピーが必要です。
実際に現在住んでいる場所を証明できるものがないと、郵便物の送付ができない、住所が一致せず審査落ちになるなどの可能性があります。
住所くらい大丈夫と思い、申告しない場合には「虚偽の申告」とみなされます。
異なっている場合には、現住所が証明できるほかの書類を用意しましょう。

  • 国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書または請求書
  • 公共料金の領収書または請求書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

などです。いずれも発行日から6カ月以内のものを用意しましょう。

50万円を越える借り入れを希望する場合に必要な書類

プロミスの借入で借入希望金額が50万円以上の場合には、本人確認書類以外にも収入証明書の提出が必要です。

プロミスでは、最高500万円まで借入可能ですが、誰もが500万円まで借入可能というわけではありません。

なぜなら、消費者金融では貸金業法により、借入総額が年収の1/3までと決められており、貸付上限額の設定を個人の年収で判断するからです。

その判断材料として、収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書の種類は以下です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2カ月+1年分の賞与明細書)

いずれも最新のものを用意しましょう。
また、過去にプロミスを利用したことがある場合、収入証明書類が発行から3年以上経過している場合には新たに提出する必要があります。
さらに、勤務先に変更があった場合にも新たに提出が必要です。

希望借入額と他社借入残高の合計が100万円を越える場合に必要な書類

すでに他社から借入している金額と新たに借入したい希望金額の合計が100万円を超える場合には、本人確認書類のほかに収入証明書の提出が必要です。

この場合、前述した、「総量規制」により、ほかの消費者金融からすでに借入がある場合、新たに借入する金額を合わせて、年収の1/3を超えていないかどうかを慎重に審査をする必要があるのです。

消費者金融ではこの法律に違反すると、営業停止処分になる可能性も十分にあります。
そのため、
他社からの借入金額と新たに借入する希望金額の合計が100万円を超える場合には、50万円以上の借入を希望する場合と同様に、以下の収入証明書が必要です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2カ月+1年分の賞与明細書)

こちらも、いずれも最新のものを用意しましょう。

プロミスのHPには詳しく下記のように記載されています。

源泉徴収票
ご提出日が、1月1日から2月末日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
ご提出日が、3月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの

確定申告書
証明年度が前年分のもの
※ご提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年分のものも受付可能です。

税額通知書・所得(課税)証明書
所得(課税)証明書は「収入額」と「所得額」の記載があるもの
ご提出日が、1月1日から6月30日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
ご提出日が、7月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの

給与明細書
《直近1年間に賞与がないお客さま》  直近2ヶ月分
《直近1年間に賞与があるお客さま》  直近2ヶ月 + 1年分の賞与明細書
※現在のお勤め先での収入について記載のものをご準備ください。

引用:プロミス「収入証明書類ご提出のお願い」

個人事業主の場合に必要な書類

基本的には50万円以下の借入をする場合には本人確認書類のみの提出でOKですが、個人事業主の人が借入を行う場合には、少額の借入であっても、収入証明書や営業許可証などの提出が必要です。

●収入証明書

  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書

●事業実態を疎明する書類

  • 営業許可証(有効期限内のもの)
  • 受注書、発注書、納品書、請求書、領収書、報酬明細を明らかにする書類等(発行日が直近1年以内のもの)

外国籍の人が必要な書類

プロミスでは外国人の方も借入可能です。契約するためには以下の条件を満たしている必要があります。

    • 日本語の読み書きが一般会話レベルで可能
    • 日本での中長期滞在者、もしくは、永住権がある

また、これらの条件を満たしている場合にも、さらに下記の書類の提出が求められます。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

契約は全て日本語で行われるため、日常会話レベルの日本語力が必要です。
言葉が通じないことには返済してもらえるかわからないと判断し、借入不可となるようです。

反対に、条件を満たしていれば、外国人の方も年収の1/3までは借入することが可能です。

ここまで、プロミスで借入を行う際に必要な書類について紹介しました。

注意点としては、
・本人確認書類は有効期限内のもの
・本人確認書類と現住所が異なる場合に提出する書類に関しては、発行から6カ月以内のもの
・収入証明書類は最新、直近のもの

に限るということです。

古い書類の場合は、収入証明と見なされず無効になってしまうこともあるのでどの書類も直近に発行されているものを提出するようにしてください。

また、平成28年に施行されたマイナンバー法の規定により、個人確認書類、収入証明書類で個人番号(マイナンバー)が記載されているものに関しては、黒く塗りつぶすなどして見えないように加工して提出するようにしましょう。

プロミスの審査に必要書類の提出方法

プロミスで申込後、本人確認書類や収入証明書類の提出方法は、
◯WEB
◯店頭窓口
◯無人契約機
◯郵送
などの方法があります。

なかでも今回は、WEBからの申込と、店頭窓口、無人契約の来店での申込について、必要書類の提出方法を紹介します。

WEB契約の場合

WEBからの申込であれば、24時間365日いつでも可能です。

パソコン、スマートフォン、携帯電話から申し込むことができる、プロミスの「WEB完結」や「WEB契約」で、必要書類を提出する場合は、
プロミスのホームページより新規申込もしくは会員ログイン画面から申込方法を「WEB申込」の項目を選択します。
必要事項を入力し、送信すると一次審査が行われます。
一次審査完了後に希望連絡先にプロミスの審査担当者から電話がかかってきて、審査に必要な残りの項目について聞かれます。
その後、WEB契約の場合には、必要書類をスキャナで画像化したものや、スマートフォン、携帯電話のカメラ機能で撮影したものを、
プロミスの指定のメールアドレス、もしくは、公式ホームページの会員ページのログインし、必要書類をアップロードして提出します。

また、スマートフォンの場合は、プロミスのアプリをダウンロードしておくと、アプリ内から必要書類の画像をアップロードして送ることが可能です。

来店契約の場合

来店契約には、有人店舗や無人契約機での申込方法があります。

有人店舗の場合

近くのプロミス有人店舗で直接申し込む場合には、来店するときに必要書類を持参しておくと契約がスムーズです。
受付時間は平日の10:00〜18:00です。
書類の提出とともに、審査に必要な項目を店頭スタッフに質問され、審査となります。

無人契約機の場合

プロミスの自動契約機や、三井住友銀行ローン契約機から書類を提出する場合には、必要書類を持参し、タッチパネルの案内に従って、
自動契約機に設置されているスキャナで読み取ります。スキャンした画像は自動的にプロミスのサービスセンターに送られ、確認されます。
スキャンした後の書類は、置き忘れないように気をつけましょう。

無人契約機で申し込みを行うときには、あらかじめWeb上から申し込みと、
必要書類の提出をしておくほうが楽です。

そうすることで、自動契約機に入ってから細かい契約内容を入力する作業が省かれ、
必要書類を持参していかなくても済むからです。

増額審査の時にも書類が必要なの?

融資限度額を増額したい場合には、これまでの使用状況や返済状況、増額して年収の1/3以上にならないかなどの審査があります。

そのとき、下記に該当する場合には書類の提出が必要です。

    • 希望借入金額が50万円を超える場合
    • 他社借入金額と希望借入金額を合わせると100万円を超える場合

その場合、書類は

  • 源泉徴収票 (最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2カ月+1年分の賞与明細書)

のうちいずれか1点が必要です。

急ぎでお金が必要な場合は、事前に書類を準備するべし

プロミスの審査に必要な書類は「本人確認書類」「収入証明書類」、その他証明書類等です。

本人確認書類の提出は必ず行わなければいけません。

収入証明書類に関しては、借入額が50万円を超える場合、他社との合計が100万円を超える場合に必要です。

必要書類の提出は郵送することもできますが、WEB上から行うのがおすすめです。
郵送ですと到着するまでに時間がかかってしまいますが、
WEB上から送信してしまえば、審査の時間も短縮されます。