アコム

アコムは土日でも即日融資可能! 成功させるためのテクニックとは

休日にお金が急に必要になることってありますよね。

そんなときに心強いのが消費者金融の「アコム」です。

アコムを利用すると土曜日、日曜日、祝日でも即日融資を成功させることができるんです。

今回は、そんなアコムの土日融資を成功させるためのテクニックを伝授します。

アコムの土日の審査をスムーズに行うために知っておくべきこと

アコムで土日に審査申し込みをする場合、申込み方法ごとの受付時間をしておく必要があります。

申込みの方法によっては土日に対応していない場合があるんですね。

それぞれの対応時間は以下のとおり。

ネット申込み 24時間・365日

店頭窓口 9:30~18:00/土・日・祝日休業
(一部19:00まで営業時間を延長している店頭もあり)

むじんくん(自動契約機) 8:00~22:00/年中無休(一部店舗は営業時間が異なる)

上記のように店頭窓口は土日祝は休業日ですので審査を受け付けていません。

そのため、土日に審査をしてもらおうと思ったら、
「ネット申込み」か「むじんくん」の2択になります。

アコムの審査時間はどれくらいか?

アコムの審査時間は最短30分となっています。

これは、平日であっても休日であっても基本的に変わりはありません。

ただし、審査回答時間が9:00~21:00となっている点に注意です。

回答時間外になってしまうとその日ではなく、翌日以降になってしまうんですね。

例えば、土曜日の22:00にネットから審査申込をしたとすると、
翌日の日曜日以降になってしまうということです。

ですから、即日に審査に通過し、融資を受けたい場合、
9:00~21:00の間に申込む必要があります。

「インターネットVSむじんくん」土日ならどっちが最適か?

先ほどもお伝えしたように土日審査に対応しているのは、
インターネット申し込みと無人契約機の「むじんくん」のみになります。

この2つのどちらがおすすめか?についてですが
答えは「両方組み合わせる」になります。

どうゆうことかというと、まずネットから申込んでおき、
審査に通ったあと、むじんくんにいけば最短で融資が可能なんですね。

また、むじんくんの前で面倒な入力を省けるというメリットもあります。
詳しくは後述していますのでそちらを読んでくださいね。

審査に必要な書類は?

審査に必要となる書類は「本人確認書類」「収入証明書類」の2点。

本人確認書類とは、免許証や健康保険証などのあなたの身分を確認できるものです。

なお、本人確認書類の住所が申し込み住所と異なる場合、
以下のいずれかの書類も必要になります。

  • 公共料金の「領収書」
  • 社会保険料の「領収書」
  • 国税、地方税の「領収書」
  • 「納税証明書」

収入証明書類とは源泉微収票等の収入を証明できる書類のことです。

アコムでは借入額が50万円未満の場合、収入証明書類は不要です。

しかし、50万円を超える場合は必要になりますので、
50万円を超える借入れをする場合は必ず用意しておきましょう。

収入証明として有効な書類は以下になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1ヵ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

土日の場合、本人確認や在籍確認はどうなるのか?
まず本人確認に関しては、携帯電話にされるので土日であっても問題はありません。

問題は在籍確認です。

多くの方が土日は休みだと思いますので、「在籍確認ができないのでは?」
という不安があることでしょう。

ですが安心してください。

在籍確認は必ずしも本人が出る必要はありません。

ようは申込み時に記載した会社に、あなたが在籍していることが分ればいいため、
他人が電話に出ても構わないのです。

例えば、アコムからの電話を会社の同僚が出て、
「○○(あなた)は本日はお休みです」と回答しても、在籍確認されたことになるんですね。

「それだと、他人にキャッシングしていることがバレるのでは?」
という不安がある方も多いかと思います。

在籍確認の電話はアコムからと決して名乗らず、担当者の個人名でなされます。

そのため、アコムからとはまず分りませんので、
キャッシングの利用を他人にしられてしまう可能性はほぼありません。

それでも他人に電話をとられるのが心配!という場合は

担当者に相談して「書類での在籍確認」にしてもらうのがおすすめです。

アコムでは在籍確認の方法を書類提出という形に変更できます。

これは土日であっても変わりありません。

書類での在籍確認に変更したい場合、申込み時の備考欄に記載するか、
本人確認の電話で担当者にそのことを伝えます。

「休日中の会社への在籍確認は不安がある」
「今すぐ借りたいけど、会社は休みだから在籍確認ができない」

などの理由を話し、書類での在籍確認にしてほしいと担当者に相談してみましょう。

担当者の判断次第になりますが、書類での在籍確認に変更してもらえる可能性があります。

アコムの場合、書類での在籍確認には以下の2つを提出することになります。

社会保険証
免許証

土日に即時融資を受けるためのテクニックを徹底解説!

まず、審査に申込む前に「3秒診断」をしておくのがおすすめです。

3秒診断とはアコムのHPにある簡易審査のことです。

  • 年齢
  • 性別・独身既婚
  • 他社の借入状況(件数・金額)

を入力するだけで、借り入れできるのか診断できます。

簡易審査ですのであくまで参考程度ですが、いちおうの目安になるので、
事前におこなっておきましょう。

3秒診断で借入れ可能と判断されたら、次はいよいよ審査に申込みます。

ステップは以下のとおり

  1. 必要書類を用意する
  2. アコムのHPから審査に申込む
  3. 本人確認と在籍確認をする
  4. 審査の結果を聞く
  5. むじんくんにいって必要書類を提出
  6. カードを受け取る
  7. むじんくんに隣接しているATMで借入れする

審査に申込むまえに、本人確認書類と収入証明書類(借入額50万円を超える場合)の
必要書類を用意しておきます。

書類がそろったらアコムのHPから審査に申込めばOK。

アコムの審査回答時間は9:00~21:00になりますので、
それまでに申し込んでおきましょう。

次に本人確認と在籍確認をすることになります。

その後、電話で審査結果が通知されますので無事に通ったら、
担当者に「契約方法をむじんくんにする」と伝えます。

そうしたら最寄のむじんくんに必要書類をもって21:00までに行きましょう。
むじんくんの営業時間は8:00~22:00までですので、
最低でも21:00までには到着しておくのがおすすめです。

むじんくについたら「事前申込みのあるお客様」を選択し、
あとは画面の指示通りに進んで書類をスキャンします。

その後、むじんくんにオペレーターから連絡がきて、
氏名や住所、電話番号、勤務先の社名など申込んだ基本情報を確認されます。

あとはカードの発行作業になりますので、画面の支持に従っていけばOK。

カードが発行されたら、隣接しているATMですぐに借入れできます。

アコムで土日に申込み~借入れする時間軸の例

9:00 アコムの公式HPから申込みをする
10:30 本人確認~審査の終了
11:00 最寄のむじんくんに到着
11:30 カードを受け取って借入れする

このように朝一で申込んでおけば、最短で午前中(3時間以内)に借入れすることも可能です。

また、時間に余裕が生まれますので、万が一審査に時間がかかったとしても、
その日のうちに借入れできる可能性が上がるため、おすすめです。

土日キャッシングで抑えておきたい!アコムのインターネット振込のウラ技

アコムでインターネット借入れする手順はとってもかんたんです。

会員ページにログインしたあと、「振込によるお借入のお申し込み」を選択し、
借入れ希望額を入力するだけです。

インターネット借入れのメリットは、24時間受け付けていて手数料無料なことです。

コンビニなどの提携ATMですと、各銀行によって営業時間が違うだけでなく、
手数料をとられてしまいます。

インターネット借入れであれば、時間に関係なく、
手数料無料で借入れを受け付けてくれるんですね。

一方、デメリットは金融機関によってはすぐに振り込まれない場合があることです。

銀行・信用金庫では14:30以降、ゆうちょ銀行では14:00以降は翌日になります。

また両方とも土日祝は時間帯に関係なく、休日明けの振込となってしまいます。

こうした問題を解決して、インターネット振込みを土日におこなえるのが「楽天銀行」です。

楽天銀行の口座があれば、時間帯・曜日に関係なく、最短1分で借入れが可能です。

そのため、土日祝の深夜であったとしても、すぐに借り入れすることができます。
これは利用者としては見逃せない点ですね。

土日に返済しなきゃならない!そんな時に知っておくべきこと

まず、土日にアコムに返済をする方法としては以下の3つがあります。

・インターネット返済
・アコムのATM
・提携ATM

インターネット返済について

インターネット返済は「Pay-easy(ペイジー)」を利用し、
あなたの口座からアコムに返済する方法です。

ペイジーとは、金融機関の各種支払いをネット上で支払えるネットワークサービスです。
銀行のインターネットと思っておけばいいでしょう。

この方法であれば24時間いつでもすぐに返済できます。

しかも手数料も無料です。

アコムのATMでの返済について
アコムのATMでも返済が可能です。
メンテナンス時間である毎週月曜日1:00~5:00の間以外は、
24時間365日いつでも利用できます。

こちらも手数料無料になります。

提携ATMでの返済について

提携ATMとはコンビニなどに設置されているATMになります。

こうした提携ATMでも返済は可能ですが注意点があります。

それは土日に限らず手数料をとられてしまう点です。

取引額1万円以下:108円
取引額1万円超:216円

提携ATMではこのような手数料がかかってしまうんですね。

また、各金融機関の営業時間にも注意が必要です。

金融機関によって利用できる時間帯が微妙に違いますので、
事前にチェックしておく必要があります。

補足として、「口座振替(自動引き落とし)」もあることも知っておくとよいでしょう。

あらかじめ口座を登録しておくと、その口座から毎月6日に自動で引き落としてくれます。
(土・日・祝日、年末年始に当たる場合は、アコムの翌営業日になります)

口座振替に切り替えるためには手続きが必要です。

コールセンターに電話をして、口座振替の用紙を送ってもらいましょう。
用紙に必要事項を記入し、返送すれば手続きは完了です。

注意点としては、手続きが有効になるのは2~3ヶ月かかることです。
それまでは通常の返済方法になるので、気をつけてておく必要があります。

アコムの土日利用に関するまとめ

アコムで土日に即日融資してもらおうと思ったら、まずネットで申込んで、その後、むじんくんでカードを受けとって借入れするという方法がおすすめです。

こうしておけば無人機の前でめんどうな記入作業をしたり、審査結果を待たなくてもよくなります。

自宅でゆったりと申込みし、審査結果が分ってからむじんくんに出向き、カードを受けとって、借入れするということができるんですね。

ABOUT ME
監修:山内 貴文
株式会社山内FP事務所代表。北海道大学経済学部卒。日本FP協会上級資格・FPSB国際認定資格、1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格) 金融、貯蓄、ローンなど人生のお金に関わる相談になんでも乗ります。