SMBCモビット

学生もSMBCモビットで借り入れ可能! 親バレの原因や在籍確認の有無を解説

「学生がカードローンを利用…」と聞くと、「学生なのに…なぜ?」などと昔は思われたものです。

しかし、これだけカードローンが普及している昨今では、学生の方がカードローンを利用することも、そう珍しくはありません。

学生でも、以下のようなシーンではお金が必要になる事も多いようです。

・学費は親に出してもらっているが、急にサークル遠征費用や部費などが必要
・コンパや飲み会に誘われて、断りきれない
・友達同士の卒業旅行費用
・自動車免許の取得費用

たしかに、学生の場合は学費を親に負担してもらっているケースも多く、1人暮らしをしていた場合などは、そこに家賃負担も重なってきます。

そんな時に本当に頼りになるのが、カードローンです。今回はCMでも有名な「モビット」を例に、学生がカードローンを借りる時の注意点などについて、詳しく解説していきたいと思います。

学生でもSMBCモビットで借りられる

最初に学生の方が不安に思う点、それは「学生でもカードローンは借りられるのか?」という点です。もちろん学生でもカードローンの利用は可能です。モビットの申込み条件から見ていきましょう。

学生でも借りられる人の条件

モビットを利用できる人の条件は、以下の通りです。

  • 20歳以上、69歳までの方
  • 安定した収入がある方(アルバイト・パート・派遣社員・自営業でも可能)

上記を見てみると、どこにも「学生は不可」などという文言はありません。

つまり、20歳以上の学生でも、安定した収入があれば、申込みは可能なのです。

しかし。学生の場合は授業もありますから、そうそうフルタイムでアルバイトをする訳にもいきません。そんな場合は、収入が少ないので、モビットへの申込みは出来ないのでしょうか?

答えは「申込み可能」です。

モビットが求めているのは、収入が多い・少ない、という事ではありません。毎月決まった給料日に、ある程度決まった金額がお給料として入ってくるか?という点を重視します。

学生はいくらまで借りられるか

モビットのホームページを見てみると、借り入れ限度額は1万円~800万円となっています。では、学生の場合でも限度額いっぱいの800万円まで借り入れができるのか?というと、常識的に考えて、それは無理でしょう。

借り入れ限度額について考えるとき、常に覚えておく必要があるのが、総量規制の問題です。総量規制とは、貸金業法という法律で決められたルールのことで、消費者金融カードローンで適用される法律です。一言で言うと、「年収の1/3以上を超えての借り入れが出来ない」というルールになります。

この年収の1/3まで、という金額についてですが、消費者金融から借りている残高全てを合計する必要があります。例えば、3社から各々20万円ずつ借り入れをしている場合は、合計60万円という事になります。逆算すると、必要とされる年収は、その「3倍」ですから、180万円の年収がある必要があります。

したがって、学生の場合でも、基本的には年収の1/3までが借り入れ金額の限界、という事になります。

例えば毎月のアルバイト給与が5万円の場合、年収が60万円ですから、モビットで借り入れできるのは、最大20万円まで、ということになります(他社借り入れがない場合)

ただ、現実的には、どんなカードローンでも、最初の契約時からいきなり年収の1/3まで借りられる、という訳にはいきません。

おおよそ、年収の10%~15%程度といったところが普通でしょう。

他社借入であってもSMBCモビットで借りられる(※)

モビット以外の消費者金融カードローンで借り入れがあっても、総量規制の範囲内であれば、借り入れが可能、という点は、先ほど説明しました。

では「他社借り入れ」と一概に言っても、自動車ローンやクレジットカードのショッピング利用残高がある、などという場合はどうなるのでしょうか?

実は、総量規制には「除外」または「例外」となるローンがいくつかあるのです。主な例としては「住宅ローン」「マイカーローン」「クレジットのショッピング利用」などです。
したがって、消費者金融での借り入れと、マイカーローンなどを利用している場合、総量規制の対象となる借り入れには、マイカーローンの借り入れ残高は入れなくてもよい、という事になります。

また、他社で借り入れをしていて、モビットで新たにカードローンを申し込む場合は、「絶対に虚偽の申告をしない」という点を守るようにしましょう。(※)

例えばモビット以外の消費者金融カードローンの利用件数が4件、そして借り入れが合計で100万円あるとします。しかし、モビットの申込み時に、審査落ちを心配するがあまり、他社借り入れ3件・借り入れ総額80万円…などと過少申告しても、必ずバレてしまいます。

これは、他社での借り入れについては、全て信用情報機関へ登録されており。モビットの審査時にはこれら信用情報機関の照会が行われるからです。

この信用情報機関についての解説は、後で触れたいと思います。

ここまでの説明で、学生でも安定した収入があればモビットの利用が可能。さらに他社借り入れがあっても年収の1/3以内なら、モビットで新たな借り入れは可能、という事がわかりました。

※SMBCモビットでは他社利用中の方でも審査可能ですが、申込者の状況によって利用できない場合もあります。

お借入れ診断を利用してみよう

モビットのホームページには、「お借入れ診断」というコーナーがあります。年齢と年収、そして他社借り入れ金額を入力すると、おおよその審査結果がわかります。

もし画面上に「お借入診断のご利用ありがとうございます。申し訳ございませんが、ご入力いただいた情報では判断できませんでした。」と出てしまうと、実際の審査ではほぼ通らない、と思ってください。

恐らく年齢が20歳未満であるか、その時点で他社借り入れ金額が年収の1/3を超えている可能性が高いです。

SMBCモビットでのキャッシング 親にバレる2つの場面

学生がモビットを申し込むうえで、不安な点。それは親バレしないか?という事でしょう。

学生の場合は、学費などを親に負担してもらってるケースも多く、これ以上お金の心配などかけたくない、というのが現状です。

では、親バレしないでモビットを利用する方法について、詳しくご紹介したいと思います。

モビットの利用が親バレするのは、主に以下の2点です。

自宅への電話でバレる

一つ目は、モビットからの電話です。カードローンの申込みの際には、本人確認などの為に、電話がかかってくるケースがあります。したがって、申込みの際の本人連絡先に、自宅の固定電話を入力していると、そこへ電話がかかってくる可能性があります。もし電話がかかってきたとしても、個人名で電話をしてくれるので、すぐにバレる事はありませんが、親が電話に出たりすると追求される可能性は高くなります。

郵送物でバレる

二つ目は、郵送物でバレるケースです。カードローンを申し込んだ際には、申込書や明細書、そしてローン用のカードが自宅に郵送されてくるケースがあります。この場合も、一目見ただけではカードローンの利用とはわからないような封筒で送ってきてくれますが、もし開封された場合には一目でバレてしまいます。

保証人は不要

次の不安な点、それはモビットの申込みに保証人は必要か?という点です。親バレしないか?という点も不安ですが、それよりやっかいなのが、保証人の必要性です。

その点も、モビットなら安心です。保証人は不要ですし、もちろん担保も不要です。誰にも迷惑をかけずに、利用をする事が可能です。

バイト先への在籍確認に注意 その内容をチェックしよう

学生がモビットを利用するうえで、覚えておくポイントがもうひとつあります。それは「アルバイト先への在籍確認」です。

バイト先へ在籍確認の内容

カードローンの申込みの際には、必ず在籍確認が行われます。

モビットの場合も例外ではありません。

学生の場合は自分名義の健康保険証などを持てる可能性は低い為、一般的なカード申込みにて手続きを行うことになります。

この申し込み方法の場合、モビットの借り入れ限度額が50万円までなら、運転免許証などの本人確認書類しか提出しない為、アルバイト先で本当に仕事をしているのか?という確認をとる必要が出てきます。

したがって、モビットの審査担当者は、申込者が申告したアルバイト先へ電話をかけて、本当にその職場で仕事をしているか?確認する事になります。

しかし、電話をかけてくるといっても、モビットの名前は一切出しません。個人名で電話をかけてくれます。さらに、電話の用件も一切言わないルールになっていますので、基本的には職場の方にはバレる心配はありません。そこに勤務している事さえわかれば、在籍確認の電話は完了します。

バイト先への電話連絡をなしにできるか

いくら個人名で電話をしてくれるからといっても、普段あまり自分宛の電話がない、という仕事場に、突然電話がかかってくると気まずいものです。

なんとか、在籍確認の電話をなしにして欲しいところではありますが、残念ながらモビットの一般的な申込みの場合には、電話での在籍確認は必要になってきます。

どうしても、不安な場合は、事前にバイト先の人に、ひとこと言っておきましょう。なにもモビットの事を言う必要はありません。

クレジットカードの申込みをしていて、確認の電話が入るとか、中古車をローンで買うので、在籍確認が入るかも、などと言っておけばバイト先の人も協力してくれるでしょう。

「アルバイト先でも在籍確認はあるんやな!

でもそこまできたらモビットの契約完了もあと一息やで!

働いていることさえ確認できたらオッケーやから、あともう少し!」

学生の内に消費者金融を利用すると問題があるか

最後の確認しておきたいポイント、それは将来への影響です。モビットの利用が、前途有望な学生の将来に影響があるとしたら、問題です。

でも、安心してください。モビットを利用したとしても、基本的には将来への悪影響はありません。

就職活動などへの影響なし

まず気になるのが、就職活動への影響です。

モビットを利用しているという事は、一般の企業が調べることはできません。

さらに本人の承諾なしで、そのような調査をする事もできません。したがって、将来就職を希望する企業に、モビットを利用している事を知られる事はありませんので、安心してください。

信用情報機関に登録される

ただし、モビットを申し込んだこと、さらに利用した事実は、信用情報機関へ登録されます。信用情報機関とは、消費者金融各社や銀行が登録している、金融関係の個人データを蓄積している機関です。

消費者金融への申込み実績や、借り入れた金額、返した金額などが全て履歴として残ります。

申込み実績は申込みした日から6ヶ月、利用実績については利用している間はもちろん、完済した後も5年間は残ります。

正常な利用をしている事はもちろん、延滞したりした事実も残ってしまいます。

将来自分が就職したい企業が、それらを調査する事はないかもしれませんが、それら負の履歴が残らないように、モビットの利用は計画的に行いましょう。

学生がSMBCモビットで借りる際に必要なものは

モビットでは本人確認書類の提出が必須です。また全ての借り入れ条件において、審査の結果で収入証明書の提出を求められるケースはあります。

運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写しを用意しましょう。

まとめ 学生がSMBCモビットでキャッシングするには

SMBCモビット
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円

今回は、学生がモビットの申込みをするうえで、注意すべきポイントについて詳しく解説しました。今回ご紹介したポイントについて、おさらいしておきましょう。

・モビットで親バレしない為には、電話番号の登録方法に注意
・モビットの審査時には、アルバイト先への在籍確認は必ずある(WEB完結の申込み以外の場合)
・学生がモビットを利用しても、基本的には将来への影響はなし。

以上、学生でもきちんとポイントをおさえておけば、モビットを利用できる事がよくわかり
ました。必要な金額のみを計画的に借りて、計画的に返済するようにしましょう。人生に一
度しかない学生生活です。いざという時の為に、モビットカードを1枚持っておくだけで
も、頼りになるカードです。