アコム

学生はアコムでいくら借りられる? 限度額や必要なものについて

今回は学生の方がアコムでキャッシングする場合の注意点や、親バレなしでキャッシングするテクニックをご紹介します。

数あるカードローンの中で、アコムを選ぶ理由はどこにあるのでしょうか? それはズバリ「借りやすさ&返しやすさ」でしょう。

アコムなら、審査も最短30分で結果を知らせてくれますし、誰にも知られる事なくカードを受け取ることも可能です。さらに、30日間無利息キャッシングなど、大手消費者金融ならではのサービスも提供しています。

学生の方でも「急にお金が必要!」という事は必ずあります。親や友達にも相談できないお金の相談…。そんな時には是非アコムに相談してみてはいかがでしょうか?きっと頼りになりますし、学生の方でも親切に対応してもらえます。

学生でもアコムで借りられます

アコムでの詳しいキャッシング方法について、解説する前に、学生の方からよく聞かれる質問があります。

それは「学生でもカードローンは作れるのですか?」という質問です。

確かに、カードローンを利用しているのは社会人の方が殆どだと思います。

では、学生はアコムでのキャッシングは無理なのでしょうか?条件などを確認していきたいと思います。

学生でも借りられる人の条件

まず、学生でもアコムでキャッシングが出来るか?という質問ですが、答えは「可能」です。

但し以下の条件があります。

  • 1,20歳以上であること
  • 2,安定した収入があり、返済能力を有していること

アコムでカードローンを契約できる人の条件は、以上の二つしかないのです。学生は不可、という文言はどこにもありません。さすがに未成年の学生の方は、アコムの申込みは出来ませんが、収入があれば大丈夫という事です。

しかもここで書かれている「収入」とは、額が多い・少ないという事を問われている訳ではありません。

肝心なのは「安定しているか・していないか」という事なのです。アコムがお金を貸す相手として選ぶのは、「きちんと返してくれる人」という事になります。したがって、毎月定期的な収入があるかどうかが問われる訳です。

一方、「安定した収入」として認められないものもあります。例えば「パチンコやスロットなどでの臨時収入」や「たまに入ってくる原稿代」などは、安定収入としては認められないようです。

例え毎月5万円程度のアルバイトでもかまわないので、収入があれば学生の方でも申込みが可能です。

学生はいくらまで借りられるか

次に、学生がアコムでカードローンを契約した場合、いくらまで借りることができるのか?という点について考えていきたいと思います。

その前に、ひとつ覚えておかないといけない重要なポイントがあります。それは「総量規制」というキーワードです。

総量規制とは、消費者金融のカードローンを契約する際に適用されるもので「年収の1/3を超えての借入れが出来ない」という取り決めのことです。

学生が借りられる金額と、この総量規制は密接な関係があるという事です。

例えばアルバイトでの収入が毎月5万円とします。この場合、学生の年収は60万円という事になります。先で触れた総量規制は「年収の1/3を超えての借入れは出来ない」という事ですから、この場合は60万円÷3=20万円、つまりアコムで借入れができるのは、最大20万円までという事になります。

他社借入であってもアコムで借りられる

先に「総量規制」について簡単に触れましたが、さらに覚えておくべき点があります。それは、「総量規制は消費者金融の借入れ全てが対象になる」という事です。つまり消費者カードローンを数社契約している場合は、それらの借入れ全てが総量規制の対象になるという事なのです。

例えば…年収が60万円のAさんの例を考えてみます。

1,消費者金融A社から10万円借り入れている
2,消費者金融B社からも10万円借り入れている。
3,今回、アコムへカードローンの申込みを行った

以上のケースの場合、年収60万円に対して、既に20万円を借り入れている為、これ以上借りると年収の1/3を超えてしまいます。したがって、アコムの申込みをしても、審査通過は難しいと言えます。
逆に言えば、他社の借入れとアコムへの借入れ希望金額の合計が、年収の1/3以内であれば、アコムでの審査も通過する可能性が高くなります。

<豆知識>
総量規制の対象になるのは、消費者金融カードローンのみの借入れのみです。したがって、マイカーローンやクレジットカードでのショッピング利用などは、その対象にはなりません。ただ、実際の審査に通過するかどうかについては、申し込んでみないとわからないのも実情です。

「学生が利用するローンといえば、学生ローンとかあるけど、やっぱり大手消費者金融のほうがおすすめやで。

やっぱり知名度があるっちゅうのは、それだけ安心できる訳やし。

学生でもアコムを利用している人、案外多いみたいやから、検討してる人はいっぺん申し込んでみたらええと思うで~~」

アコムでのキャッシング 親にバレずに借りられるか

学生の方がカードローンを作る場合、一番不安な点、それは「誰にも知られずにカードローンを申し込めるか?」という事だと思います。

お金が必要、という時に、親や兄弟などに相談できれば良いのですが、実際のところは親に心配をかけたくない…という気持ちがあったり、チョット遊びでお金を使いすぎて、相談など出来ない…というケースも多いと思います。

アコムでのキャッシングが親にバレるか

まず、アコムのカードローンを申し込んだ場合、どのタイミングで親にバレる事があるのでしょうか?いくつかのケースを考えてみます。今回は各々の対策についてもまとめていますので、参考にしてください。

<親バレするケース その① 電話でバレる>

カードローンを契約すると、様々なタイミングでカードローン会社から電話がかかってくるケースがあります。例えば以下のケースです。

  • 審査の際の申し込み意思の確認や、入力情報の再確認
  • 返済が滞った時の督促電話
  • 借入れ限度額増額の案内

このような時に、自宅の固定電話など、親が出るかもしれない電話番号を登録していると、親にバレるリスクは高くなります。

申込み時に、公式WEBなどで本人情報などを入力していきますが、この時に入力するのは「契約者本人の携帯電話番号」というのを徹底しておきましょう。

最近では自宅に固定電話がないケースも多いので、携帯電話のみでの申し込みでも、なんら問題はありません。

ちなみに、もし自宅の電話番号を登録しておいて、電話がかかってきたとしても、いきなり「アコムの○○ですが…」というふうに電話はかかってきません。アコム側も契約者のプライバシーに配慮してくれますので、最初は個人名で電話をしてきてくれます。そして契約者本人である事を確認できた時点で、会社名を名乗る、というフローになっています。

<親バレするケース その② 郵便物でバレる>

次の親バレする要素としては「郵便物」があります。例えば以下のケースがあります。

  • 契約したカードローンのカードが郵送されてくる
  • 利用明細などが自宅へ郵送されてくる
  • 返済を怠ってしまい、督促状が家に届く
  • 利用限度額の増額をした際の、書類の控えが自宅へ届く

以上のような郵便物のリスクはありますが、しっかり対策をしておけば、バレる心配はありません。まずカードの郵送についてですが、カードローンの契約時に発行されるカードの受け取り方法は選ぶ事が可能です。もちろん自宅への郵送もしてくれますが、店頭での受け取りや、自動契約機での受け取りも可能です。

親バレが心配なら、必ず自宅以外での受け取り方法を選択するようにしましょう。

次に明細書や契約書の控えなどの、書類関係の郵送についてです。これらについては、カードローンの申込時に、書類の受け取り方法について、「自宅へ郵送するか」「ATMで受け取るか」などの確認があります。

この時にも必ず自宅郵送以外の方法を選択するようにしましょう。

最後に返済が遅れてしまった時の督促状です。こればかりは「きっちり返済しましょう」という事しか対策方法はありません。しかし1回程度遅れたぐらいでは、いきなり督促状などは発送されません。もし支払いに遅れそうな場合には、事前にアコムへ連絡を入れておきましょう。そして再度約束した返済日には必ず遅れないように返済する事が大切です。

保証人は不要

このページを読まれている学生の方の中には、アコムへの申込みについてもう1点不安を感じている方もいるかもしれません。それは「学生だから親に保証人になってもらう必要があるのでは?」という点です。しかし安心してください。アコムとのカードローン契約に保証人は不要です。これは学生であっても社会人であっても同じ条件です。

バイト先への在籍確認はあるか

次におさえておくべきポイントは「在籍確認」です。この在籍確認ですが、基本的には殆どのカードローンの申込み審査の際には実施されます。学生の場合でも、アルバイト先として登録した勤務先には、基本的に在籍確認が入ります。

カードローンの申込み条件として「安定した収入」という事が掲げられている以上、申込者が本当に申告した職場へ勤務しているか?という確認が必ず入ります。

こればかりは避けては通れないところではありますが、在籍確認についての流れなどを把握しておくと、それほど心配する必要もなさそうです。

バイト先へ在籍確認の内容

まず、在籍確認はどのようにして行われるのか?その流れと詳細内容について触れていきます。最初に、在籍確認では何が確認されるのか?という点ですが、答えはたた一つ「申込者がその職場に勤めているかどうか?」という事です。

したがって、職場で電話はかかってきますが、申込者がいるかどうかを確認されるだけで、それがわかれば在籍確認は終了します。それ以上の事を根掘り葉掘り聞かれる事は一切ありません。

また、アコムも申込者のプライバシーに配慮してくれますので、電話をする時には必ず個人名で電話をしてきてくれます。代表的な電話のトーク例が以下の通りです。是非参考にして下さい。

・勤務先の電話担当「ハイ○○株式会社でございます」
・アコム審査担当者「恐れ入ります。わたくし○○(※個人名)と申しますが、○○さんいらっしゃいますでしょうか?」
・勤務先電話担当「ただいま外出しておりますが」
・アコム審査担当者「かしこまりました。ではまた改めさせていただきます」

以上のように、勤務している事さえ確認ができれば、それで終了なのです。

<ここで注意点がひとつ! ウソの勤務先やアリバイ工作会社はバレるか?>
あまりあり得ないケースかもしれませんが、アルバイトをしていないのに、うその勤務先を登録したり、知人の携帯電話を会社連絡先として登録したり。さらにはアリバイ工作をしてくれる会社へ頼んで、勤務先として登録した場合はどうなるのでしょうか?結論から申し上げると、アコムにバレる可能性は限りなく高いですので、やめておいたほうが無難です。当たり前の話ですが、一般的な会社であればインターネットで検索すれば普通に出てきますし、常識的に考えて、会社の連絡先が携帯電話しかない…というケースは殆どありません。さらにアリバイ工作会社などの連絡先や情報などは、アコム側でもデータベースとして持っているはずです。アコムの審査担当者も素人ではありません。毎日そのような審査作業を行っている訳ですから、そのようなウソは絶対に見破られます。そのような虚偽の申告をした場合には、アコムとの取引が一切できなくなるばかりか、場合によっては他社とのカードローン契約にも影響する事がありますので、ウソの情報などは絶対に登録しないようにしましょう。

バイト先への電話連絡はなしにできるか

この避けては通れない「在籍確認」ですが、実際のところは電話での確認をせずに在籍を確認してもらえる方法はないのでしょうか? 例えばアルバイト先は飲食店など、忙しい時間に電話をされると、お店の人に迷惑がかかってしまうケースもあると思います。

さらに、一般的な飲食店でのアルバイトの場合、渉外担当でない限り、外部から電話がかかってくるケースはまれです。したがって、普段電話がかかってこないのに、急に職場に電話がかかってきたりすると、怪しまれたりするケースもあるかもしれません。

そんな事情がある場合には、是非事前にアコムへ相談するようにしましょう。

上記で述べたような事情を正直に話してみて、なにか代替案がないか相談する事をおすすめします。

状況によっては、他の手段、例えば「給与明細書」や「収入証明書」など、その勤務先へ勤めている事を書類で証明できるものがあれば、それで在籍確認完了としてもらえるケースもあるようです。

学生の内に消費者金融を利用すると問題があるか

次の心配な点「消費者金融の利用は今後の生活に影響するか?」という事について考えてみたいと思います。

特に影響なし

まず、学生が消費者金融を利用する事自体は、なんら学生生活には影響を及ぼしません。例えば大学側が調査を行って、消費者金融を利用しているかどうかを調査する…という事は行えません。

さらに就職などをするうえでも、アコムの利用は知られる事はありません。

ですから、アコムを利用する際にも、計画的に利用して、きちんと返済を続けていれば、なんら問題はありません。

信用情報機関に登録される

強いて言えば、1点だけ注意すべき点があります。アコムの利用については、信用情報機関へ登録がされる。という点です。

ここで、アコムの規約を確認してみましょう。以下が規約の中の信用情報機関の登録に関する箇所の抜粋です。特に赤字の部分が重要なポイントです。

15条(信用情報機関への登録)

当社は、本規約に基づく契約に関する会員の個人情報(本人を特定するための情報(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等)、契約内容に関する情報(契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額、商品名およびその数量等、支払回数等)、返済状況に関する情報(入金日、入金予定日、残高金額、年間請求予定額、完済日、延滞、延滞解消等)、および取引事実に関する情報(債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等))を、当社が加盟する株式会社日本信用情報機構および株式会社シー・アイ・シー(以下「加盟先機関」という。)に提供します。加盟先機関は、当該個人情報を、その加盟会員および提携する全国銀行個人信用情報センターの加盟会員に提供します。

当該情報は、加盟先機関に登録されます。個人情報および延滞情報等の登録期間は、契約継続中および契約終了後5年以内です。

上記の規約に記載されている通り、アコムと契約をした事、ならびにその利用状況は、契約中はもちろん、完済して解約したとしても5年を超えない範囲で、情報は登録されています。

信用情報機関には、消費者金融の会社や銀行、さらにクレジットカード会社が登録をしていて、登録している会社は、信用情報機関の情報をいつでも閲覧する事が可能です。したがって、以下のような影響が出る場合があります。

・アコムで延滞した場合、その情報は他社のクレジット会社でも見れる為、クレジットカードの契約ができない場合がある。
・信用情報機関にアコムの利用履歴が残っている間に、住宅ローンの申込みをした場合、審査に影響する場合がある。

また、アコムへ申し込みをして、万一審査が通らなかったとしても、その申込み履歴のみでも半年間は残ることになります。

したがって、アコムの審査が落ちたあと、立て続けに他社のカードローンを申し込んだりすると、その度に信用情報機関への照会が行われますので、「この人は相当お金に困っているんだな」という印象を持たれてしまいます。

そうなると他社からの借入れも益々厳しくなってしまいます。もしアコムの審査が通過しなかった場合には、他社の申込みをするのは、アコム申込みから半年経過した後にするようにしましょう。

学生がアコムで借りる際に必要なものは

最後に、アコムのカードローンを申し込む際に必要な書類について、まとめておきます。

提出が必須な本人確認書類

アコムの申込みは、基本的に本人確認書類さえ用意しておけば大丈夫です。本人確認書類とは、運転免許証かパスポートの事を指します。もしそれらを持っていない場合は、個人番号カードや健康保険証等の提出が必要です。尚運転免許証などの「顔写真付き証明書」を持っていない場合には、以下の書類を併せて提出する事が必要です。

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」・・・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話を除く)、NHK等
  • 納税証明書※確認時に発行日または領収日から6ヵ月以内のものに限る。

場合によっては提出が必要な収入証明書

また、学生の場合にはあまり当てはまらないケースかもしれませんが、まれに収入証明書の提出を求められるケースがあります。収入証明書の提出が必要なのは以下のケースです。

・アコムでの借入れが50万円を超える場合
・アコムでの借入れと、他社の借入れの合計が100万円を超える場合
・その他審査の結果で、アコムから提出を求められる場合

尚、収入証明書とは以下のものを指します。

  • 源泉徴収票(直近のもの)
  • 給与明細書(直近1ヵ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 確定申告書(第一表)(最新年度のもの)
あわせて読みたい
アコムの審査の必要書類について 必要なものは「本人確認書類」と「収入証明書」アコムで審査をスムーズに終えるためには、必要書類をあらかじめ把握し、用意しておく必要があります。 提出する書類はケースによって変わ...

まとめ 学生がアコムでキャッシングするには

以上、今回は学生の方がアコムでキャッシングする方法、特に親にバレずにアコムを利用する方法について詳しくご紹介しました。

学生といっても、学費やサークルでの活動費、飲み会や旅行代金など、交友関係が広ければ広いほど、そして学生生活をエンジョイすればするほど、なにかとお金が必要になってきます。

人生の中でも貴重な学生生活です。せっかくのいろんなチャンスを逃すことのないように、どうしても必要なお金はアコムのカードローンを賢く利用して、学生生活をエンジョイするようにしましょう!