プロミス

プロミスは他社借り入れがあると審査は厳しくなるのか? 借入金額と件数がポイント

今回は、既に他社借り入れがある人が、プロミスへ申し込む際の注意点などについて、詳しく解説していきたいと思います。プロミスは他社借り入れがあると審査は厳しくなるのか?また、他社借り入れをプロミスのカードローンで一本化する方法などについても、ご紹介していきます。

プロミスは他社借り入れがある人には厳しい?

ネットの口コミなどを見ていると、「他社借り入れがある場合、プロミスの審査は厳しい?甘い?」などという書き込みを見かけます。実際のところ、他社カードローンを利用している人が、新たにプロミスを申し込む場合、審査には影響するのでしょうか?

プロミスのカードローンを申し込む場合、実は他社の借入れの有無自体はそれほど審査には影響しません。ただ、借入れの有無よりも、その「件数」や「借入れ金額」が審査に影響します。詳しい内容については、後ほど触れていきますが、プロミスの審査担当者は「他社借り入れを含めて返済能力があるか?」という点や、「そもそも自分の借入れ金額を理解しているか?」と言う点を審査でチェックします。

では、他社借り入れがある場合の、プロミスのカードローン利用について、詳しくみていきましょう。

他社で30万円借入れがある場合、どれくらいまでキャッシングできるか?

例えば、他社カードローン1社から、すでに30万円を借りていて、新たにプロミスのカードローンを申し込んだ場合、いったいどれくらい借入れが出来るのでしょうか?

まずここで関係してくるのが、総量規制の問題です。総量規制とは、消費者金融など、の無担保カードローンの借入れ合計が、年収の1/3を超えてしまうと、新たな借入れが出来ないという法律の事を指します。この例でいくと、年収100万円の人が、既に他社で30万円を借りている場合は、プロミスからは計算上100万円の1/3…つまり33万円-(他社借り入れ30万円)=3万円しか借入れができない、という事になります。

この総量規制で示されている「年収の1/3」というのは、あくまで法律上の話であって、必ずしも年収の1/3ギリギリまで借入れが出来る、という事ではありません。実際に、いくらまで借入れができるか、という点については、プロミスの審査により決定します。

詳しい審査基準は明らかにされていない為、不明ですが、審査の際には「他社借り入れ」に加え、過去の他社返済状況、勤務先の情報・勤続年数・そして年収など、様々な情報をもとに審査が行われます。つまりそれら審査項目を総合的に判断して、借入れ限度額が決定されるという事になります。

さらに、総量規制とは別に「返済比率」という考え方に基づき借入れ限度額が決定されます。返済比率とは、年収に占める「借金の返済額の率」の事です。この借金には、カードローンは勿論、マイカーローンや住宅ローンも含まれます。理想的な返済比率は、年収の25%~30%と言われています。カードローンの種類にもよりますが、申込時に、住宅ローンの毎月返済額や、家賃などの申告が求められるのは、この返済比率が妥当か否かを判断する為です。

他社借り入れに含めるべきものと、そうでないものとは?

プロミスの公式WEB申込みページには、他社借入れについて申告する項目があります。入力内容は以下の通りです。

プロミスの申込み画面(他社借り入れ件数について)

他社借り入れ件数 ( )件
他社借り入れ金額 ( )万円

備考
他社からのお借入れが無い場合は「0」を入力してください。
※クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどはお借入れに含まれません。

上記の通り、他社借り入れとして申告すべきなのは、消費者金融カードローンのみでかまわないという事がわかります。これは、先で触れた「総量規制」で決められたルールによるものなのですが、総量規制の対象にならないローンは、ここで申告する必要がないのです。以下に総量規制の対象になるものと、ならないものを分けてご紹介します。

総量規制の対象になるもの

貸金業法の適用を受ける業者が貸し出す「個人向け貸付け」。

つまり、消費者金融カードローンの事を指します。

個人貸付といっても、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象外となります。

総量規制の対象にならないもの
    • 1,不動産購入、または不動産改良の為の貸付(住宅ローンやリフォームローンなど)
    • 2.自動車購入時の自動車担保貸付(マイカーローンなど)
    • 3,高額療養費の貸付(医療費ローンなど)
    • 4,有価証券担保貸付(証券ローン)
    • 5,不動産担保貸付(不動産担保ローン)
    • 6,売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
    • 7,手形の割引
    • 8,金融商品取引業者が行う500万円を超えるの貸付
    • 9,貸金業者を債権者とする金銭賃借契約の媒介
    • 10,顧客に一方的有利となる借り換え(おまとめローン)
    • 11,緊急の医療費の貸付
    • 12,社会通念上、緊急に必要と認められる資金の貸付
    • 13,配偶者と合わせた年収1/3以下の貸付
    • 14,個人事業主に対する貸付
    • 15,預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでの、つなぎ資金に関わる貸付

以上、一般の人にはあまり関係のない言葉も含まれていますが、プロミスの申込み画面にも出ている通り、他社借り入れにはマイカーローンや住宅ローンはもちろん、銀行カードローンも申告の必要はありません。ただ、これらは入力の必要がないだけであって、審査の際には全てプロミス側は把握できるようになっています。これは、信用情報機関への情報照会により判明する事なのですが、この信用情報機関の詳しい情報については、後ほど詳しく触れたいと思います。

他社で延滞をしてしまった場合、新たな借入れはできるか?

この点についても、後ほどご紹介する「信用情報機関」の登録情報により、影響を受ける場合があります。

ただ、一度や二度程度、それも1日や2日程度の返済遅延であれば、まず問題はないでしょう。この返済の遅れを度々発生させていたり、ひどい場合には1ヶ月や2ヶ月も返済が滞った履歴があれば、まずプロミスの審査通過は難しいでしょう。

仮に審査通過したとしても、借入れ限度額は非常に少なく設定される事が想定されます。

また、他社借り入れを延滞していて、何らかの債務整理を行った場合についても、審査通過はできないと思っておいたほうが良いでしょう。ただ、この債務整理の情報については、情報として残る期間が決まっていますので、もし信用情報機関の登録が抹消されていたら、新たなカードローン契約が出来る可能性も出てきます。

他社カードローンを同時申込みする場合の注意点とは?

では「現在他社カードローンは利用していないが、プロミスの審査に落ちるのが心配なので、他社カードローンを同時に申し込みたい…」という人は、どんな点に注意すべきなのでしょうか?

この点について、結論から申し上げると「同時に何社も申し込むのはやめておいたほうが良い」という事になります。

なぜなら、プロミスのカードローン審査の際には、信用情報機関への照会が行われ、そこでは「他社申込み履歴」についても細かくチェックされるからです。その時に、同時に何社もカードローンを申し込んでいる事実がわかれば、プロミスの審査担当者はネガティブな判断をしてしまいます。

「この人は、何社もカードローンを申し込んでいるけど、相当お金に困っているんだな…。プロミスが融資したとしても、返済が滞るのではないだろうか…?」といった具合です。

したがって、いくらプロミスの審査通過が心配だからといって、同時に他社カードローンを申し込むにはやめておきましょう。信用情報機関に登録される他社申込み履歴は、6ヶ月で消えますので、他社を利用するのは、それ以降にするようにしましょう。

プロミスのカードローンで他社借り入れを一本化する方法とは?

既に他社から借入れがある場合、プロミスを利用する事で、それらを「一本化」する事も可能になります。

では、プロミスのローンを利用して、他社借り入れを一本化するテクニックと、その注意点などを詳しくご紹介します。

他社借り換えローンとは?一般的なカードローンとの違い

他社借り換えを一本化する場合、一般的には「おまとめローン」や「借り換えローン」という商品名のローンを使って一本化します。プロミスの場合も、この後触れていきますが「おまとめローン」という商品が提供されています。

この「おまとめローン」と「一般的なカードローン」の違いは、どこにあるのでしょうか?

まず、おまとめローンや借り換えローンは、基本的には追加の借入れが出来ないローンとなっています。つまり借入れが出来るのは、他社借り入れを返済する為に借りる最初だけです。

さらにその返済は利用者が行うのではなく、おまとめローンを提供している会社が、利用者に代わり他社消費者金融などへ直接振込みする、という方法がとられます。

このおまとめローンは、先で触れた「顧客に一方的有利となる借り換えのローン」に該当しますので、総量規制の対象から外れる場合が殆どです。

他社で借入れがある場合、プロミスでおまとめできるか?

ここで、プロミスのおまとめローンについて、詳しいスペックなどを少しご紹介しましょう。

以下の表がプロミスのおまとめローンのスペックです。他社借り入れがある場合などは、このおまとめローンを利用する事で、若干支払い金利が減り、また追加借入れもできなくなるので、債務金額が確実に減っていきます。

もし他社借り入れがある場合は、プロミスのおまとめローンを検討してみるのも一つの手です。

融資額 300万円まで
契約額 契約額(極度額)の範囲内で、プロミスが決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 6.3%~17.8% (実質年率)
遅延利率 20.0% (実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中から選択 三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済を希望した場合、返済期日は5日となる。
返済期間・返済回数 最終借入後最長10年・1回~120回 プロミスと相談のうえ返済回数を設定
申込みできる人の条件 年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入がある事 主婦、学生でも、パート、アルバイトによる安定した収入があれば申し込み可
資金使途 他の貸金業者からの借入金返済に限る
借換え対象となるローン 消費者金融・クレジットカードなどにおける借入れ(無担保ローン)。
銀行のカードローン、クレジットカードのショッピングなどを除く
担保・保証人 不要

おまとめローンの注意点

ただし、他社では正式な借り換えローンではない「おまとめローン」も存在します。つまり「他社への返済は自主的に行ってください」という意味でのローンです。プロミスの場合でも、通常のカードローンを利用して他社の借入れを返済する事もあるかもしれませんが、それらは全て自主的に行うべきものです。

したがって、他社の借入れを「自主的に返済しないといけない」というおまとめローンの場合は、必ず他社の返済を怠らないようにしましょう。

そうしないと、結果的に債務金額が膨れ上がってしまい、返済不能に陥る可能性が高くなります。

他社借り入れがある場合のプロミスの利用方法とは??

ここからは、すでに他社借り入れがある人が、上手にプロミスのカードローンを利用するテクニックについて、いくつかご紹介していきます。

利息が高いところから順番に返済しよう!

まず、基本的なことですが、他社から数件カードローンを契約している場合は、まず「金利の高いカードローンから優先的に返済する」という点が重要です。金利の高いカードローンの残高がいつまでも残っていると、なかなか債務金額全体が減りません。

さらに、金利が高いところへの返済に加えて、できるだけ借入れ件数を減らす、という事も大切です。例えば、4社から借りていて、各社に毎月15,000円ずつ返済しているとします。金額の少ない業者から先に返済してしまうと、それまで毎月60,000円の返済が必要だったものが、1社の完済で毎月45,000円の返済となります。その他のやりくりも楽になりますので、是非参考にしてみてください。

プロミスに申し込んだ後で、他社を借りた場合。プロミスにバレる?

よく「総量規制の対象にならないように、プロミスの契約後に他社借り入れを行ったら、プロミスにはバレない。つまり年収の1/3以上も借りることは可能」と誤解している方がいます。

これは、後ほど信用情報機関の説明部分でも触れますが、プロミスを含め貸金業者が行う定期的な審査でバレてしまいます。つまり、貸金業者は定期的に信用情報機関へ情報を照会し、契約者の他社借り入れがどのような状況になっているか?確認をしてるのです。

したがって、その定期的な審査の時に、年収の1/3以上を借入れている事がわかれば、追加の借入れはできなくなり、カードローンの利用も返済のみとなっています。

他社から借りてプロミスに返済はNG?

これも、カードローン利用者が陥りがちな返済方法です。つまり、一時的に返済が厳しいからといって、他社から借りてプロミスの返済をする、いわゆる「自転車操業」をする人がいます。一時的には返済ができたような気分になってしまいますが、結果的には全体の債務額は増えてしまいます。

このような返済方法は全く意味がないばかりか、今後総量規制の影響を受ける可能性も高くなり、プロミスのカードローン自体も自由に使えなくなる事が想定されます。「他社から借りて、プロミスへ返済する」という方法は控えましょう。

他社との借入れ合計額が100万円超えたら行うべき事

上記の通り、プロミスのカードローンを利用している場合、他社借り入れの状況はプロミスも定期的にチェックしています。

プロミスの申込みには、借入れ限度額が50万円未満か、他社借り入れ合計額が100万円未満の場合なら「原則収入証明書不要」となっています。しかし、プロミスを利用中に、他社借り入れ額合計が100万円を超えてしまった場合は、どのような対応を求められるのでしょうか?

この場合、プロミスからは収入証明書の提出を求められることになります。プロミスが認めている収入証明書は以下の通りです。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない場合、直近2ヶ月の給与明細書を用意。

ここまで調べられる!信用情報機関の登録情報とは?

ここまでの説明で度々登場してきた「信用情報機関」。カードローンを利用した事がある方なら、一度や二度聞いたことはあると思います。

ここからは、その「信用情報機関」について、詳しい情報をお届けしたいと思います。信用情報機関に関する知識は、カードローンの審査はもちろん、他社借り入れに関し注意すべき点についても深く関係してきますので、覚えておいても損はありません。

プロミスが登録している信用情報機関とは?

プロミスは、以下の信用情報機関に加盟しています。

  • 株式会社日本信用情報機構
  • 株式会社シー・アイ・シー

さらに、株式会社日本信用情報機構と株式会社シー・アイ・シーは、全国銀行個人信用情報センターと提携していますので、これら信用情報機関に登録されている情報は、各々の機関で情報共有されていることになります。

過去の債務整理情報がある場合、プロミスの借入れは永遠に出来ない?

信用情報機関には、予想以上の情報が登録されています。単純に他社借り入れの金額だけではなく、次回返済日や毎月の返済金額など、事細かに登録されているのです。さらに、そのようなカードローン利用状況はもちろん、当然のことながら「過去の債務整理の情報」についても、一定期間登録されています。

以下が、株式会社日本信用情報機構に登録されている情報の一部です。履歴として残る期間も記載されていますので、是非参考にして下さい。

登録される情報 登録期間
<総量規制対象貸金債権>
消費者金融カードローンなど、貸金業法にあてはまる総量規制対象のローンに関する情報(契約日・借り入れ残高・出金日・返済日・次回入金予定日など)
契約期間中
<総量規制対象外貸金債権>
マイカーローンや教育ローンなど、総量規制対象外のローンに関する情報
契約期間中
<保証履行債権>
カードローンなどの返済が出来ず、代わりに保証会社が代位弁済(代わりに返済する事)を行った事をあらわす情報
契約期間中
<包括残0債権>
借り入れ限度額が設定されるカードローンなどの契約を行い、それを完済した場合、且つそのカードローン契約が解約されずに残っているかどうか、という情報
入金日から5年を超えない期間
<完済債権>
カードローンなどの借り入れを全て返済し、且つその契約を解約した情報
完済日(包括契約の場合は契約を解約した日)より5年を超えない期間
<延滞に関する情報>
延滞、元金延滞、利息延滞など、入金予定日から3ヵ月以上経過しても返済をしていない、という情報
延滞継続中
<債務整理などに関する情報>
カードローンなどの契約先や保証会社が、強制執行や支払督促などの法的手続き等をとった情報。また任意整理など、カードローン会社に返済金額の減額等を申し入れた情報。その他、破産申立、特定調停、民事再生などの情報。
発生日から5年を超えない期間 ※ 法的申立の取り下げがあった場合は、その時点までの登録。
<保証履行>
保証会社などが、代位弁済(代わりに返済する事)を行った情報
発生日から5年を超えない期間

尚、以上の通り信用情報機関に登録されている情報は、ある一定期間経過すると抹消される取り決めになっていますが、プロミスの社内情報をいつまで残すか?という点については、プロミスの判断に任されることになります。したがって、過去にプロミスで延滞を繰り返したり、プロミスの債務を減額してもらうなどの任意整理を行った場合は、プロミス社内のデータベースには残り続けることになります。そのような場合には、まず審査通過は難しいと思っておいたほうがよいでしょう。

心配なら自分で情報開示しよう!

非常に細かな情報が登録されている「信用情報機関」。
自分の情報はどのような状態なのか?気になるところではありますが、もし自分の登録情報を確認したい場合は、別途手数料を払えば、本人宛に情報開示を行ってもらえます。詳しくは各信用情報機関のホームページに記載されていますので、一度ご覧になってください。

信用情報機関への照会は一度だけ?

プロミスをはじめとする消費者金融各社には、貸金業法という法律が適用されています。

以下は貸金業法の一部を抜粋したものですが、このような信用情報機関への確認作業については、カードローンの申込時だけではなく、定期的に行わなければならない…というルールがあるのです。

<貸金業法一部抜粋>
(返済能力の調査)第十三条  貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。2  貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。

したがって、プロミスも定期的に契約者の情報を照会しています。もし契約途中で他社借り入れの延滞があったり、年収の1/3以上の借入れがあったりすると、追加の借入れをストップしたり、収入証明書の提出を求めたりする事が出てきます。

まとめ プロミスは他社借り入れがあると審査はどうなる

以上、今回は他社借り入れがある人が、プロミスを利用する場合の注意点などについて、詳しくご紹介しました。

もう一度おさらいしておきましょう。

    • 他社借り入れがある場合、その件数や借入れ金額が審査に影響する。
    • それら他社借り入れの情報については、全て信用情報機関への照会で確認される。
    • 他社で借入れがある場合は、プロミスのおまとめローンを利用する方法もある。 ただ、プロミスの通常のカードローンで一本化する場合は、必ず他社カードローンを自主的に返済する事が大切。
    • 信用情報機関には、他社借り入れ状況について非常に細かな情報が登録されている。もし心配な場合は、本人の情報なら開示してもらえる。

以上、他社借り入れの状況については、特に信用情報機関に登録されている情報が鍵となる事もご理解いただけたかと思います。今回ご紹介した内容を参考に、カードローンを計画的に使っていきましょう。