プロミス

プロミスから電話がかかってくるのはいつ?電話なしで借りることはできる?

「私、プロミスの〇〇と申しますが・・・」

自分の携帯や勤務先にこのような電話がきたら、正直嫌なものです。
自分の持っている携帯電話であればまだ良いですが、自宅や勤務先に電話がかかってきたらと思うとプロミスでお金を借りるのは止めようかなと考えてしまいますね。

プロミスでも電話をかけてくる場合があります。
果たしてそれはどのような時で、どんな感じに電話がかかってくるのか解説したいと思います。

プロミスに申し込み完了後に電話がかかってくる

プロミスから電話がかかってくるのは、まずは申し込み時です。
プロミスの申し込み方法は、電話、WEB、自動契約機、郵送、窓口がありますが、窓口以外の方法で申し込みした場合はいずれも電話がかかってきます。

「家族に知られたら困る」と思うかもしれませんが、申し込み後にかかってくる電話は基本的に申し込み者の携帯電話です。申し込み書には自宅の固定電話を入力する項目がありますが、自宅にかけてほしくない場合は無理に申告する必要はありません。

どんなことを聞かれるの?

申し込み後の電話では何を聞かれるのか?これが気になるところでしょう。
あらかじめ聞かれることがわかっていれば安心ですよね。
実際にプロミスではどんなことを聞くのでしょうか?

プロミス申し込み時に聞かれること

  • 氏名、住所、生年月日、電話番号、希望の連絡先
  • 家族構成
  • 居住形態
  • 毎月の固定出費
  • 借り入れの目的
  • 借り入れ希望額
  • 他社借り入れ件数と借り入れ総額
  • 勤務先、勤続年数、年収
  • 雇用形態
  • 保険証の種類や保険証区分

審査で特に重要視されるのは返済能力です。
そのため返済能力の判断材料となる勤務先に関しては詳しく聞かれると思ってください。
ただし、審査に有利になるために嘘を付くようなことは絶対しないでください。
あからさまな嘘はバレる上に審査落ちとなりますので、聞かれたことには正直に答えてください。

借り入れの目的も必ず聞かれます。
カードローンは資金使途が自由とされていますが、利用目的によっては審査に影響する場合があります。
特に下記のような目的ですと審査落ちになりますので気を付けましょう。

  • 事業資金
  • 反社会的なもの
  • ギャンブルなど投機性資金
  • 借金の肩代わり

借り入れ目的といっても「何にいくら使うか」を事細かに答える必要はありません。
生活費のため、子どもの教育費のためなど大まかで構いません。

家族に知られたくない人は自動契約機で申し込もう

プロミスの申し込み時にかかってくる電話を避けることはできません。
申し込み内容だけでなく、申し込みしたのが本人であることを確認するためにも電話をかけています。
そのため、この作業を省略するわけにはいかないのです。

電話で勤務先のことや借り入れ目的の事を話しているのを家族に聞かれてしまえば、バレてしまう恐れもあります。家族が家にいる時に電話がかかってくれば、電話にでるのを躊躇ってしまうでしょう。家族に会話の内容を聞かれてしまうおそれがある場合は、自動契約機で申込むと良いでしょう。

自動契約機で申込んだ場合も電話はかかってきますが、携帯電話に連絡が入りますので家族に知られずに済みます。

プロミスの在籍確認は電話連絡が基本

プロミスでは、審査の過程で在籍確認が行われます。
確認の方法は職場への電話連絡となります。

在籍確認の内容

在籍確認とは申し込み者が申告した勤務先に本当に勤めているかを確認する作業です。

在籍確認の電話はどのように行われるのか見ていきましょう。

担当者:佐藤
申し込み者:〇〇商事の営業部の田中さん

プロミスの審査担当者が電話をかける際は、社名は伏せて必ず担当者の個人名を名乗ります。

例)
「もしもし、〇〇商事さんでいらっしゃいますか?私、佐藤と申しますが、営業部の田中さんをお願いします」

本人が電話にでた場合

審査担当者「田中さんですが?」
田中「はい、そうです」
審査担当者「個人名で失礼しました。プロミスの佐藤です。この度はカードローンにお申し込みいただきありがとうございます。在籍の確認が取れましたので、これで完了とさせていただきます。ありがとうございました」

本人が電話にでた場合は、これで在籍確認は完了となります。
それ以上何かを聞かれることは基本的にありません。

本人不在の場合

職場の同僚「田中は只今、席を外しています」
審査担当者「そうですか。何時頃でしたらいらっしゃいますか?」
職場の同僚「田中は只今外出しており、何時に戻るかは未定です」

本人不在であっても、上記のように答えればその会社に在籍していることがわかりますので、この場合も在籍確認は完了となります。

プロミスの在籍確認は、申し込み確認の電話の後に行われます。
申し込み確認時に在籍確認の説明がありますので、希望がある場合はこのタイミングでお願いしなければいけません。

在籍確認がクリアできないと基本的に契約できません。
ただし、在籍確認以外の項目で何の問題もない場合は、在籍確認は後回しにして契約できる場合もあります。
この場合は、限度額は10万円に制限されます。
その後に在籍確認を行い、無事に確認できれば本来の限度額で借り入れができるようになります。

たとえば、土日で会社が休みだから電話連絡がつかないけど今日中に借りたいと言った場合は、プロミスに相談してみると良いでしょう。

増額審査時も在籍確認があるので注意

プロミスでは利用限度額を増額することもできます。
ただし、増額する場合でも再度審査があり、下記に該当する場合は職場に在籍確認の電話が行われます。

    • 増額後の利用限度額が50万円以上になる
    • 申し込み時と増額時の勤務先が変わっている

蒸気に該当しない場合は原則として勤務先への電話連絡はありません。
ちなみに、勤務先が変わった場合はその旨をプロミスに申告しておかなければいけません。
変更手続きをしないでいるとカード利用停止になりますので覚えておきましょう。

嘘の勤務先を申告は絶対にダメ

在籍確認時の連絡先は正確に申告してください。
連絡先を間違って申告して在籍確認できないと審査落ちとなりますので、電話番号を間違って申告しないように気を付けましょう。

当然ですが、在籍していない勤務先の電話番号を申告すると虚偽申告で審査落ちとなります。
転職して前の勤務先を申告したり、無職なのに働いて見せかけるようにした場合も審査に通りません。

また欠勤中で次回の出勤日が不明な場合、休職中の場合は安定収入があるとはいえませんので、この場合も復職しない内は審査に通りません。

電話無しにできる?

カードローン会社によっては、在籍を証明できる書類を提示することで職場への電話連絡をなしにできる場合があります。
銀行では対応してくれませんが大手消費者金融なら対応してくれる可能性が高いです。

プロミスは以前まで在籍確認の方法を電話か書類かを選ぶことができましたが、今現在は電話連絡のみとなっています。

プロミスに問い合わせたところ、書類で在籍確認できないことはないけど、原則として電話で確認になるとのことです。

職場への電話連絡をなしにできなくもないですが、よほどのことがない限り書類で在籍確認はしてくれないようです。
また書類で在籍確認するとなっても、必ず一度勤務先に電話して、それで確認が難しいようであれば書類で確認となります。
いずれにしても勤務先には必ず1回は電話することになります。

プロミスは大手消費者金融の中でも書類で在籍確認にかなり消極的ですので、単に電話してほしくないという理由ですと、書類で在籍確認してくれる可能性はまずないでしょう。

返済が遅れると催促の電話がかかってくる

プロミスから電話がかかってくるのは、申し込み時の確認と在籍確認の時、この2つが基本です。

しかし契約後でもプロミスから電話がかかってくる場合があります。
それは返済遅延をした場合です。

返済が遅れると電話がかかってくる

プロミスでは毎月の返済日が決められています。
決められた期日までに返済しないと、催促の電話がかかってきます。

期日の翌日にすぐに電話がかかってくるわけではありません。
おおよそ3日後~1週間後に催促の電話がかかってきます。

電話では「いつごろ支払いできるか」を聞かれますので、その時にいつまでに支払いできるか伝えるようにしてください。
返済に遅れると怒鳴り散らされるのでは?と不安になるかもしれませんが、決してそのようなことはありませんので安心してください。

職場にかかってくることもあるって本当?

プロミスから催促の電話がかかってきた場合は出来るだけ早く対応するようにしましょう。
何度かけても応じない場合、自宅の固定電話や勤務先に電話をかけてきます。

また電話にでなかったことで信用はガタ落ちとなり、今後プロミスで増額したり金利を引き下げてもらうのが難しくなります。

返済遅延は他にもリスクがあるので注意

返済遅延した場合のリスクは、電話がかかってくるだけではありません。
まず返済遅延すると、期日の翌日から遅延損害金が発生します。
利息とは別に延滞料として手数料を取られますので、借入金額が大きかったり、延滞日数が長くなるほど遅延損害金は多く払うことになりますので、遅延した場合はできるだけ早くに支払うようにしましょう。

また返済日から2ヶ月以上返済が滞ると、返済を滞納したという事実が個人信用情報に記録されてしまいます。いわゆるブラックリスト入りとなり、新たにお金を借りることができなくなります。

延滞日数が1週間以内と短い場合でも、それを繰り返している場合もブラックリスト入りする可能性がありますので、くれぐれも遅延しないように気を付けましょう。

返済が遅れる場合は前もって連絡すること

どうしても返済ができない場合は、前もって連絡するようにしましょう。
そうすれば期日を過ぎてしまったとしてもプロミスから催促の電話がかかってくることはありません。

電話の際は、「なぜ返済が遅れるのか」「いつまでに返済できるのか」この2点を必ず伝えるようにしましょう。また当然ですが謝罪の言葉も忘れずに言いましょう。

プロミスは返済日の変更が可能?

転職して給料日が変わったり、急な出費の都合で返済が厳しい場合は、返済日を変更できないか相談してみると良いでしょう。

プロミスの約定返済日は5日、15日、25日、末日から選べます。

予定通りに返済していくのが難しくなってしまった場合は、一度プロミスに相談してみてください。

プロミスは電話なしで借りるのは無理

残念ですがプロミスでは電話連絡なしでお金を借りることはできません。
WEB完結で申込んだ場合でも、確認の電話は必ずありますし、書類で在籍確認してくれる可能性は低いです。

もちろん電話がかかってくると言っても利用者に配慮してくれていますので、家族や職場にバレる可能性はかなり低いでしょう。

とは言え、どうしても電話をなしにして欲しいという人もいるかと思います。
電話なしで借りたい場合、どうすれば良いのでしょうか?

絶対に電話なしで借りたいならSMBCモビットがおすすめ

「電話なしのカードローンなんてあり得ない!」そんな常識を覆したのが大手消費者金融のモビットです。

モビットのWEB完結なら、申し込み者と職場への電話連絡なしでお金を借りることができます。
申し込み~借り入れまで全てWEB上の手続きで完結させることができるのです。

申し込み内容確認の電話もありませんので、家族に隠れてコソコソ電話する必要もありません。

SMBCモビットのWEB完結申し込みには条件がありますので、誰でも利用できるわけではありませんが、通常の申し込みでも職場への電話を省略できます。
WEB完結なら電話連絡なしで手続きが可能です。

下記の内いずれか1点を提出できれば職場への電話を省略してもらえます。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 社会保険証
  • 社員証

在籍確認の書類は、スマホアプリ、メール、コンビニのFAX、自動契約機から提出できます。
スマホアプリなら写真を撮影して画像をアップロードするだけですので簡単です。

WEB完結申し込みには条件あり

モビットのWEB完結申し込みは、電話連絡なし、郵送物なしで借入可能です。
ただし、その為には下記の条件を満たしていなければいけません。

    • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行いずれかの銀行口座を持っている
    • 社員証、保険証、給与明細書、源泉徴収票のいずれかの書類を提出できる
    • 運転免許証またはパスポートを提出できる

条件を満たせない場合は通常申し込みとなりますので、申し込み後に電話がかかってきます。
ただし、職場への電話は書類を提出することで省略可能です。

まとめ プロミスから電話について

プロミスでは、申し込み時、審査時、返済遅延時に電話がかかってきます。

電話では本人以外に社名を名乗ったり用件を話すようなことは絶対しませんので、家族や職場の同僚にバレる可能性は低いです。

電話なしで借りることはできませんが、バレないようにきちんと配慮してくれますので、そこまで心配する必要もないでしょう。

どうしても電話を避けたいというのであれば、モビットに申込むと良いでしょう。
モビットはWEB申し込みなら電話連絡なしの対応をしています。