レイクALSA

レイクALSAで延滞・滞納をしたらどうなる? 返済が遅れたときの対処法

いくらレイクALSAが利用しやすいからといって、返済をおろそかにしたり、ましてやレイクの返済を延滞する…などという事になれば、レイクはもちろんその他のカードローンの利用にも影響を及ぼしかねません。

今回は、そんな「レイクの延滞」に関する、様々な情報をお届けしたいと思います。レイクを延滞するとどんな情報が残るのか?また、実際に延滞しそうになった時や、支払いが厳しくなった時の対処方法に至るまで、レイクを利用するうえで、覚えておきたい情報をご紹介します。

レイクの延滞は信用情報機関に登録される?

まず、最初に覚えておきたいのが「レイクの支払いを延滞したら、信用情報に登録されるのか?」という点についてです。

まずは信用情報機関について理解しておこう

信用情報機関とは、どんな目的で設立されて、どのように利用されているのか?確認していきましょう。現在、日本国内で主に信用情報機関と言われているのは、以下の機関となります。

・(株)日本信用情報機構(JICC)https://www.jicc.co.jp/
主に消費者金融・信販系クレジットカード会社などの企業が加盟

・(株)シー・アイ・シー(CIC) http://www.cic.co.jp/
クレジットカード会社やローンを取り扱う銀行が加盟

・全国銀行個人信用情報センター  https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
銀行と銀行関連のクレジットカード会社が加盟

各々の信用情報機関が設立された目的についてですが、JICCのホームページには次のように記載されています。

JICCのHPから抜粋
「信用情報機関は、加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える機関です。消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。この確認を行うことで、会員会社は消費者の返済能力に応じた適切な信用供与が可能となり、過剰貸付などを未然に防ぐことができます。また、消費者は、自身が築き上げてきた「信用」に基づいた信用供与を必要な時に迅速に受けることができます。信用情報機関は、クレジット会社の健全な発展を支える社会インフラとしての役割を担っています」
JICC抜粋URL https://www.jicc.co.jp/whats/about_01/index.html

つまり、信用情報機関は、金融機関が利用者の信用度を確認する為の機関であるのと同時に、利用者が自分の信用度を証明できる機関でもある、という事です。

確かに、カードローンなどの申込みをする際には、自分の信用を対外的に証明する必要がありますが、その証明はなかなか個人単位では難しいのが現状です。
そんな時に、信用情報機関に登録されている情報を金融機関に示すことで、自分の信用度をアピールする事が可能になるのです。

信用情報機関には、当然ながら次の情報が登録されています。

    • カードローンやクレジットカードの契約状況(どの会社とどんな契約を結んだか?)
    • 各々の返済予定と返済状況(支払い期日と、最少返済金額。そして月々の返済状況)
    • 延滞や債務整理などの事故情報

では、実際にレイクを延滞した場合には、信用情報機関にどのように情報登録されるのか?次の項目で細かくご紹介していきたいと思います。

レイクを延滞した時は、どのように登録されるか?

レイクの支払い期日を守れずに、返済が遅延してしまった場合の実際の信用情報機関への登録内容について解説します。

まず、レイクの支払い期日を1日や2日程度遅れてしまった場合で、その後すぐに返済をした場合には、信用情報機関には「事故情報」としては登録されません。

しかしながら、レイクの毎月の支払い期日は信用情報機関にも登録されていますので、それらの期日を「守れなかった」という履歴は残ってしまいます。

1日や2日程度遅れて、すぐに返済を済ませるといった事は、誰にでもあるものですし、誰しも「ついうっかり」といった事は考えられます。
したがって、ほとんどの金融機関では、その程度の延滞であれば、事故情報として登録はしません。

基本的に、信用情報機関への事故情報の登録のタイミングは、消費者金融各社などの各金融機関の判断によりますが、実際には延滞してから3ヶ月間支払いがなければ、事故情報として登録する会社が殆どです。

また、そのような延滞情報は、今後の他社カードローンの申込み時にも影響を及ぼします。
レイクを延滞した後で、他社カードローンの申込みをしたとしても、他社は審査時の信用情報機関への情報照会時に、それらの延滞情報を確認するところとなります。
そうなると、他社カードローンの審査通過は難しくなりますし、場合によっては全ての他社カードローンの審査が通らなくなる、という事もあり得ます。

信用情報機関よりも怖い? 自社ブラックリストとは?

では、信用情報機関に登録された延滞情報は、どれくらいの期間残り続けるのでしょうか? 実は、カードローンを利用していて解約した場合や、延滞事故があった履歴などは、5年を超えない範囲で信用情報機関に残り続けます。例えば、レイクを延滞したけどすぐに返済して、レイクを解約した。といった情報も、5年間は残ります。

逆に言うと、そのようなネガティブな情報は、5年を超えると消える、という事になりますので、他のカードローンや住宅ローンを申し込む際には、延滞事故から5年後に申請すれば、ほとんどの場合は審査には影響しないという事になります。

しかし、実際のところは信用情報機関よりも気をつけないといけない情報登録があります。
それは「レイクの自社データベース」です。

信用情報機関の登録は、ある一定期間を過ぎると抹消されるというルールがありますが、レイクの自社データベースの取り扱い方法は、レイクの社内で決定されます。

場合によっては「レイクの支払いを延滞した」という情報は、レイク社内では永遠に残り続ける…といった可能性もあり得ます。

したがって、延滞してから5年後に、再びレイクの申込みをしても、審査に通らないという可能性は高いと言えます。

これは、なにもレイクのカードローンだけに限った事ではありません。
例えばレイクが信用保証している他社金融機関のローンが今後出てきて、自分がそのローンを利用する場合は、同じような結果になる可能性が出てきます。

心配なら自分で情報開示してみよう

ここまでお伝えしてきた「信用情報機関」ですが、もし自分の情報がどのように登録されているのか心配なら、自分の情報を開示してもらう事も可能です。

各々の機関によって開示依頼方法は若干異なりますが、郵送やパソコン、スマホからでも開示請求が行えます。
手数料は1,000円程度必要ですが、登録情報を全て見ることが可能ですし、勉強にもなりますので、是非興味のある方は是非開示請求をしてみてください。

<各信用情報機関の開示方法URL>

・(株)日本信用情報機構(JICC)の開示方法について
https://www.jicc.co.jp/kaiji/index.html・(株)シー・アイ・シー(CIC)の開示方法について
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

・全国銀行個人信用情報センターの開示方法について
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

まずは延滞しないように、“返済”について理解しておこう

次に、延滞について注意する前に覚えておくべき大切なこと、それは「返済についてもきちんと理解しておく」という事です。

レイクの場合、毎月の利息はどのように計算されるのか?また、毎月必要な返済金額の計算方法など、レイクへ問い合わせるまでもなく、まずは自分でもしっかり理解しておく事が重要です。

レイクの利息計算方法

レイクの利息計算は、残高スライドリボルビング方式と、元利定額リボルビング方式の2種類の中から選ぶ事が可能です。

しかし、一般的には「残高スライドリボルビング方式」の方式にて返済が行われます。この返済方法は「借入れ残高に応じて最少返済金額が決まる」というものになりますが、以下の表で毎月の借入れ残高と最少返済金額の関係がわかるようにまとめていますので、是非参考にして下さい。

借入れ残高 最少返済金額(金利15%~18%の場合)
1円~100,000円 3,000円
100,001円~200,000円 5,000円
200,001円~300,000円 7,000円
300,001円~400,000円 9,000円
400,001円~500,000円 12,000円
500,001円~600,000円 15,000円
600,001円~700,000円 18,000円
700,001円~800,000円 20,000円
800,001円~900,000円 23,000円
900,001円~1,000,000円 25,000円
借入れ残高 最少返済金額(金利12.0%超~15.0%の場合)
1,000,001円~1,200,000円 25,000円
1,200,001円~1,400,000円 29,000円
1,400,001円~1,600,000円 33,000円
1,600,001円~1,800,000円 37,000円
1,800,001円~2,000,000円 42,000円
2,000,001円~2,500,000円 52,000円
2,500,001円~3,000,000円 62,000円
3,000,001円~3,500,000円 72,000円
3,500,001円~4,000,000円 82,000円
4,000,001円~5,000,000円 100,000円

レイクの利息の基本的な計算方法についても、ここでご紹介します。レイクの利息は以下のように計算されます。

借入れ残高×借入利率(年率)×当該借入期間日数÷365

例えば、50万円を金利18%で、30日間借りた場合の利息で計算してみると、500,000円×18%×30日÷365=7,397 となり、利息は7,397円となります。

上記の表で見ると、借入れ残高が50万円の場合の最少返済金額は、12,000円ですから、おおよそ7千円が利息負担分、元金分が5千円という事になります。

無利息キャッシング中も返済は必要?

次に、レイクでは有名な「無利息キャッシング」を利用している場合の注意点です。レイクでは、レイクとのカードローンの契約が初めての場合、「30日間無利息」と「最初の5万円の借入れ分が180日間無利息」という、二つの無利息キャッシングを利用する事が可能になっています。

ここでついつい勘違いしがちなのは、「例えば180日間無利息なら、6ヶ月間は返済をしなくても延滞扱いにはならないのか?」という点です。

つい誤解しがちなこの点ですが、実は無利息期間であっても、毎月の返済は滞りなく行う必要があります。

もちろん利息はかかりませんので、返済額は全て元金に充当されますが、万一返済を怠った場合には延滞扱いとなりますので、注意して下さい。

さらに言うと、無利息期間中に万一返済が滞った場合には、その時点で無利息期間は終了しますので、合わせて注意しておきましょう。

関連レイクURL http://lake.jp/faq/goods.asp

延滞した時に発生する遅延損害金とは?

レイクを延滞してしまった場合、利息とは別に支払うべきお金が発生します。
それが「遅延損害金」というものです。

遅延損害金とは、お金を貸し借りする場面では、必ず設定されるものですが、簡単に言うと「返済が遅れたときの損害賠償金」という概念のお金になります。

もし、そのような遅延損害金がなければ、返済が滞っても利用者は利息を負担するだけで済んでしまいます。
そうなるとお金を貸した側としては。たまったものではありませんし、そのようなケースが重なると、消費者金融の経営が破綻してしまうケースも出てきます。

そのような事を防ぐ為に遅延損害金というものが設定されています。遅延損害金の利率は各社により様々ですが、レイクの場合は「年率20%」で計算されます。例えば借入れ残高が50万円で、30日間延滞してしまった場合の遅延損害金は、以下の通りとなります。

借入れ残高50万円×遅延損害金利率20%÷365日×延滞日数30日=遅延損害金8,219円

また、この遅延損害金とは別で、通常発生する利息は当然支払う必要がありますので、その点も忘れずに覚えておきましょう。
・レイク商品概要URLhttp://lake.jp/cashing/condition.asp

延滞しそうになった時に覚えておくべき3つの事

ここまでで、信用情報機関・延滞・返済、に関する基礎的な知識をお伝えしてきましたが、では実際に返済に遅れそうになったら、どんな対応をすべきなのでしょうか?

返済が遅れそうになったら、まずは電話をする事が大切

できる事なら避けたい「レイクの延滞」ですが、意外にも1日や2日程度の返済遅延をしてしまう方も多いようです。
しかし、「みんなあり得る」という事で甘えていいという事ではありません。

レイクを延滞しそうになった時、また延滞をしてしまった時に、絶対にやってはいけない事、それは「レイクとの連絡を途絶えさせてしまう」という事です。

まず、延滞をしそうになったり延滞をしてしまったりした時には、真っ先にレイクへ電話をして、次の返済日の約束をするようにして下さい。
その後その返済日は必ず守る必要がありますが、そのようにきちんと連絡をしておけば、レイクから督促の電話もありませんし、いきなり督促状が送られてくるという事もありません。

しかし、レイクからの督促電話を無視したり、折り返しの電話もせずに連絡も返済も放置していると、通常であれば延滞し始めてから3ヶ月程度で督促状が届くようになります。

もちろんその間はレイクからの督促の電話が度々あります。場合によっては、自宅への訪問もあり得ますので、充分注意して下さい。

返済を忘れないようにする為の方法

レイクの支払いを忘れないようにする方法…。こればかりは「自分できちんと自己管理する」という以外に、とっておきの方法はありません。

しかし、レイクには便利な「メールお知らせサービス」というものがあります。

事前に登録しておくと、返済予定日の3日前にはメールで知らせてくれますし、万一返済を遅れてしまった場合でも、返済日後にメールで知らせてくれます。
簡単な手続きでメール登録が行えますので、是非以下のURLを参考にして下さい。

また、参考までにメールお知らせサービスで送られてくるメール文面は以下の通りになります。

尚、返済前と返済予定日後に送られるメールは、利用者のプライバシーを考慮して、基本的に同じ内容で送信されます。
明らかに「延滞ですよ」というメール文面ではありませんが、内容を見てログインすれば、各々内容がわかりますので、返済を遅れたりするリスクは少なくなります。

 <レイクのお知らせメールの例 事前のお知らせメール>
件名 【重要】レイクからお知らせメール内容
レイクより○○様へ、重要なお知らせがございます。詳細は、会員ページからログインしてご確認いただけます。
▼会員ページはこちら
http://lake.jp/mail/members.asp
※ログインし「ご返済予定日の登録・確認」へ
※本メールは、「メールお知らせサービス」にご登録いただいているお客さまにお送りしております。
※本ご案内は、メールの配信タイミングにより行き違いでご案内を差し上げる場合がございます。行き違いの場合は何卒ご容赦ください。
※年末年始など特別日には配信を停止させていただきます。
■□■会員ページからすぐできる返済方法をご紹介!■□■

≪登録するだけ!毎月自動引落し≫
▼Web自動引落しサービス http://lake.jp/mail/webrepay.asp
▼会員ページはこちらhttp://lake.jp/mail/members.asp

※本メールはシステム送信をしておりますので、ご返信いただけません。
※本メールにお心当たりのない方は破棄していただきますようお願い致します。
※配信停止はこちらhttp://lake.jp/xxxxxxxx
※配信停止処理まではメールが送られる場合があります。
■お問合せ
お客さま専用フリーダイヤル
0120-09-09-24
受付時間:9:00-18:00
※土・日・祝・年末年始除く
━━━━━━━━━━━━
レイク
http://lake.jp/
株式会社 新生銀行
東京都中央区日本橋室町2-4-3
━━━━━━━━━━━━

参考URL http://lake.jp/service/mail.asp

返済が遅れても次回支払日を約束すれば延滞にはならないの?

ここまでで、レイクの返済が遅れそうになったら「とにかく連絡して、次の返済日を約束する事が大切」という事をお伝えしました。

では、次回の返済日を約束して、その返済をきっちりしておけば、延滞扱いにはならないのでしょうか? 実は、残念ながら1日でも返済日に遅れるようなことがあれば、次回の返済日を履行したとしても、それは支払いの延滞として取り扱われます。

信用情報機関には「事故情報」としては残りませんが、指定された支払い期日は信用情報機関にも登録されていますので、その日に間に合わなかったという事実は残ってしまいます。したがって、やはり「毎月の返済日は必ず守る」という事はとても重要である事がわかります。

レイクの返済がどうしても厳しくなった時の対処方法

しかし、どれだけ延滞をしないように注意をしていたとしても、やむを得ない退職や、急な入院など、予測しえない事が発生するのは誰にも避けられません。

では、そんな不測の事態に陥って、レイクの返済が厳しくなったら、どんな対処をすれば良いのでしょうか?

利息だけの返済をしていたら信用情報機関に登録されるか?

まず、覚えておきたいのが、毎月の支払が厳しくなった場合は、とりあえず「利息だけの返済」を済ませておく、という方法があります。

レイクの場合は、前項でも触れた通り、毎月の利息と元金の返済額を含めた「最少返済額」という取り決めがあります。基本的には、その額を返済する事が望ましいのですが、実は利息分だけ返済しておけば、延滞扱いにはならず、信用情報にももちろん事故情報としては残りません。

したがって、「今月はどうしても支払いが厳しいから利息だけ返済しておこう」という事も可能なのです。

しかし当然の事ですが、利息だけを返済しても元金は全く減りませんから、完済までの道はさらに遠くなってしまいます。
余裕のある月には、随時返済などを利用して、積極的に追加返済をするようにする事を心がけましょう。

まずはレイクに相談する事が大切

それでも、レイクへの返済が厳しい場合…。この場合は、まずはレイクにその旨を相談しましょう。

たしかに支払いを免除してもらうことは不可能ですが、一時的に返済期日を30日間延期してくれたり(遅延損害金と利息は必要)、また毎月の給料日に返済日を設定して、余裕のある時に返済できるようにしてくれたりと、様々な相談や対応に応じてくれます。

いずれの場合も、いくら返済が厳しくなっても、大事なのは「レイクとの連絡を途絶えさせないこと」です。万一連絡がつかなくなってしまうと、レイクとしても督促状を送ったりせざるを得なくなるからです。
現在は法律で、暴力的な取立てを行ったりすることは禁じられていますが、それでも延々とレイクの支払いを延滞してしまうと、やがては督促状の発送→カードの強制解約→訴訟→差し押さえと、順番を踏んで厳しい方法で債務を回収される事になってしまいます。

それでも苦しいなら弁護士に相談しよう

ここまでご紹介した方法をとって、それでも支払いが苦しい場合…。
その場合は、やはり弁護士に相談するのがベストです。確かに弁護士費用については必要になってきますが、良心的な弁護士だと弁護士費用を分割で払えるようにしてくれたりするケースもあります。

弁護士に相談するメリットは、法律に詳しい人に処理をお願いできるという事以外にも、「督促が止まる」という点があります。

法律上、弁護士に債務整理をお願いし、弁護士がそれを受託した場合、債務の取立てなどは契約者本人へは行う事が出来なくなります。

したがって、督促の電話や督促状の送付などもピタリと止まりますので、精神的も安定して、債務整理に向けて一歩踏み出せることになります。

債務整理の方法は、将来発生し得る利息をカットして分割払いをしていく任意整理や、財産を処分して借金をゼロにする自己破産など、様々な方法がありますが、それらの方法で債務整理をしても、一生信用情報機関に情報が残るという事でもありません。

それらの情報は、内容にもよりますが最長でも10年で消えることになります。
したがって、どうしても返済が厳しいなら、弁護士に相談して一度債務をきっちり整理し、第二の人生を歩まれることを是非おすすめします。

レイクで延滞をしたときに大切なポイント

レイク
審査時間 申込完了画面に表示
実質年率 4.5~18.0%
限度額 500万円

以上、今回は「レイクの延滞」に関する記事をお届けしました。では、大切なポイントをおさらいしておきましょう。

    • ①レイクの支払い日に間に合わないと、基本的には信用情報機関への履歴は残ってしまう。しかし事故情報として残るのは、一般的に延滞後3ヶ月してからである。もし自分の情報が心配なら、情報開示も可能である。
    • ②レイクの延滞を心配する前に、返済についてもしっかり理解しておく事が大切。レイクは延滞すると遅延損害金も必要になるので、やはり一日でも返済に遅れないようにする事が重要
    • ③レイクの返済を忘れないようにする為には、メールお知らせサービスを積極的に利用する事と良い。
    • ④どうしてもレイクの支払いが厳しいなら、まずはレイクに相談する事が大切。それでも支払いが厳しいなら弁護士へ相談を。

以上、カードローンは確かに便利な面がたくさんある一方で、返済や延滞など覚えておくべきポイントもたくさんあります。今回ご紹介した内容を参考に、是非計画的に賢くカードローンを利用していきたいと思います。