SMBCモビット

SMBCモビットは解約した方が良いの?流れやメリット・デメリットを解説

モビットのように借り入れと返済を繰り返す契約を包括契約と言い、完済したからと言って契約が自動的に終わるわけではありません。
そのため契約終了するには自ら解約手続きをする必要があります。

しかしモビットを本当に解約してよいのか分からないという人もいることでしょう。
「解約したら後悔しそう」「何かデメリットがあるの?」などなど解約に関して疑問を持たれているのではないでしょうか?

そこで今回はモビットの解約について解説したいと思います。
解約方法はもちろんのこと、どんなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

SMBCモビットの解約方法

モビットを解約するにはどのような手続きを踏めばよいのでしょうか?
ここでは具体的な解約方法について見ていきましょう。

要注意!解約前のチェックポイント

モビットの解約手続きをする前に、まず確認していただきたいことがあります。

それは、

    • 元金と利息ともに完済できているか
    • モビットを解約しても問題ないか

この2点です。

モビットを解約することを前提として抑えてきたいのが、カードローン残高が0円でないとモビットの解約はできないということです。
完済せずに解約することはできませんので注意してください。

中には元金だけ支払いが終わっていて利息分の端数がカードローン残高に残っているというケースも珍しくありません。
ですから解約する前に、必ず1度元金と利息どちらも返済終了しているかチェックしてください。

モビットは年会費無料、契約は自動更新です。
直近で借りる予定がなくても、万が一のときのために備えておくことができます。
そしていざ必要になった時にサッと借り入れできる非常に便利なサービスです。

「お金に困ってないからカードローンは使わない」ということであれば解約しても何の問題もないでしょう。
しかし「近い将来お金を借りないと用立てできないかもしれない」という方は、モビットを無理に解約せず、いつでも利用できる状態にしておくという選択肢もあります。

一度解約してしまうと借り入れするには再び審査を受けなければいけません。
しかも利用中に返済で問題を起こしてしまうと、一度解約して再審査を受ける時は、審査に通るのが難しくなることもあります。

モビットを解約する前に、元利ともに完済できているか、本当に解約しても大丈夫なのか、この2点は必ず確認しておきましょう。

モビットコールセンターに電話する

モビットは完済すれば契約終了というわけではありません。
モビットとの契約を終わらせるには、別途解約手続きをする必要があります。

カードローンの解約方法は、電話、店頭窓口、無人契約機などがありますが、モビットの場合は電話でのみ解約手続きを受け付けています。
申し込みや借り入れはインターネットから行うことができますが、解約に関しては受け付けていません。

モビットを解約するにはモビットコールセンター(0120-24-7217)に電話します。

営業時間は平日休日問わず9時00分~21時00分となります。
営業時間外にかけた場合は自動音声となり、解約手続きすることはできませんので営業時間内に電話してください。

モビットコールセンターに電話すると自動音声によるガイダンスが流れますので、「3番 その他のお問い合わせ」を選択し、オペレーターに繋いでもらいましょう。
オペレーターにつながりましたら、解約する旨を伝えます。
この時、ローンカードなどに記載された会員番号を聞かれますので、あらかじめ手元に用意しておくとスムーズに手続きできます。

先にも説明しました通り、モビットを解約するには残高や支払い利息が完全に精算されてなければいけません。
口座引き落としですとピッタリの金額で引き落としとなりますが、ATM返済や一括返済ですと、返済額に端数が生じてしまいます。

もし端数が生じている場合は、効果利用が可能なATMで返済するか余分に入金してお釣りを預金口座へ振り込んでもらう方法を選ぶことができます。
返済額の端数分は1日経過毎に変わりますので、端数分の精算をする場合は、必ず一度モビットコールセンターに電話で確かめてください。

解約証明書の発行は任意なので要注意

住宅ローンやマイカーローンの審査を受ける時にローン申し込み者の信用をはかることを目的として、金融機関から解約証明書(完済証明書とも言う)の提出を求められる場合があります。

モビットでは解約証明書を発行できますが、あくまでも任意ですから必要な場合は自分から申し出る必要があります。

モビットには有人店舗がありませんので、解約証明書は郵送で受け取ることになります。
家族にバレないよう気を使わなければいけませんので若干の注意が必要です。
モビットからの郵送物を局留めすることはできませんので、発送先を自宅か勤務先を選びます。

郵送物にはモビットではなく「MCセンター」と記載されますので、中身を見られない限りカードローンを利用していたということが分からないようになっています。

モビットの解約証明書は翌営業日に発送となります。
発行手数料はかかりません。

SMBCモビットを解約する時の注意点

モビットを解約する上での注意点についてご紹介します。
本当に解約してもよいのだろうか?と迷われている方もいるかと思いますので、ここで紹介する内容を参考にしてみてください。

解約するかどうかは今後の利用次第で決めよう!

モビットを解約するかどうかは今後の利用次第で決めるようにしてください。

モビットをすぐに利用する予定があるのであれば完済していても解約する必要はないでしょう。
逆に今後は一切モビットを利用する予定はない、異なるローンを利用する予定があると言うのであれば解約すべきでしょう。

一度解約して再契約する場合でも審査は必要

モビットを解約したとしても再契約は可能です。
中には一度解約したカードローンは一生契約できないと言う人もいますがそんなことはありません。

ただし再契約する場合でも、

    • 初回契約同様の審査が行われる
    • 限度額や金利はリセットされる

という点は覚えておいてください。

一度審査に通っているから再契約は簡単と思っている人もいますが、再申し込みの審査で落ちてしまっている人も少なくありません。
またモビットは利用実績を積み上げていけば限度額の増額や金利の引き下げをしてくれますが、解約して再契約すると前回契約時の限度額や金利がそのまま適用されることはありません。

そのため、モビットを近いうちに再利用する予定があるのであれば解約はしない方が良いでしょう。

解約のメリット・デメリット

モビットは年会費がかかりませんので完済していても解約せずそのままという人も少なくないです。
ではモビットの解約にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

モビットを自分から解約すると契約終了となりますので、信用情報はマイナス評価になるのではと勘違いされている人もいますがむしろ逆でプラス評価です。
解約の履歴が残りますので、新たに借り入れする際は審査が有利になるでしょう。

ただし、またモビットでお金を借りたいとなった時は再審査が必要となり、初回契約時同様の手続きが必要など手間がかかります。
モビットを解約する前にメリット・デメリットを確認しておくと良いでしょう。

SMBCモビット解約のメリット
    • 新規借り入れへの影響が減る
    • カード悪用を防げる
    • 多重債務の防止

消費者金融で契約している状態で新たにローンを組むとなると、審査に通りにくくなります。

住宅ローンのように審査が厳しいとされるローンは特に影響大です。

また利用せず放置状態のカードローンは、第三者による悪用に気づくまでに時間がかかる恐れがあります。
知らず知らずのうちにモビットカードでお金を借りられてしまい、カードに登録されている情報が漏洩されてしまったりするリスクがありますので、解約しておいたほうが安心です。

モビット以外のカードローンも利用している場合、多重債務に陥る危険性もあります。
今後も借り入れする予定があるのであれば、モビット以外のカードローンは解約しておくのが良いでしょう。

SMBCモビット解約のデメリット
    • お金を借りたい時に再審査が必要

モビットは限度額内でいつでも借り入れができます。
急な出費時でも借り入れ枠が残っていれば、すぐにお金を借りることができ非常に便利です。
万が一の時の備えとして活躍します。

しかし解約してしまえば当然借りることはできなくなり、そのためには再度審査を受けたり手続きが必要となり手間と時間がかかってしまいます。

とは言え、解約によるデメリットはこれぐらいしかありません。
特に借り入れする必要性がない人にとっては解約によるデメリットは0といっても良いでしょう。

SMBCモビットで強制解約されることもあるって本当?

モビットを利用していると一方的に解約されることもあります。
ただ、その多くは契約期間終了が理由で解約となるため強制解約ではないです。

そのため一方的とも言えませんが、一度契約したらほぼ永久的に利用できると思っていた人にとっては、突然解約されたと思い驚くでしょう。

モビットの契約期間は契約時に決められており、これは契約書にも明記されています。
個人信用情報に問題がなければ基本的には自動更新されることが多いです。

しかしその一方で、延滞を繰り返していたり他社借り入れが増えたりすると返済能力に見合っていないと判斷され更新されないこともあります。
ただし、この場合は強制解約ではないためそこまで心配する必要はありません。

どんな時に強制解約されるの?

モビットから強制解約されるケースで特に多いのは、返済せずモビットからの催促を無視し続けた場合です。

当初の計画通りに返済できなくなり返済が遅れる人というのは決して珍しいことではありません。
そのため、返済に遅れたという理由だけで強制解約されることはほとんどありません。

しかし、数ヶ月経過しても利息を返済しない場合や、利用者と一切連絡がつかない、訪問も無視している場合であればモビットも他にや利用がありませんので強制解約に至ることがあります。

強制解約されると借金はどうなるの?

強制解約=借金がチャラになるというわけではありません。
この場合、一括返済が求められますが、応じない場合は裁判という流れになります。
債務整理になった場合は借金整理後に契約終了→解約という流れです。

もし返済に遅れても、最速に応じて返済する意志があれば強制解約にならないケースもあります。
返済する意志があるのであれば、延滞してしまう前にモビットに連絡すると良いでしょう。

強制解約は信用情報に最長5年間記録される

個人信用情報機関によって強制解約の記録の仕方は異なりますが、JICCの場合は強制解約の記録期間は最長5年間です。

CICと全国銀行個人信用情報センターには強制解約という項目はありませんが、過去2年間分の取引履歴は閲覧できますから、未納や一部入金の登録を後に解約となれば強制解約されたと分かります。

SMBCモビット解約にまつわるQ&A

ここではモビット解約にまつわる疑問をQ&A形式でご紹介したいと思います。
解約に関して特に多い疑問をピックアップしてお答えしています。

Q1.住宅ローンを組む場合はSMBCモビットを解約したほうが良いの?

モビットをしばらく使っていなくて、契約したままにしている方も多いかもしれません。

もし完済して一切利用していなくても、利用可能枠が残っているだけで新たなローンを組む時に審査に通りにくくなる可能性があります。

特に住宅ローンのような高額なローンを組む場合、消費者金融と契約しているという理由だけで審査に通らなかったり、融資額を減らされることがありますので注意が必要です。

住宅ローンに申込む際、「カードローンを契約しているか」を聞かれることが多いです。
というのも、ローンの返済比率が大きく関係してくるからです。

住宅ローンの返済比率は20%以下

ローンの返済比率が低ければ低いほどローンが返済される可能性が高いと判斷されます。

ローン返済比率=年間合計返済額÷年収

上記の計算式によって求められます。

一般的に住宅ローンの返済比率は20%以下に抑えるのが理想と言われています。

「契約していても借り入れをしていなければ問題ないのでは?」と思うかもしれませんが、カードローンを契約しているということはいつでも借り入れができてしまう状態となりますので、「またお金を借りるかもしれない」と思われてしまいます。
そうなってくると利用可能枠文借りた場合の金額で計算されてしまい、ローンの返済比率が高くなってしまうのです。

ローン返済比率が高ければ、その分住宅ローンの審査に通るのが難しくなったり、融資額が希望した額よりも少なくなってしまう可能性があります。

住宅ローンに申し込みする場合は、モビットは解約しておくことをおすすめします。

また審査では完済証明書の提出を求められる場合もありますので、発行も忘れずに行いましょう。

Q2.解約すると信用情報に傷が付くって本当?

「モビットを解約すると信用情報に傷が付く」なんて噂がありますが、そのようなことは一切ありません。

むしろその逆で信用情報としてはプラス評価になる可能性が高いです。

というのも、カードローンは融資商品であるため、仮に残高が0でも契約さえしていればいつでもお金を借りることができてしまいます。
つまり、金融機関の審査担当者は「この人はカードローンでお金を借りる可能性がある」と判斷されてしまいます。
そのため、モビットを解約したほうが信用情報においてはプラス評価になります。

Q3.おまとめローンを組んだらSMBCモビットは解約しないとダメなの?

「おまとめローンを組んだ後に他社借り入れをしてしまうと契約違反になる」このような認識を持たれている方も多いのではないでしょうか?
これは間違いではないですが、厳密にはニュアンスが異なりますので注意が必要です。

契約違反となるのはあくまでも「おまとめ専用ローン」を組んだ場合です。

銀行の普通のカードローンでモビットを含めおまとめした場合は、借り入れしても契約違反になるわけではありません。

カードローン会社によっては、おまとめローンを組む際に「既存の借り入れ先であるカードローンを解約してください」と言った感じで言われることがあります。
この場合は、既存のカードローンの解約を条件としておまとめローンを組むことになります。
そのため、解約せずに借り入れしてしまうと契約違反になってしまうのです。

契約違反した場合、おまとめローンを利用している借り入れ先から一括返済を要求されることもありますので注意が必要です。

また、おまとめローンを組むとモビットを解約しなくても新たに借り入れするのは難しくなります。
おまとめローンを利用していることは記録されますので、新たにカードローンで借りようとしても審査に通る可能性は低いです。

モビットだけでなく他社のカードローン会社も、完済しても契約中の人の個人信用情報はしっかりチェックしますので、そこでおまとめローンを契約していることが判明すればカードローンの利用停止をしてしまうことがあります。

Q4.家族のSMBCモビットを利用停止ってできるって本当?

この記事を読まれている人の中には家族がモビットを利用していて、それを止めさせたいという人もいるのではないでしょうか?
多額な借金をしているとなれば身内としては心配になるものですよね。

とは言え、本人を説得してモビットを解約させるのは簡単なことではありません。
仮に解約してもまた別のカードローンを契約する可能性だってあります。

モビットに限らずどのカードローンでも本人以外が解約することはできません。
ただし、貸出自粛登録でカードローンの契約を止めることが可能です。

貸出自粛登録は本人以外も可能

基本的に本人しか貸出自粛登録はできないとされていますが、次のような人は申告が認められています。

1.法定代理人(未成年者の親や成年後見人など、法律の規定に基づき任命された人物)

2.次の要件を満たす自粛対象者の配偶者または二親等内の親族

    • 自粛対象者の配属者または二親等内の親族であることを客観的な資料で確認できる
    • 自粛対象者が所在不明であることが客観的な事実により証明できる(家庭裁判所が発行する失踪宣言の審判書等)
    • 自粛対象者の所在不明の原因が、金銭の貸付による金銭債務の負担を原因としている可能性がある
    • 貸付自粛の対応をとることが自粛対象者の生命、身体または保護のために必要があると認められる場合である
    • 自粛対象者本人の同意を得ることが困難である

3.次の要件を満たす自粛対象者の三親等内の親族及び同居の親族

    • 前項2~5までの要件が満たされている
    • 配偶者または二親等内の親族が申告することが著しく困難と認められる
    • 申告者が自粛対象者の三親等内の親族及び同居の親族であることを客観的な資料で確認できる

貸出自粛登録をすると個人信用情報にその旨が登録されますので、もし自粛対象者がカードローンに申し込みしたとしても個人信用情報を見れば分かりますので新たに借り入れすることはできない仕組みとなっています。

まとめ SMBCモビットの解約について

SMBCモビット
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円

モビットを完済しても解約にはなりません。
解約したい場合は自分から解約を申請する必要があります。

モビットから一方的に解約されることは基本的にありませんが、利用中に延滞や他社借り入れが増えると更新されずに契約が終了になることはあります。
この場合は個人信用情報に強制解約が記録されることはありません。

ただし、返済せずにモビットからの催促に応じないでいると強制解約になることもありますので注意が必要です。
万が一、返済が遅れそうな場合や返済が苦しいという場合は早めにモビットに連絡相談するようにしましょう。

解約申請する前に、本当に解約してもよいのか今後の状況をよく考えることが大切です。
「解約しなければよかった・・・」と後悔しないためにも、モビットを今後も利用する予定はないかよく考えてから解約してください。