アコム

アコムは総量規制の対象? 超えて借り入れはできるのか

アコム
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円

アコムを利用する上で気になるのが総量規制の対象かどうかではないでしょうか?
まとまった資金を必要としている時、高額な借り入れをするには総量規制対象外のカードローンを選ぶのが適しています。

今回はアコムと総量規制の関係について解説していきます。

アコムは総量規制対象のカードローン

結論から言うとアコムは総量規制対象のカードローンです。
消費者金融が運営するカードローンなので、借り入れ限度額は年収による制限を受けますので注意が必要です。

アコムはメガバンクのグループ傘下の消費者金融

アコムは三菱東京UFJフィナンシャル・グループの大手消費者金融です。
総量規制対象というとネガティブに捉えてしまう人もいますが、総量規制対象だからこそ安心して借りられるというメリットがあることを忘れてはいけません。

アコムが属しているのはメガバンクでもある三菱東京UFJ銀行と同じグループである三菱東京UFJフィナンシャル・グループという圧倒的な信頼性の高いグループ企業です。
アコムはもともと貸付実績が豊富な上に、総量規制による貸付金額の規制とメガバンクのグループという信頼性が、アコムをより安心感のあるカードローンにしてくれているのです。

アコムは総量規制対象のため本人収入は必須の条件

改正貸金業法が施工され、貸金業者からの借り入れは所得額に応じて制限されるようになりました。

貸金業法が改正される以前は、利用者の返済能力を上回る金額のお金を貸し付けていたことが問題視され、返済不能に陥る多重債務者や自殺者を急増させるなど社会問題にまで発展してしまいました。

この問題を抑制するために総量規制が設けられ、カードローン利用者に様々な影響をあたえることとなりました。

特に大きな影響といえるのが、「本人所得が必須」になったことでしょう。
申し込み者が働いて収入を得ていないと借りられませんので、専業主婦や無職の人はアコムからお金を借りることができなくなりました。

アコムの収入証明書の提出条件と提出書類

アコムに申込む上で必要な書類は原則として本人確認書類のみですが、申し込み金額によっては収入証明書も提出しなければいけません。

アコムの収入証明書提出条件は下記の2ついずれかに該当する場合です。

    • アコムで限度額50万円を超える
    • アコムと他社借入額(貸金業者)を合算して合計額100万円を超える

たとえば、アコムの限度額が30万円でも、既に他社から80万円の借り入れをしている場合は収入証明書を提出しなければいけません。

収入証明書として有効な書類は下記の4つです。

    • 源泉徴収票
    • 給与明細書
    • 税額決定通知書
    • 確定申告書

収入がいくらぐらいあるかは審査で重要となる項目です。
たとえ総量規制内の少額借り入れの申し込みだとしても、審査通過に自信がない場合は、収入証明書を提出し自分には安定収入があることを積極的にアピールするのも一つの方法です。

アコムで借りる前に総量規制のポイントと注意点を理解しておこう

アコムでお金を借りる前に総量規制についてきちんと理解しておくため、ここでは総量規制についてより詳しく解説していきたいと思います。

総量規制とは?

総量規制は個人が貸金業者から借りられるお金の上限を制限する規制です。
具体的には個人の年収の3分の1までに制限するというものです。

年収300万円なら最大100万円まで、年収600万円なら最大200万円までしから借りられません。

総量規制で制限されるのは、貸金業者1社からではなく対象となる全ての借入額の合計です。
たとえば年収300万円の人が、A社から70万円の借り入れをしていて、B社から新規で借りようとする場合、30万円までしか借りることができません。

総量規制は利用者の安全を守るための制限

総量規制は個人がお金を借りすぎるのを防ぐために導入されました。

返せないくらいお金を借りてしまう人を、お金にだらしないと浪費癖があるといったイメージを持たれる人も多いかもしれません。
しかし、中には予定通りに資金確保できず借金返済のためにまた新たに別のところから借金し多重債務に陥ってしまったというケースは少なくないです。

多重債務に一度陥ってしまうとその悪循環からなかなか抜け出せなくなってしまいます。
どんどんと負債を抱えてしまう原因は、収入に見合わない借金をしてしまうことにありますが、それが分かっていても必要だから借りてしまうという人は多いです。

ダメとは分かっていても借りられるから借りてしまうもの。
総量規制はこうしたケースを未然に防ぐため、年収の範囲内で借り入れできるよう限度額を決める仕組みなのです。

総量規制に違反するとペナルティはあるの?

総量規制をオーバーして借りてしまったとしても、お金を借りる側にペナルティは特にありません。
返済の一括請求を求められたり、信用情報に傷が付くなどの噂がありますが決してそのようなことはありませんので安心してください。

ペナルティがあるのは総量規制をオーバーして貸し付けてしまった貸金業者の方です。
この場合、営業停止などのペナルティを受けることになります。

アコムのおまとめローンとビジネスローンは総量規制対象外

アコムではおまとめローンとビジネスローンの取扱もしており、いずれも総量規制対象外です。
年収3分の1以上の借り入れも可能ですが、利用するメリットはあるのでしょうか?

アコムのおまとめローンはデメリットが多いので要注意!

結論から言えばアコムのおまとめローンはおすすめできません。
その理由は金利が高いからです。

アコムのおまとめローンの金利は7.7%~18.0%ですが、実際に適用されるのは上限金利である18.0%になるのがほとんどです。
借入金額が100万円を超えると強制的に金利は15.0%まで下げられますが、金利が低いとは言えません。

金利が高ければ利息が増えるリスクが高くなります。

またアコムのおまとめローンは、追加で借り入れできないこともネックと言えます。
通常のカードローンは借り入れと返済を繰り返しできますが、おまとめローンは追加の借り入れができません。

つまりアコムのおまとめローンは返済専用ということになります。

最近ではおまとめローンでも追加の借り入れできるものもあります。
そんな中、アコムのおまとめローンは追加の借り入れができないため、不便に感じる人もいるでしょう。

アコムのおまとめローンは総量規制対象外ですから、年収3分の1以上の借り入れも可能です。

しかし、借り入れ限度額は最高300万円とおまとめローンとしては少額です。
もし300万円以上のおまとめを考えているのであれば、アコムのおまとめローンはおすすめできません。

アコムでおまとめする前に銀行を検討するのがおすすめ

銀行カードローンなら、金利が15.0%以下と低く設定されているところが多いです。
また限度額も500万円~800万円までと高額な借り入れにも対応可能なカードローンが多いですし、追加の借り入れOKなところもあります。

アコムよりもかなり条件の良いカードローンが銀行にはありますので、おまとめを考えたらまずは銀行カードローンを検討するのが良いでしょう。

アコムビジネスローンのメリット・デメリット

個人事業主がアコムから借りる方法は「カードローン」と「ビジネスローン」の2種類あります。
個人事業主はどちらで借りればよいのか迷うところですね。

そこでアコムのカードローンとビジネスローンの違いを下記の表にまとめてみました。

カードローン ビジネスローン
限度額 最高800万円 最高300万円
金利 3.0%~18.0% 12.0%~
総量規制 対象 対象外
申し込み方法 ・インターネット
・電話
・店頭窓口
・自動契約機
・郵送
・電話
・店頭窓口
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書(限度額50万円超え)
・本人確認書類
・収入証明書
・確定申告書
・白・青色申告決算書
融資対象者 安定収入と返済能力を有する方 業歴1年以上の個人事業主

借り入れ目的によって、どちらのカードローンを選ぶか決めると良いでしょう。

事業資金の借り入れを目的としているのであればビジネスローンを、生活費などの借り入れが目的であればカードローンが良いでしょう。

アコムのビジネスローンのメリットデメリットは下記のとおりです。

    • メリット:総量規制対象外だから借り入れ限度額が年収に縛られない
    • デメリット:審査基準がやや厳しくなる

ビジネスローンなら総量規制の対象となりませんので、年収3分の1以上の借り入れも可能です。
ただし、アコムのビジネスローンは最高でも300万円までと他のビジネスローンに比べ少額です。
年収が低く事業資金の借入額も300万円以下で収まるのであれば良いですが、そうでない場合はアコムのビジネスローンでは物足りないでしょう。

アコムのカードローンは審査通過率が非常に高く、約2人に1人が審査通過に成功しています。

しかし、ビジネスローンは審査が厳しくなる上に提出書類も多くなります。
純粋に生活費の足し程度の目的でお金を借りるのであれば、通常のカードローンで問題ないでしょう。

おすすめの総量規制対象外カードローン

銀行のカードローンは総量規制対象外となりますが、どこで借りれば良いのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは総量規制対象外のおすすめのカードローンをご紹介します。

新生銀行カードローンレイク

申し込み条件 ・20歳以上70歳以下
・原則安定した収入があること
専業主婦、学生の借り入れ
金利 4.5%~18.0%
借り入れ限度額 最高500万円
審査時間 即日
即日融資
申し込み方法 パソコン・スマホ、携帯電話、自動契約機、電話、郵送
借り入れ方法 口座振込み、ATM
返済方法 ネットバンキング、ATM、自動引き落とし、銀行振り込み

レイクは新生銀行が運営提供するカードローンです。
以前までレイクは消費者金融でしたが、商標・店舗・人員をそのまま新生銀行に譲渡し、銀行カードローンになりました。

銀行カードローンですが、安定した収入があればパート・アルバイトでも問題なく審査通過が可能です。

新生銀行カードローンレイク最大の特徴といえるのが「2つの無利息期間サービス」

レイク以外でも無利息期間のサービスを提供しているところはありますが、2つ以上の選択肢があるのは恐らくレイクだけではないでしょうか?

レイクの選べる2つの無利息期間は「30日間無利息」と「180日間5万円分無利息」があります。

例)借入金額50万円、金利18.0%、支払い回数64回

上記の条件で30日間無利息を適用した場合、無利息期間無しで借りた場合に比べ役1万8916円も利息が浮くことになります。

レイクの無利息プランはどちらを選べばよいのか分からないという人も多いですが、借入額と借入期間によって変わってきます。

レイクの公式ホームページにて返済シミュレーションサービスがあります。
これにより無利息期間を適用した際のシミュレーションができますので、是非試してみてください。

レイクの無利息期間サービスはいずれも初回のみとなります。

レイクのカードローンは、申し込み後すぐに審査結果がわかる

通常のカードローンでは、申し込みから審査結果が出るまで早くても30分以上かかりますが、レイクなら申し込んですぐに審査結果を知ることができます。

ここでの審査結果はあくまでも仮審査の結果となり、その後の本審査を通過しないとレイクで借りることはできません。
しかしよほどのことがない限り本審査で落ちるようなことはありませんので、仮審査を通れば本審査を通過できる可能性は高いと思って良いでしょう。

更に審査だけでなくその後の手続きもスピーディーに進めることができます。
レイクの自動契約機にて申し込み、契約、カード発行する場合、最短50分でお金を借りることも可能です。

これは恐らくカードローン業界トップクラスの融資スピードでしょう。
大手消費者金融ですら1時間以上かかりますので、いかにレイクの融資スピードが早いのかが分かりますね。

あらかじめインターネットで申し込んでおき、その後に自動契約機でカード受け取りという方法でも即日融資が可能ですし、インターネットで全ての手続きを完結させることも可能です。
ネット完結の場合、カードは後日郵送となりますが、カードが届く前でも口座振込みにて融資してもらうこともできます。
来店しなくても即日融資できるのは忙しい人にとってありがたいですね。

レイクで即日融資する方法

レイクで即日融資する方法は2とおりあります。

    • ネット申し込み⇒口座振込み
    • ネット申し込み⇒自動契約機でカード受け取り

「ネット申し込み⇒口座振込み」の方法で即日融資する方法

口座振込みで即日融資するための条件は下記のとおりです。

    • 平日14時までに契約完了
    • 平日14時45分までに振込み依頼

口座振込みでその日のうちに入金されるためには、銀行の営業時間内に振込みを終えなければいけません。

そのためには14時までに契約完了し、14時45分までに振込み依頼をしなければいけません。

時間に余裕を持って手続きするためにも、遅くても12時までに申し込みを済ませるのがベストでしょう。

「ネット申し込み⇒自動契約機でカード受け取り」で即日融資する方法

カード発行による即日融資の条件は下記のとおりです。

    • 21時までに自動契約機でカード受け取り

自動契約機にて申し込みすることも可能ですが、あらかじめネットで申し込みしてから自動契約機で手続きする方が効率が良いです。
レイクのATMは22時まで営業していますが、はじめてレイクで借り入れする人は契約当日の21時以降はレイクATMでも借り入れができません。
そのため、遅くても21時までにカード受け取りを完了するようにできる限り早めに申し込みだけでも済ませておきましょう。

レイクは借り入れも返済も提携ATMで行うことができ、しかも利用時の手数料は無料

セブン銀行、ローソンATM、E-netと主要なコンビニで気軽に利用できるのも嬉しいところ。
消費者金融のカードローンだと利用手数料がかかるところも多いですから、無料で利用できるのはありがたいですね。

女性の中には男性スタッフに対応されることに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか?
新生銀行カードローンレイクなら、全ての手続きを女性スタッフが行なってくれる「レディースレイク」があります。
通常のレイクと違いはないですが、より安心して利用したいという女性はレディースレイクがおすすめです。

カードローンでお金を借りていることを家族には内緒にしておきたいという人も多いかと思います。
そんな人にも新生銀行カードローンレイクはおすすめです。

自動契約機で契約して書類とカードをその場で受け取りすれば自宅に郵送物が届かず内緒で借りられます。
もしくはWEB完結申し込みでカード発行無しで契約すれば、カードが郵送されず家族にばれる心配はありません。

レイクはこんな人におすすめのカードローン

    • 利息を節約したい
    • 安心できる銀行で借りたい
    • 低金利の銀行カードローンの審査に落ちてしまった
    • 年収3分の1以上の借り入れを希望している
    • 今日中にお金を借りたい
    • 内緒で借りたい

みずほ銀行カードローン

申し込み条件 ・満20歳以上66歳未満
・安定した収入がある人
・保証会社の保証を受けることができる人(※)
学生の借り入れ 不可
金利 年2.0%~14.0%
借り入れ限度額 最大ご利用限度額800万円
申し込み方法 インターネット、郵送、電話、窓口
借り入れ方法 ATM、ネットバンキング
返済方法 口座引き落とし

(※)みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方

みずほ銀行カードローンの1番のメリットとも言えるのが、低金利

みずほ銀行カードローンを利用する上で1番のメリットとも言えるのが、低金利であるということです。

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%~14.0%です。(※)

カードローンで適用される金利は、初回ですと大体は上限金利です。
消費者金融ですと18.0%が相場ですが、みずほ銀行カードローンなら上限金利は14.0%ですから、低金利を実感できるでしょう。

(※)住宅ローンの利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

自動融資サービスあり

みずほ銀行カードローンは口座引き落とし時に残高が不足していると、その分を自動で融資してくれるという「自動融資サービス」を提供しています。

公共料金やクレジットカードの支払い分をうっかり入金しておくのを忘れてしまったという際に非常に助かるサービスです。
特にクレジットカードやローンの支払いは延滞してしまうと信用情報に傷がついてしまう恐れがありますので、自動融資機能があれば安心ですね。

※みずほ銀行の普通預金口座が必要です。

みずほ銀行カードローンの限度額は最高800万円と業界最高水準を誇ります。
この金額まで融資対応しているカードローンは、住信SBIネット銀行とジャパンネット銀行のみとなり、この中でもみずほ銀行カードローンは低金利で借りることができます。
大銀行だから高額な借り入れも安心という点もみずほ銀行ならではです。

みずほ銀行カードローンはこんな人におすすめ

    • 低金利でお金を借りたい
    • 高額な借り入れを希望している
    • みずほ銀行をメインバンクとして利用している

楽天銀行スーパーローン

申し込み条件 ・満20歳以上62歳以下
・毎月安定した定期収入がある
専業主婦、学生の借り入れ
金利 1.9%~14.5%
借り入れ限度額 最高800万円
審査時間 当日~2営業日
即日融資
申し込み方法 インターネット
借り入れ方法 提携ATM、振込み
返済方法 自動振替、提携ATM、インターネット

楽天銀行スーパーローンの特徴を一言で言えば、銀行カードローンと消費者金融の良さを両方取り入れたカードローンということです。

金利は上限14.5%と他の銀行カードローンと同じように低金利で総量規制対象外でありながら、消費者金融のように無利息キャッシングも実施しています。
低金利に加えて30日間の無利息キャッシングを利用できますので、利息負担を最小限に抑えることができます。

では楽天銀行スーパーローンのメリットについてより詳しく見ていきましょう。

低金利であること

楽天銀行スーパーローンの金利はメガバンクのカードローンと同水準です。
一般的な消費者金融の金利は上限が18.0%であることを考えると十分に低金利と言えます。

本人確認書類だけで申し込みできる手軽さ

申し込み金額300万円以下なら収入証明書の提出は原則不要。
運転免許証など本人確認できる書類のみでOKですので、書類準備の手間を省くことができます。
提出書類位が多いとそれだけ申し込みするのをためらってしまうところですが、楽天銀行スーパーローンなら簡単な書類だけで良いので、スムーズに申し込めますね。

申し込み~借り入れ、更には返済まですべてスマホで完結

インターネット環境さえあればパソコンはもちろんスマホだけで申し込み~返済と全ての手続きを済ませられます。
借り入れは会員ページにログインし借り入れ申し込みすれば自分の銀行口座にお金が振り込まれます。
もちろん手数料は0円です。
しかも楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日いつでも振込みしてもらうことができます。

返済は口座引き落としですから、毎月自動的に返済されます。
返済の手続きをする必要が無いので楽です。

無利息キャッシングが利用できる

楽天銀行スーパーローンと同時に楽天銀行口座開設を申込めば30日間無利息キャッシングが適用されます。

期間内に完済できれば一切利息無しでお金を借りることもできます。

嬉しいことに無利息期間が開始になるのは「初回借り入れの翌日」からとなります。
一般的な無利息キャッシングは、契約日の翌日から開始されるのがほとんどです。

借り入れしなくても自動的に無利息期間が開始されてしまいますが、楽天銀行スーパーローンなら借り入れしない限り無利息期間は始まりませんので自分のペースで利用することができます。

楽天銀行スーパーローンはこんな人におすすめ

    • 低金利でお金を借りたい
    • 短期間で完済予定がある
    • 給料日までのしのぎで借りたい
    • おまとめローンを組みたい
    • 楽天銀行の口座を持っている

 

まとめ アコムは総量規制対象のカードローン

アコム
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円

アコムは総量規制対象のカードローンです。
借り入れ限度額は年収による縛りを受けてしまいますが、借り過ぎを防止でき安心して利用できるというメリットがあります。

ただ、高額な借り入れを希望する人にはアコムのカードローンは向いていません。
年収3分の1以上の借り入れをしたいのであれば、今回紹介した総量規制対象外のカードローンを参考に借り入れ先を決めると良いでしょう。

ABOUT ME
監修:山内 貴文
株式会社山内FP事務所代表。北海道大学経済学部卒。日本FP協会上級資格・FPSB国際認定資格、1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格) 金融、貯蓄、ローンなど人生のお金に関わる相談になんでも乗ります。