レイクALSA

レイクALSAが総量規制対象?それとも対象外?押さえておくべきルールとは

いまや「総量規制」と聞くと、「年収の1/3以内…」というキーワードが連想されるほど、総量規制の事を知らない人は少なくなっています。たしかに、総量規制は年収の1/3を超えて借り入れが出来ない、というルールの事を指しますが、その取り決めが行われた経緯や、細かなルールまでご存知の方は少ないのではないでしょうか?

今回はそんな方の為に、レイクALSAのカードローンを例にして、総量規制の細かなルールや注意点などをご紹介したいと思います。総量規制の事をしっかり理解して、レイクALSAのカードローンや各種ローンを利用しておかないと、急に借り入れができなくなったり、新たなローンが申し込めなくなったりする事態にもなりかねません。今回お届けする記事が、今後の参考になればと思います。

レイクALSAが総量規制対象?それとも対象外?おさえておくべき3つの事

まず最初に、総量規制の基本知識からご紹介していきましょう。総量規制のルールが出来た経緯、そして意外に知られていない総量規制の対象になるローンと、そうでないローンの見分け方などにも触れていきたいと思います。

法律で決められたルール「総量規制」

まず「総量規制」の基礎知識からです。総量規制は、貸金業法という法律の中で決められたルールになっています。ここで、貸金業法の文面をご紹介します。普段見慣れない文言が並んでいますので、少し難しいかもしれませんが、おおよそのニュアンスはご理解いただけるかと思います。

<貸金業法 第13条2項抜粋>
(過剰貸付け等の禁止)
第十三条の二  貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。
2  前項に規定する「個人過剰貸付契約」とは、個人顧客を相手方とする貸付けに係る契約(住宅資金貸付契約その他の内閣府令で定める契約(以下「住宅資金貸付契約等」という。)及び極度方式貸付けに係る契約を除く。)で、当該貸付けに係る契約を締結することにより、当該個人顧客に係る個人顧客合算額(住宅資金貸付契約等に係る貸付けの残高を除く。)が当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額をいう。次条第五項において同じ。)を超えることとなるもの(当該個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるものを除く。)をいう。

この文面からわかる事は、主に以下のふたつです。

    • 総量規制は過剰貸付を防止する目的で制定された事
    • 総量規制は、年収の1/3を超えて貸付ができないルールである事

総量規制が完全施工されたのは、今から約7年前の「2010 年 6 月」です。それまで大手消費者金融各社は、TVのCMを過剰に流し続け、収入のない方や、複数の債務を抱える人にも、非常に高金利で融資をしていました。その結果、多重債務者や自殺者などが多発するようになり、世論でも問題視されるようになっていました。

そこで、それらの改善策を考えた国は、国会でもその問題を審議し、2010年6月に貸金業法を改正して、過剰な貸付を禁止する法律を作ったという訳です。ちなみに、その法改正のときには、利息制限法の上限金利の改定や、カードローン利用者の返済能力を、信用情報機関への照会により必ず確認する事が義務付けられるなど、様々なルールが改正されました。

尚、もし貸金業者がこれらのルールを破り、過剰な融資を行った場合、法律上は貸金業登録業者の取り消しや、一時的な営業停止などの処分が下されることになります。以下はその部分が書かれた貸金業法の条項の一部です。

<貸金業法 第二十四条の六の四 抜粋>
(監督上の処分)
第二十四条の六の四  内閣総理大臣又は都道府県知事は、その登録を受けた貸金業者が次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該貸金業者に対し登録を取り消し、又は一年以内の期間を定めて、その業務の全部若しくは一部の停止を命ずることができる。

総量規制の対象になるローン・ならないローンとの違い。レイクALSAは対象?

前項では総量規制の基礎知識について、おさらいをしました。では次に、総量規制の細かなルール、特に総量規制の「対象」「対象外」のルールについて、細かく確認していきましょう。特に今回例に挙げたレイクALSAのカードローンは、総量規制の対象なのかどうかも確認していきたいと思います。

総量規制に少し詳しい方なら、「住宅ローンは総量規制の対象にはならない」という事はご存知かと思いますが、総量規制には住宅ローンのほかにも対象外となるローンがたくさんあります。(以下に記載するローン以外にも、対象外になるものがありますが、今回は一般的なローンに限ってご紹介します)

<総量規制の対象外となるローン>
■除外(※1)とされるもの
住宅ローンやリフォームローンなど。
マイカーローン
高額医療費を支払うために借りたローン
証券ローン
不動産担保ローン
不動産購入時に利用するつなぎ融資
手形(融通手形を除く)の割引
金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
■例外(※2)されるもの
一般的なおまとめローン・借り換えローン
緊急の医療費の貸付け
10万円以下3ヶ月以内の返済等の緊急貸付
配偶者信用貸付ローン(本人と配偶者の年収を合算してその1/3以内で借りるローン)
個人事業者に対する貸付け
参考URL 日本信用情報機構 貸金業法について
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

※1除外…除外貸付けは、総量規制の対象とならない貸付けの事。借入残高が年収の3分の1を超えていても借入れすることができる。また、その残高も総量規制の借入残高には加算されない。
※2例外…借入残高が年収の3分の1を超えていても、例外的に借入れすることができるローンの事。借り入れはできるものの、その残高は総量規制の借入残高に加算される。

しかし、上記の表だけでは「レイクALSAは総量規制の対象になるのか、ならないのか…」という事はわかりません。たしかに上記では明記はされていませんが、レイクALSAのカードローンは、総量規制の「対象外」となります。そもそも総量規制は消費者金融などの業者を規制する為に制定された法律です。しかしレイクALSAは一見消費者金融業者と見間違えますが、実はレイクALSAを運営しているのは「新生銀行」です。したがって、レイクALSAのカードローンは消費者金融業者が運営しているものではないので、貸金業法の規制を受けないという事になります。その為、レイクALSAは総量規制の対象外という事になるのです。しかし、貸金業法の規制を受けないからといって、無理な融資が行われるかというと、そうではありません。この点については、この後触れていきます。

レイクALSAが総量規制対象外なら、年収の1/3を超えてもOK?

ここまでの説明で、レイクALSAは銀行カードローンなので「総量規制対象外」である事はご理解いただけたかと思います。では、レイクALSAのカードローンが総量規制外…という事は、年収の1/3を超えての借り入れができるなど、大きな限度額で融資をしてもらうことは可能なのでしょうか?

確かに、レイクALSAのカードローンは総量規制対象外ですので、法律上は年収の1/3以内というルールからは外れます。しかし、レイクALSAも利用者の返済能力をしっかりチェックしてうえで、融資を行いますので、通常年収の1/3を大きく超えて融資をするという事はありません。

銀行などが融資の限度額を設定するときに、審査をするポイント。それは「返済比率」という数字です。この返済比率は、年収のうち借金の返済に充当される金額が占める割合の事を指します。例えば、年収300万円の方が、年間に100万円のローン返済をしているとしたら、年間返済額100万円÷年収300万円ですから、返済比率は33%という事になります。一般的には、生活に無理なく返済が行える返済比率の目安があります。それは25%~多くても30%程度と言われています。

ちなみに、この借金の返済額には、消費者金融カードローンや銀行カードローン以外のローン返済も含みます。例えば住宅ローンやマイカーローンを毎月返済している場合は、それらも合算して返済比率を出します。以上の事から、レイクALSAのカードローンは総量規制対象外ですが、この返済比率を考慮して限度額が決められる為、無茶な融資は行われない事がわかります。尚、一般的なケースとして。レイクALSAとのカードローン契約が始めての場合の融資限度額は、年収の10%~15%程度が設定されるケースが殆どです。

こうやって見てみると、総量規制の対象外になるローンは意外にあるもんやな。せやけど、対象外のローンでも借り入れはできるものの、

総量規制にはカウントされるローンもあるから気をつけんとな

レイクALSAの審査と総量規制の関係

前項では、総量規制の基本的な知識について、ご紹介しました。ここからは、実際に他社カードローンの借り入れがある方が、レイクALSAの申込みをする際の注意点などについても、触れていきたいと思います。

総量規制対象の他社カードローンに借り入れがある場合、レイクALSAの審査は通るか?

では、実際のところ、消費者金融カードローンなどの総量規制の対象となるカードローンを利用している人が、レイクALSAに申し込んだ場合、どんな審査が行われて、審査通過にはどんな条件があるのでしょうか?

レイクALSAの申込みをした場合は、審査が行われ、皆様ご存知の通り信用情報機関へ情報照会が行われます。その時に、申込者が契約している全てのローンの契約内容・借り入れ残高・返済状況などが全てわかる仕組みになっています。まず、そこでレイクALSAの審査通過に影響してしまうのが、以下の3点です。

    • 他社カードローンの借入額が多く、既に年収の1/3程度まで借りている。
    • 他社カードローンの返済を度々延滞している。又は、3ヶ月程度延滞している。
    • 同時に、他社カードローンを何社も申し込んでいる。

実際のところ、申し込んでみないと審査結果はわかりませんし、自分では「審査通過は難しいかも…」と思っていても、意外にも審査通過するケースはいくらでもあります。

しかし、上記のケースで最もやってはいけないのが、他社返済を延滞する事です。通常、1度や2度、1日程度の返済遅延であれば、それほど問題視されませんが、返済期日を3ヶ月過ぎても返済しなかったりすると、それは事故情報として登録される事になります。常識的に考えても、そんな延滞をする人に、レイクALSAは新規融資は行いません。

また、レイクALSAの審査通過が心配なあまり、同時にカードローンを何社も申し込むのもやめておきましょう。信用情報機関への照会時には、カードローンの「申込み履歴」も全てわかるようになっています。もし、そのような事実がわかった場合は、レイクALSAの審査担当者はあまり良いイメージは持ちません。「この人はカードローンを複数契約しないといけないほど、自転車操業に陥っているんだな」という判断をします。したがって、同時にカードローンを申し込むのは、基本的に1社まで。多くても2社程度にしておきましょう。ちなみに、申込み履歴だけなら、6ヶ月経過すれば信用情報機関の履歴は消去されますので、新たにカードローンを申し込む場合は、前に申し込んでから6ヶ月経過したら行うようにしたほうが無難です。

他社カードローンを過少申告してもバレない?

他社カードローンを利用していて、レイクALSAを申し込む場合、注意しないといけないポイントがもう一つあります。それは「申込時に記載する他社借入額を過少申告しない」という事です。

レイクALSAのカードローンを申し込む際には、他社借り入れ件数と金額を入力する必要があります。しかし、他社カードローンの借り入れが多い方などは、審査落ちを心配して、他社借入額を正直に入力せずに、過少申告するケースがあります。しかし、このような虚偽の申告は、後々の信用情報機関への情報照会で全てバレてしまいます。こうなるとレイクALSAの審査時の印象もとても悪くなり、信用も失ってしまいますので、絶対に申込み内容は正直に、正確に入力する事が大切です。

総量規制対象外のレイクALSAなら、専業主婦でも審査突破できる?

レイクALSAのカードローンの申込み条件は、20歳以上で安定した収入がある事、となっています。では、収入のない専業主婦の方は、レイクALSAのカードローンは利用できないのでしょうか?

実は、レイクALSAの商品概要書・ホームページにはこのあたりの情報は明記されていません。しかし、過去の事例などを見てみると、配偶者に収入がある場合などは、専業主婦でもレイクALSAの審査に通っています。他社銀行のカードローンでも、専業主婦が申し込める商品はありますので、レイクALSAも申込みは出来ます。実際のところは審査次第という部分も否めませんが、もし収入のない主婦の方で、レイクALSAのカードローンに興味をお持ちなら、申し込む前に、レイクALSAに相談される事をおすすめします。

カードローンの申込み時には、情報は正確に・正直にっちゅうのが鉄則やぞ。誤入力もぜったいやったらあかん。

すいません入力間違いでしたって言うても、故意でやったのかどうかなんてわからへんからな

覚えておきたい、最近の総量規制事情

総量規制が完全施行されてから、今年で7年目になりますが、実は最近総量規制を取り巻く情勢も変わりつつあります。多重債務者を発生させない目的で施行された貸金業法の改正ですが、実際のところはどのような結果が出ているのか?また、今後の法改正の可能性についても、少し触れていきたいと思います。

総量規制とは別の規制が始まるって本当?

前項でも、レイクALSAのカードローンは銀行カードローンの為、総量規制の対象外になるという事はお伝えしてきました。実は、最近この「総量規制対象外」のカードローン利用件数が、非常に伸びており、ついには消費者金融の利用額を超えてしまっているのです。たしかに、2010年の6月以降、消費者金融の上限金利は引き下げられ、過剰な融資は行われなくなった為、消費者金融カードローンを利用する方は昔よりは減りました。しかし、その一方で銀行カードローンがCMなどにも力を入れはじめ、消費者金融よりも低い金利で融資を行って、どんどん契約者を伸ばしているのです。

具体的な数字で言うと、少し前のデータになりますが、ノンバンクの消費者向けカードローン貸付残高は、2005年度末の17兆6399億円から、2015年度末に4兆4438億円まで減少。これに対し、銀行のカードローン貸付残高は、2016年末には、5兆4377億円となり、直近5年間で1.6倍に成長し、ついには消費者金融カードローンの貸付額を超えるようになりました。

また、時を同じくして、個人の自己破産の申請も2016年に前年比1.2%増の6万4637件となり、13年ぶりに増加しているという現状も垣間見れます。
参考URL http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021001070&g=eco

以上の背景から、最近金融庁は、改めて銀行カードローンの貸付状況などの調査に乗り出しているようです。その結果、カードローンCMを自粛する大手銀行も現れました。
日経新聞参考記事
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC28H2N_Z20C17A4EA3000/

今後レイクALSAの審査は厳格化されるか?

尚、今のところレイクALSAの審査が厳しくなったとか、新たな総量規制以外のルールが発令されるなど、具体的な情報はありません。しかし、今後同じ状況が続く限り、銀行カードローンも審査基準が変わったり、銀行を取り巻く新たな規制が始まる可能性も出てくるでしょう。逆に言うと、まだそのようなルールが新たに制定されていない今なら、レイクALSAを申し込んで審査突破できるチャンスなのかもしれません。

総量規制の法令が決まったときは、銀行は個人融資にあんまり力を入れてなかったからな。だから総量規制のときも、銀行は対象にならんかったんや。

でも今や消費者金融と比べて、銀行のほうが融資残高を増やしとる。なんか変な感じやのぉ…

レイクALSAの契約中も注意しておこう。年収・他社借入れ・限度額の関係

最後に、レイクALSAのカードローンを申し込んで利用している間でも、注意しておくべきポイントがいくつかありますので、ここでそれらをご紹介していきましょう。

総量規制対象外のレイクALSAなら、契約後いつでも増枠可能?

ここまでの解説で、レイクALSAのカードローンは総量規制対象外であるという点は何度もお伝えしてきました。では、総量規制対象外のローンであれば、年収に関係なく限度額の増枠などはいつでも可能なのでしょうか?

実は、レイクALSAのカードローンの限度額を増枠してもらう為には、いくつかの条件をクリアする必要があります。いかがその主な条件となります。

    • レイクALSAのカードローンを最低でも6ヶ月以上利用している事
    • 定期的な借り入れと、確実な返済をしている事
    • 他社カードローンの借り入れが増えていない事、さらに自分の年収が増えている事(もしくは減っていない事)

以上の条件をクリアしているのであれば、一度レイクALSAへ電話をしてみて、増枠希望の旨を伝えてみてください。増枠には新たに審査が必要になってきますが、審査で問題なければ、すぐに限度額が増枠され、金利も低く設定されます。

総量規制対象外でも収入証明書の提出が必要なケースとは?

レイクALSAの場合、新規カードローンを申し込む際には、基本的には収入証明書の提出を求められます。しかしこれも限度額によりますので、一般的には50万円以下の借り入れなら、収入証明書の提出は求められないこともあるようです。しかし、これも利用者の審査結果によります、たとえ少額の借り入れでも、収入証明書の提出は「原則必要」となっていますので、いつでも求められたら提出できるように準備しておきましょう。尚、レイクALSAで認められている収入証明書は以下の通りです。

    • 源泉徴収票
    • 住民税決定通知書
    • 納税通知書
    • 所得(課税)証明書

また、申込時に収入証明書の提出をしている・いないに関わらず、レイクALSAのカードローンを利用している途中で、収入証明書の提出が求められるケースがあります。先でも触れた通り、レイクALSAは総量規制対象外ではあるものの、利用者の年収・他社借入額などの状況を定期的に審査して、その人の返済能力にあった限度額を設定してきます。したがって、他社借り入れが増えた場合などは、改めて収入証明書の提出を求められたりする事があります。

突然レイクALSAの限度額を急に減らされる理由と対処方法

以上のように、レイクALSAは利用者の状況を定期的に確認しています。これは、消費者金融各社やクレジットカード会社も同じ事を行っています。この定期的な審査の事を「審査洗い替え」と言います。カードローン利用中でも、途中で年収が激減したり、他社借入れが急激に増えたりして、返済不能に陥る可能性がある為、お金を貸す側としては、定期的に利用者の返済能力を確認する必要がある、という訳です。

したがって、レイクALSAを利用中も、突然限度額が減らされたり、急に追加借り入れができなくなったり…というケースは発生しています。尚、このようなケースでは、限度額減枠の理由をレイクALSAに聞いても、明確には教えてくれません。恐らく「当社の判断によるものです」という答えしか返ってこないでしょう。尚、他社カードローンの延滞をしていないのに、突然のレイクALSAの借り入れが出来なくなった時には、恐らく年収に対する返済比率が問題となっているケースが殆どです。さすがに、この場合は、返済を続けて信用を回復するしか手段はありません。

総量規制が心配なら、おまとめローンを利用しよう

他社カードローンを複数利用している場合で、よく聞かれるのは「毎月の返済が厳しい」「毎月の支払日が各社マチマチなので、管理が大変」という声です。このように、他社カードローンを何社も利用している場合、是非検討していただきたいのが「おまとめローン」です。一般的には「借り換えローン」とも言います。おまとめローンは、一般的なカードローンとは異なり、追加借り入れが出来ないというデメリットがある一方で、金利が低い事や返済専用のローンであるが故に、完済までの道のりが早くなるというメリットもあります。

おまとめローンは、消費者金融各社や大手銀行が取り扱っていますが、残念ながらレイクALSAはおまとめローンを取り扱っていません。しかし、先でも触れた通りレイクALSAの限度額増枠ができれば、他社借り入れも返済できますし、金利も低く設定してもらえます。もし、現在レイクALSAを6ヶ月以上利用しているなら、継続してきっちり返済を続けて、信用度をアップさせて限度額増枠を狙うのも一つの手段と言えるでしょう。

レイクALSAのカードローン利用中に、急に限度額が減らされるっちゅう話はたまに聞くぞ。その時には、事前に知らされたりはせんからの~。

ちょくちょく限度額を気にするようにしとかんとあかんで

まとめ レイクALSAの総量規制について

レイクALSA
審査時間 最短60分
融資時間 最短即日
実質年率 4.5~18.0%
限度額 500万円

今回は、総量規制の基礎知識について、またレイクALSAを利用している場合の総量規制の関係などについて、詳しくご紹介をしました。では、もう一度ポイントをおさらいしておきましょう。

    • 総量規制は貸金業法で決められたルールである。貸金業法で規制されるのは、消費者金融のカードローン。レイクALSAは新生銀行が運営するカードローンなので、総量規制対象外である。
    • レイクALSAは総量規制対象外だが、年収の1/3を大きく超えて融資される訳ではない、レイクALSAの審査時には、返済比率が重視される。
    • レイクALSAを利用している間も、定期的な審査が行われ、他社借り入れが増えていたり、年収が減っていたりすると限度額を減らされたりするケースがある。